Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:空知 ( 32 ) タグの人気記事
Top▲ |
*SAKURA2010* ~万字 1~
空知方面、とくに夕張は山に囲まれた地形で朝夜の寒暖差が激しい分、桜の開花が他の土地よりも遅く
札幌の開花が終わった後くらいに見頃となります。昨日の23日で桜の撮影を全て終え、またいつものマッタリボンな生活へ。
数日通って撮った、万字と夕張の桜にしばらくお付き合い下さい。写真は全てフイルム写真です。


d0140869_18135320.jpg

撮影は、旧国鉄万字線の朝日駅から。



d0140869_1819596.jpg

かつてここに石炭や人を運ぶための鉄道があった頃の蒸気機関車や標識に、桜が優しく寄り添う季節です




d0140869_18315164.jpg

付近に旭沢という所があり、この方向から太陽が昇るので、それにちなんで“朝日”と名づけられました。
朝日というだけあって朝日が昇る時間も神々しいこの場所、2年前に本部長さんが撮られています。こちら



d0140869_1858091.jpg

次の旧駅は、美流渡(みると)駅跡地。万字線は駅跡に記念碑が立てられている。
この美流渡以外は、全ての駅舎(再利用中)が残ってるとか。
そして桜が一緒に植えられているのも、この土地で万字線(万字炭鉱)がどれほど大切なものだったかを感じれます。



d0140869_19221696.jpg






d0140869_19215191.jpg

万字~万字~~万字駅跡地到着。チャンプの故郷でございます。




d0140869_19241990.jpg

駅舎は郵便局になって再利用されている。周りには桜の木がいっぱいでした!





d0140869_1931079.jpg

あれからチャンプは怪我も完治し、私の家の猫になったよ。
かわいくて可愛すぎて手放せなくなってしまったんだ(笑)
チャンプがいなくなって皆寂しがっているみたいだけど、
もう心配はいらないから、おまいらも元気で暮らすんだよ。



d0140869_19273882.jpg

郵便局横の立派な桜、万字の中で一番色づき良く咲いたんだよとおばちゃんが言ってた。




d0140869_19302245.jpg



撮影:2010年5月17、18日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-05-24 19:46 | 万字
チャンプ救済プロジェクト!
d0140869_22503179.jpg

4月9日(金)、誕生日は自分の大好きな場所で春を眺めに行ってみっかな。
ということで、野を越え山を越えやってきましたここ!どこかニャー。




d0140869_2252339.jpg

ほんの少しですが、川辺にふきのとうが芽を出しはじめています




d0140869_2255567.jpg

札幌はもうほとんど雪も溶け、小樽も積雪0になってるんだけどね
でもまだまだこの場所は雪がタップリ残ってて・・そう、ここは豪雪地帯の空知、栗沢町万字。
好きだといいながら今年はまだ一回も来れてなかったんで、万字猫の様子を見にきたんです。



d0140869_2313363.jpg

いました。いつものメンバー(ブルー、クロ、チャンプ、マダラ、シロの5匹)は元気そう!今年も冬を越せて良かったね~
たまに餌を貰えているとはいえ、マイナス何十度にもなる集落の外で寝泊りしてるんだもの
この子達にとってここで冬を越すことは命がけ。。。
万字猫の過去記事はこちら


d0140869_0445138.jpg

中でもチャンプが一番人懐っこい。
元々チャンプは小さい頃に、心無い人間に見捨てられた可哀想な子。他の子達もそう。
面倒みてくれると思って置いていくらしいが、老人ばかりが住む限界集落地で誰が面倒みれるというの?
生活するのも大変な老人の方々に、動物の面倒を見ろと?
バスもない、車の運転も出来ぬ人達に、重い猫の餌を買いに行かせたい?
最低限の年金で暮らす人々から、これ以上出費するということがどれだけキツイことか。。
生まれたばかりの仔猫を置いてく人もいるという。ここら辺はキツネが多いので、
一晩で食べられてしまうのを知っててやってるのかな。そんなことする人は人間のクズだ。

1年前からチャンプは両耳脇に傷を負ってて、舐めることが出来ない位置なので
かさぶたになっては痒くなり引っかいて悪化するのを繰り返しててバイ菌も繁殖し、野良では完全に完治できない。
早めに亡くなってしまうかな・・今年の冬越せるかな・・と心配しつつも、昨年までどうにもできずにいた。
今年に入り、チャンプはまだ元気に暮らしていた。でも傷は変わらずに悪いままで・・それでも元気に過ごしていた。

