Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
写真展「MemoriesⅡ」のおしらせ
d0140869_1840235.jpg

大夕張鉄道保存会主催、汽車フェスタ2011にて個展をします。
2年目になりますこの個展、大夕張鉄道の保存車両オハ1の中に展示してあり(昨年の様子はこちら)、
今年は昨年よりも倍以上の作品数を準備しているところです。
ブログを更新出来なかった分、非公開の写真のオンパレードでございます(笑)

当日はこの個展の他にも楽しいイベントや、地元の人々がもてなす屋台(安くて旨い!)もあり、
鉄道に興味の無い方も楽しめるフェスになってります。
1日だけの写真展ですが、是非いらしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。
以下、詳細です。

汽車フェスタ2011は経済産業省より近代化産業遺産として認定された南大夕張駅跡を会場として、
石炭輸送に活躍した三菱大夕張鉄道の保存車両を中心として市民と観光客等が交流して炭鉱で栄えた往時の賑わいを偲びます。


・開催日 9月4日(日曜日)10時~15時頃
・開催場所 夕張市南部大宮町 南大夕張駅跡
・内 容 
1)保存会グッズ頒布(本やDVD)
2)オハ1車内で写真展開催
3)シューパロ塾による「喫茶シューパロ」、地元有志による軽食屋台
4)保線モーターカー試乗
5)懐かしい三菱バスや旧車の展示
6) ミニコンサート(T.盛雄バンド、RINKA、幌南太鼓)


※ 汽車フェスタは4日開催ですが,3日夕刻から「前夜祭」として列車の灯火類点灯などを実施します。
9月3日 汽車フェスタ準備 及び前夜祭 10時~南大夕張駅跡地 18:30~ ライトアップ  ~19:30

地図はこちら


大夕張鉄道保存会のHPはこちらです。http://www.geocities.jp/ooyubari_rps/index.html
多くの皆さんの来場をお待ちしております。



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2011-08-27 18:58 | 写真展
<< 大夕張~追憶の汽笛~ 写真展 ... | ページトップ | おもてなしの心 >>