万字に住む方々がチャンプを可哀想だ可哀想だと心配していたが、飼える環境もなく獣医さんも通えない。
ここは・・限界集落地。今はバスも通ってない。当たり前だがタクシーだって通らない。

万字の方々のチャンプへの想い、チャンプが生きたいという思い・・・・


d0140869_23462575.jpg

アタイが全て受け取った!!(゚∀゚)もう放っておけない!見てらんねぇ!w
私んちだってすでに2匹猫いて、はっきりいって余裕なんて全く無い。
昔は沢山飼ってたけどやっと減ってきて安心してたところで。。。
でもその分、服買わないとか贅沢しなければいいこと。
いつもは心の狭い私だが、誕生日を迎えて多少心が寛大なうちにやっとけって勢いで連れてきた(笑)
万字の近所のおばちゃんが、「思い立ったら吉日!ケース貸してあげるから!今持ってくるんで待ってて!」
とか言いながら、カブでブーンとゲージケースを届けてくれたりして。
いつも面倒見てくれてる郵便局のおばちゃんと近所のおばちゃんに、
かならずチャンプを元気にして戻すことを約束しました。
チャンプは札幌までの2時間、ずーっと鳴かずに大人しくしていたよ。


d0140869_23570100.jpg
連れてきた当日に病院直行したんだけど
その日に限って、先生の都合で17時閉まってて・・
私んちに連れてきたはいいが、
玄関のボイラーの壁の穴に入り込んで
出てこなくなって(;´Д`)
あんなところに穴が開いてたなんて!!
あれがもし縁の下に繋がってて外に出てしまったり
壁の中からずっと出てこないまま死んだらどうしようと
心配で寝れないわ、寝付けたと思ったら悪夢見るわ
目が覚めて又寝ても悪夢の続き見るわで
ほとんど寝れなかった・・

翌朝、どうしたらいいと母に電話などして気を紛らわす(笑
ん??猫たちがベットの下を覗き込んでるぞ??

「チ・・・チャンプー!!(゚゙Д´゚)」

どうやら私が悪夢にうなされてる内に出て来てたらしい。
良かったよ・・ほんとに良かった。全米が泣いた。



d0140869_0144142.jpg
さて10日(土)、さっそく午前中に病院へ。
検査したところ、耳ダニと回虫を持ってるとのこと。
耳の傷は相当ひどいので、獣医さんも険しい顔してた。
ダニのせいで悪化してるだけならいいけれど、
慢性化してて治っても又再発する可能性もあるし、
腫瘍になってたら手術せねばいけない可能性もあるとのこと。
まずはダニと回虫駆除の注射を打ち、
化膿止めの抗生物質の注射も打った。耳の中もきれいに掃除して。

あとはかさぶたが小さくなるまで様子を見るしかない。
完全に治るまでは何ヶ月もかかると思うけど、
気長に治していこうと思います。



d0140869_0235697.jpg
家に戻って。傷をかっちゃかないように首にカラーしてます。
これをしないと、薬だけあたえても絶対治せないのね。
野外でエリザベスカラーつけたら、事故起こして危険。
だからしばらくお家で療養。

うちの猫たちとも喧嘩せずに、なんとか過ごしてます。
最初はお互い警戒しあってたけど、
チャンプと同じ歳(5歳)くらいのメルクルは
鼻を付け合って挨拶も交わしてたから仲良くなれそう。
カッチーもメルクルも男好きだから、
メス猫じゃなければウエルカムらしい。
そんなガンガン女どもにチャンプは怯えてるけども・・
一日半が経ちましたが、チャンプの表情も穏やかになり
万字で見るような可愛い顔つきになってきた。





d0140869_0301360.jpg

やっと安心してくれたのかな。手足を伸ばしてくつろいでスヤスヤ寝ているよ。
ご飯も食べたり水も飲んで、もう猫トイレでするのも覚えた!賢い~☆
怪我も完治してないし、また何かの拍子に脱出してしまう心配もあるけど
何かあった時には心強いチャンプ救済プロジェクトメンバーH氏もいるので(*´艸`)



d0140869_035191.jpg

チャンプがまだ怪我してなかった時の、一番かわいい写真!(本部長さん撮影)
こんな元気になったら万字へ戻そうとは思ってます。でもやはり猫は人に飼われるのが一番幸せだから・・
もし里親になってくれる方がいるならば、声かけてください。
齧ったりかっちゃいたりしないし、必要以上に鳴いたりもしないし、本当に可愛いくてイイ子なんです。
元気になるまで責任もって治して、去勢もちゃんとして、里親さんへ届けたいと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-04-11 00:49 | 万字
あゝ 岩見沢の夜は更けて 2
d0140869_2333498.jpg

建物が息をしだす。夜のスナック街




d0140869_23442086.jpg

雪降るスナック街を見ると22才の別れを思い出しますね。




d0140869_0405914.jpg






d0140869_2352393.jpg






d0140869_23504837.jpg






d0140869_23502755.jpg






d0140869_0175322.jpg






d0140869_23534712.jpg

私が昭和時代の建築が好きなのは、今では作れないであろう手の込んだものが多いから。
大量生産とは違う、職人さんの手によって丹精に作られた・・。美しくて感心してしまいます。



d0140869_0202440.jpg






d0140869_029933.jpg





d0140869_23432063.jpg

一年半前は日中に撮ったけれど、ここら辺の景色も少しづつ変わってきてます。




d0140869_0142447.jpg

そろそろ帰ろう




d0140869_0222019.jpg

あゝ 岩見沢の夜は更けてく 


おわり。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 400


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-27 00:39 | 空知
あゝ 岩見沢の夜は更けて 1
d0140869_19523223.jpg

岩見沢駅バスターミナル前の一角に




d0140869_19552048.jpg

昭和の佇まいを残す駅前横町があります。




d0140869_1956568.jpg

中には昔ながらのお店が数店舗。楽しく談笑する声が聞こえてきてました。
2007年に4代目岩見沢駅舎が誕生し、グットデザイン賞を受賞するほどの近代的な建物に変わったけれど、
ここだけは変わらずに・・変わらずにいてほしいと思いました。



d0140869_19572088.jpg







d0140869_2035474.jpg

寒空の中歩いていると、遠くに見える店の灯りに引き寄せられ




d0140869_3152932.jpg

マッチ売りの少女のように、温かい店内を羨ましく見てたり




d0140869_20442097.jpg






d0140869_20433219.jpg

でも歩けば歩くほど、心は温まります。




d0140869_20495110.jpg

どこかで見たような、懐かしい風景がそこにあるから


撮影:2010/1/16 岩見沢
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 400


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-25 20:51 | 空知
かしわ専門店やきとり三船 ~空知組新年会~
d0140869_2314661.jpg

1月16日(土)大雪降る中、第2回空知組新年会がとり行われました。
空知組とは、空知の町をこよなく愛する者達の集い。
年齢性別関係なし、空知に住んでいた&住んでいる、空知に縁も所縁もないけどとにかく好きなんだ!
そういう人達が今回は6人集まりました。ちなみに空知組には、夕張をメインで活動(写真など)する夕張班をはじめ、
三笠班、美唄班、岩見沢班などがおります。個人的に活動してるだけでチームでもサークルでもありませんが(笑


d0140869_23152463.jpg
会場は昨年も利用した、やきとり三船。
この店は岩見沢駅から徒歩3分もかからない場所にあり、
岩見沢バスターミナル待合室の目の前。
岩見沢駅を出て右に行くと、
やけに昭和な飲み屋が入った建物があり、
その一角に三船はあります。

やきとり 三船 (みふね)
TEL 0126-24-1788
住所 北海道岩見沢市一条西7-1
営業時間 15:00~21:00
定休日 日曜・祝日 予約可
駐車場なし
(近くにコインパーキング有り
30分まで無料、それ以降1時間210円)





d0140869_23244099.jpg

第一回空知組新年会は3人だったのでテーブル席だったけど、今回は大人数なんで座敷取れました。
(第一回は小樽ではたらく本部長のブログを参照下さい。)
店の佇まいも店内も座敷もレトロで懐かしい!とってもいい雰囲気~~♪
地元の人にも愛されてる店なんで、予約しないと席が取れないことが多い。



d0140869_23294931.jpg
この時期だけ特別に出してくれるという
鳥から取ったダシと醤油で煮込んだ
とうふのお通し。熱々オイシー






d0140869_23332027.jpg

メインディッシュ(笑)のモツ串!三船での焼き鳥はモツと精肉しかない。味も塩のみ。
モツは人気なので予約しないと売り切れてしまう。今回はモツ120本、精を20本注文。
この空知のソウルフードなくしては空知組新年会は成立しないのです。


d0140869_2343971.jpg

絶品のモツ串。具が大きくボリューム満点で1本90円
石炭の都として栄えていた昭和30年代から受け継ぐ美唄焼き鳥は、沢山の炭鉱マンの胃を満たしてきたらしい。
捨てるのではなく一羽すべてを使い切るという発想で、正直精肉よりも旨い。
モツといってもキンカン、砂肝、ハツ、レバー、など様々なものが刺さってて飽きません。
その間に挟まる玉ねぎがこれまた絶妙にアクセント添えてて!ネギじゃいかんのです。


d0140869_044072.jpg

年季の入った焼き台。炭で焼かれた串は香ばしくて何本でもいけてしまう!
この火加減や手さばきも、きっと美味しさの秘訣なんだねー。
店内は気にならない程度にモクモクしてるので、こじゃれた服装じゃなく匂いついていい服装で来てね。


d0140869_092644.jpg

〆の蕎麦。1杯280円激安!なのに激ウマ!!
鶏モツをじっくり煮込んだ出汁は、どこの蕎麦屋にいってもない、ここでしか絶対味わえない味。
もうモツだけでお腹いっぱいなのに、これはツルツルいけちゃうんだよね・・
この蕎麦も売り切れるので、最初に〆に蕎麦を注文することお忘れなく。



d0140869_0153286.jpg
ふうー満腹大満足。
40本たいらげた人もいた!(((゚Д゚)))
私は頑張ったけど14本~

16時から21時まで約5時間、
空知や写真や色んな話が尽きることなく
宴会は蕎麦にて〆られました。
楽しかったです。というか美味しかったですw

これからもこの日食べたモツの量くらい
沢山沢山空知管内を愛していきたいと思います。
今年も空知組をよろしくお願いします!





d0140869_10685.jpg

二次会は岩見沢夜の街撮り。って、二人しか参加者いなかったけどw(他は皆電車なので)
ariariさんは1時間ほど撮影して帰られました。私は飲み屋街をカメラ2台持って3時間徘徊・・怪しい。
撮影が終わったのは深夜1時。自宅へ着いたのはAM2:30。
写真はフイルムカメラで撮ったので枚数はないし写ってるかは謎。現像出来たらUpします。
新年会に参加された本部長さん、ariariさん、ベチさん、さくらのパパ、
そして三船の存在を教えてくれて今回も予約など沢山お世話になった岩見沢市民ジョニーさん!
ありがとうございました。2011年新年会でまた集まりましょう~



行きも帰りも吹雪で数メートル先しか前見えずwwひたすらこの景色。疲れたワアー



camera:Nikon D40
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-18 00:42 | 空知
空知縦断の旅 vol.7 ~赤平-芦別~
d0140869_23264430.jpg

赤平の街を歩いてみます。
赤平でクラシックカーを展示するイベント毎年やってるんだけど、私昔っからクラシックカー好きじゃん(知らないって)
20年くらい前だったかな。それを見に来たのが赤平に初めて訪れた思い出かな。
それ以来だもなー赤平の街を歩いたのは・・その当時のウロ覚えの景色とあまり変わってない所もあって嬉しかった。


d0140869_23331910.jpg

良いパーツがいっぱいあります。昭和をこよなく愛するストリートフォトグラファーなら・・・



d0140869_23372640.jpg

建物がなくなった後で、ああ!あの時全景撮っておくべきだった・・・と、後悔しないように。
夕張の旧消防署が、つい最近解体されてしまったのを私は後悔しております。



d0140869_072176.jpg

赤平は火祭りもやってるらしい。このシャッターの絵が泣けます。




d0140869_23474328.jpg

かわいい床屋さん




d0140869_23472561.jpg






d0140869_23401100.jpg

赤平といえば塊炭飴石炭を模したニッキ飴。
赤平市が炭鉱で賑わっていた戦前から現在も変わらぬ味で作り続けられているらしい!戦前!!



d0140869_23493091.jpg

日本一と謳うお菓子屋さんがあった。これは文句なしに入るしかない(笑)
笑顔の優しいおじちゃんがいて、懐かしいお菓子いっぱいあるよと談笑してくれました。
建物は新しいけど看板が時代を感じたので、いつから営業されてるのか聞いたら、
3回立て直したのでまだ2年しか経ってない。と言う。看板は古いけど建物は新しい!といいうことだけを強調してて
結局開業年数を聞き出せなくて、なんだか楽しかったw
(この写真はデジカメFinePix F30)


d0140869_23574325.jpg

店には昔懐かしい動物ヨーチとか、そういうのを大袋で扱ってたよ。
直径4センチくらいの巨大な【ちゃいなマーブル】もあってウケタ。子供や老人には危険過ぎるよw
買ったお菓子で一番気に入ったのは、この【鮎ぼうろ】・・・鮎が何故ボウロにw直径5センチあるボーロ。
おじちゃん曰く「年寄りが食べる時小さいと口からボロボロこぼすんで、これくらいのサイズがいいのさー!」
とのこと。いやぁ~、それを楽しそうに喋るおじちゃんが可愛かったなぁ。
(この写真はデジカメNikon D40)


d0140869_092651.jpg

赤平を抜けて芦別へ向かう途中、レトロな商店が!




d0140869_0105295.jpg

あああ・・・・素晴らしい佇まい。ゆっくり買い物していきたいけれど、もう時間が限界。



d0140869_012545.jpg

まだ次のキャンプ場の予約にすら行けてない!のに、隣町の茂尻とか覗いてみたり。
ううう・・時間が足りません。。



d0140869_0151562.jpg

そして芦別到着!やっと今日初のごはんが食べれるよー!
芦別名物ガタタン(含多湯)戦後、満州から引き揚げてきた故、村井豊後之亮さんが開店した
中華料理店「幸楽」のメニューに載せたのがはじまりらしい。
具材はフキ、タケノコ、シイタケ、イカ、肉、卵、白菜など10種類以上で、とろみが聞いた塩味。
これが、めちゃくちゃ美味い!!八宝菜乗せたラーメンとはわけが違う。味も違う。ボリューム凄い。
かつて芦別が炭鉱で賑わっていた頃、寒い日や飲み会の締めくくりにこれを食べる炭鉱マンが多かったとか。

私が食べた店は、芦別の友達が美味しい店と教えてくれた。
中華料理 幸楽芦別市北6条西4丁目13番地 電話0124-22-9538
営業時間:11時~14時30分 16時~19時30分(定休日 月曜・水曜14時~)


d0140869_0295810.jpg

芦別にはガタタンを提供してる店がいっぱいあるよ。ここは店の佇まいがいいねー!!
元祖の「幸楽」は昭和50年に閉店したので、それをみんな受け継いでるそうです。
私は道の駅と友達がお勧めしてくれた幸楽の2箇所食べたけど・・断然幸楽うまい!


やっと朝・昼・晩兼用の食事を終わらせ、この日宿泊したのは夕張のキャンプ場。
ご飯食べ終えて18時を回っていたんで、夕張に到着したのは19時過ぎ・・そこはドシャ降りの夕張だった・・
しょうがないので、夕張のキャンプ場の駐車場で車内泊したのでした。

続きは来年ー!(笑)

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-31 00:37 | 空知
空知縦断の旅 vol.6 ~深川-赤平~
d0140869_2324565.jpg

深川の北一已(きたいちやん)駅から、深川を通って赤平へ向かいます。
深川の繁華街を外れると、その昔賑わっていたであろう通りがあり、
壱屋菓子店という昔ながらの店があったので寄ってみる。
店では落雁(らくがん)を主に作っているようで、奥からカンカンと木型を叩く音が聞こえてきてて、
今まで見たこともない大きさの落雁(20センチくらい)があって驚く。
そして店内にはフッサフサな千春のポスターが貼ってあり、「ふさふさだねー」などとお店のおばちゃんと談笑。
そこで買った黒糖の味のおまんじゅうは素朴で懐かしく、優しい味がした。


d0140869_2351084.jpg





d0140869_2353202.jpg

昔のままの看板が嬉しい。懐かしいフォント。




d0140869_23515460.jpg






d0140869_2352463.jpg





d0140869_17342179.jpg

深川をすり抜け、東滝川を通るので駅にも寄る。
幸せの黄色い鉄道(本当か)を見て、なんとか和やかに(途中で何があった)旅が続く。



d0140869_17393748.jpg

根室本線、東滝川駅。木造モルタルの昔ごくありふれていた駅舎スタイル
1913年(大正2年)に幌倉駅(ほろくらえき)として開業し、1954年(昭和29年)東滝川駅に改称。
昭和57年まで窓口業務が行なわれてて、現在は無人駅。


d0140869_1683978.jpg

赤平市に到着。毎年6万本のサルビアが咲くこの場所には
日本一のズリ山(777段。ちなみに万字ズリ山は774段)や当時炭鉱で使われていたトロッコなども展示されてます
この日は残念ながらサルビアがスカスカだったので、次回は全部咲きそろっている時に見にきたい。
サルビアは赤平市の“赤”と赤(明)るく楽しいまちづくりをしようという願いをこめて植えらるそう。



d0140869_17152191.jpg

この立抗は、今から70年以上前の1938年に住友赤平炭鉱が開業し建てられたもの。
【住友赤平立抗】という赤い文字の看板があったはずなんだけど外されてて残念。事務所や倉庫などはまだ利用されてる。
赤平は炭鉱遺産を前向きに残していこうという姿勢があって、とてもいいな。



d0140869_17154323.jpg

PM15:30 まだ朝ごはんも昼ごはんも食べていないのに夕方が近づいてきました。
私はいつものことなので大丈夫なんだけど(朝から夜まで飯食べず撮影)、付き合ってくれている相方が心配。
心配とかいいながら、更に赤平の街へ撮影しに行くのであった。
この日のご飯をどこで食べるのかもう決めているんだけど、こんな感じなのでなかなかそこに辿りつかないのです。

撮影:8月27日14:20~15:30
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-29 17:28 | 空知
空知縦断の旅 vol.5 ~幌加内-深川~
d0140869_23102419.jpg

2日目。くもり。
空知の一番はじっこの街で一夜を過ごす。という今回の旅一番の目的を果たし満足な一行は、



d0140869_23303234.jpg

幌加内の街をチラ見し、蕎麦に舌鼓を打つ余裕もなく



d0140869_23315427.jpg





d0140869_23402386.jpg

次なる駅舎を求め彷徨うw
旅の目的はキャンプと釣りの予定なのに、いつの間にか街撮りと駅舎巡りに時間を費やす事を楽しんでいた。
留萌線は木造駅舎多いのね。ここの駅名は“北一已”。



d0140869_0244892.jpg

読み方は、きたいちやん。北(きた)一(いち)已(やん)
ここは深川市一已町で、アイヌ語でサケやマスが産卵する場所を「イチャン」というので、それが地名となった。
北一已の“已”は、干支の巳年の「巳」や、おのれの「己」ではなく、已然形(いぜんけい)の「已」とのこと。
1997年に北一己(きたいちゃん)から北一已(きたいちやん)駅に改称。
わざわざ【や】を大きくした理由は、元々は北一已が正しいのだけど、基本計画が「北一己」だからとか。



d0140869_0271513.jpg

駅舎内は非常にレトロ感漂うままで、木ドアなのも嬉しい。




d0140869_0581684.jpg

難読駅名で有名らしいです。ちゃんでもちやんでも私はどうでもいんだけど、駅名が可愛いくて好き。




d0140869_101857.jpg

裏はオオハンゴソウが咲いて。
建物は1965年(昭30年)に建てられたもので、当初は窓口業務も行なわれてらしく
待合室以外の事務所などは板で閉鎖されてる。どんな窓口だったんだろうね、見たいなぁ。



d0140869_0583852.jpg

ホームの横は水田が広がっています。なんてのどかなんだろう!
時間がなくて電車とは絡めれなかったけど、水田脇を走る列車って絵になりそう。また撮りにこなきゃ。



d0140869_1855.jpg

美味しい北海道米の傍で、ひっそりと佇む北一已駅でした。

撮影:2009年8月27日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-19 01:22 | 空知
空知縦断の旅 vol.4 ~秩父別・幌加内~
d0140869_2215204.jpg

北秩父別駅を見つけたせいで私の駅舎魂に火が点いてしまったので、隣の秩父別駅にも行ってみました。
1910年(明治43)に筑紫駅として開業され、1954年(昭和29)に秩父別駅に改称。建物は1934年の建てられたもので
75年の間改修されても、今なお当時の味わいを残したまま存在しております。駅戸は残念ながらアルミサッシ製。
しかしびっくりだ。


d0140869_2233730.jpg

なにがびっくりって、自転車の数が(笑)
木造駅舎における自転車率の高さはNo1を誇ると思われる秩父別駅w
これは通学の学生が多いためで、朝は一両編成の列車に乗り切れないほどになるとか。
2年前に【秩父別駅高校生積み残し事件】というのが起こったほど混雑するらしい。



d0140869_22371251.jpg

もはや注意書きの意味をなしてないw
まーでも、高齢化が進み過疎化していくところが多い中、
小さな町でもこうやって学生がいっぱいいる風景が見れることを私は嬉しく思います。
そして秩父別駅の数が多いのは自転車だけではない


d0140869_20464791.jpg

看板も多い。
そんなに“ちっぷべつ”って貼らなくてもw



d0140869_20453954.jpg






d0140869_20445952.jpg

なんだか、ほのぼのとして愛くるしい駅でした。

さて、さっさと終着地点に行かねば。まだ50キロもあるので、もたもたしてられません。


d0140869_21244179.jpg

のどかな景色を走りぬけ、目的地の幌加内へ到着!
ここは旧深名線駅の跡地。1995年に廃線となり、駅舎は残されていたものの2000年に火事で消失。
跡地にはモニュメントが置かれていました。


d0140869_21362784.jpg

幌加内といえば蕎麦が有名!
だけどキャンプなので焼肉です。焼肉する予定がなかったので、買出しだのなんだの


d0140869_21403793.jpg

そうこうしている間に幌加内の夜は更けてゆきました。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100

↓キャンプ場の様子はこちら

More
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-16 21:11 | 空知
空知縦断の旅 vol.3 ~妹背牛・秩父別~
d0140869_2158046.jpg





d0140869_21314590.jpg

妹背牛(もせうし)
北海道の地名はアイヌ語からきており、北海道に住んでいならがも読めない地名があったりします。
明治に入り開拓民によって、アイヌの地名がある場所に漢字をあてて地名とした。
当て字なのでムリヤリ感があるけど、それがまた面白いよね。私は気になる地名があると、その街に撮影しに行くことがある。
【妹背牛】もそのひとつで、他にも【忠類】という響きが好きで今年撮りに行ったことがある。まだUpしてないけども。
妹背牛はアイヌ語モセューセに由来しており、「イラ草の茂れるところ」ということを意味しているとか。


d0140869_21581674.jpg

ここは、秩父別(ちっぷべつ)アイヌ語の「チックシベツ」に由来し、「通路ある川」を意味する。
秩父別は道の駅もあり、ゆう&ゆという温泉施設もあってキャンプの朝に利用しました。
街の片隅に小さな商店があり、“カルビーかっぱえびせん”の木製看板が微かに残ってた!スゴイ。



d0140869_22162590.jpg

目的地まで、あと50キロ。たまたま通りかかった道に小さくてかわいい駅舎を発見。留萌本線 北秩父別駅
私は鉄道よりも駅舎が大好き。私の写真全般が建物ばかりなのは建物が好きだというのがあり、
撮る時は記録のためにも全景で入れるのは欠かせません。



d0140869_22475398.jpg

駅舎の中には駅ノート。 駅の周りは畑が広がり民家も数件しかなく、
すぐ後ろに高速が出来たため目立たない存在になってしまっているけれど、このノートがあるのは大切に思われている証。



d0140869_22533888.jpg





d0140869_22374190.jpg

1956年(昭和31年)の歴史を物語る看板



d0140869_22545382.jpg

ホームは木製デッキ。木の温もりと、歩く時の木の音色が心地よい。




d0140869_22592051.jpg





d0140869_22593597.jpg

学生がひとり降りました。
停車する列車は増毛方面2本、深川方面4本のみだけど、彼にとって大切な駅なのですね。
水田の中にポツンとたつ北秩父別駅に郷愁を感じる風景でした。


場所:妹背牛~北秩父別 8月26日 PM14:30~PM16:00 動画はこちら
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-13 23:22 | 空知
| ページトップ |