Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:秋 ( 9 ) タグの人気記事
Top▲ |
紅葉・万字2010 ~ズリ山朝景~
d0140869_22562861.jpg

栗沢町万字の万字炭山森林公園には、昔炭鉱で掘られた石炭のクズを積みあげて出来たズリ山があります。
ズリ山の高さは階段にして775段。昨年から春と秋に訪れて俯瞰撮影しております。昨年の様子はこちら
今年も2回目の秋がやってきました。朝、6時10分・・いざズリ山登山!



d0140869_058351.jpg

この日は比較的なだらかな坂が続く散策の森コースから登山。
775段の階段を登る展望の森コースは早朝には辛いんだよ・・・('A`)
紫外線たっぷりな展望コースと違い、こちらは森林の中を抜けてゆくので、マイナスイオンたっぷり浴びれます。
朝のお散歩にぴったり。



d0140869_23581742.jpg

散策コースは階段が少なめ。俯瞰の景色は眺めながら登れないけど、森はトトロ出そうな雰囲気。
そして775段あがるよりも距離はあるけどずっとラク・・。775段の階段はさすがに凄い息切れるからね~



d0140869_23414891.jpg

15分で頂上到着。早朝にここへ登ってきたのは、ズリ山からご来光を見るため。
現在AM6時40分。日の出は5時57分だけど、 山から日が昇るので万字は通常より遅めの日の出を迎えるのです。


d0140869_23542798.jpg

AM6:43 日が顔を出し始めました





d0140869_23565726.jpg

AM6:44




d0140869_23581337.jpg

朝靄がきれい




d0140869_004626.jpg

まわりの山々に光が差し




d0140869_033215.jpg

草木も輝きだします




d0140869_072427.jpg

AM6:45




d0140869_0102823.jpg

風もほとんどなく、穏やかな秋の朝




d0140869_06397.jpg

南西




d0140869_05667.jpg

北西




d0140869_0192986.jpg

完全に朝日が山から出てきました。万字ご来光 あたたかくありがたい気持ちになります。


そして、

d0140869_0423477.jpg

ズリ山からの、2010年今年の万字紅葉です。
まだ、万字小学校があります。左下の赤い大きな屋根のがそれです。
この翌週には壊され更地になってしまったので、万字小学校がある紅葉の景色はこれが最後になってしまいました。
(クリックすると1300×864に拡大します)


d0140869_0324160.jpg

小さな村ですが、幸せに満ちてます。猫の縄張り争いは激しいですが。




d0140869_0241465.jpg

昨年とはまた違った色ですね。ここからの紅葉はやっぱり美しく特別な感じがします。
石炭の上で見てるんだもんね。


紅葉・万字2010 おわり。



撮影:2010年10月24日 岩見沢市栗沢町万字
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G

camera:Nikon F3
lens :Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-12-20 00:50 | 万字
紅葉・夕張2010 ~最終章~
d0140869_22401488.jpg

神社山から




d0140869_22463791.jpg

千年町へ




d0140869_22523761.jpg

鹿島橋(常盤橋)




d0140869_22534483.jpg

夕張川奥のほとりに橋桁が見えます。暁橋という吊橋がありました。
大夕張のお友達が中学の頃、渡っちゃいけないと言われてたらしいです。でも渡ってない人はいなかったとか(笑)




d0140869_2352286.jpg

鹿島東小学校跡地。この場所には、ほとんど枯れずにいる水溜りがあって、春には必ずおたまじゃくしがいる。
この日の水溜りには、鹿島東小学校の紅葉に染まる裏山がいました。逆さ富士ならぬ、逆さ鹿島東小学校裏山




d0140869_2302947.jpg

常盤町  もうすぐ日が沈む。





d0140869_23163089.jpg

北栄町(官公)ここには、発電所、メタノール工場、営林署主夕張事業所、貯木場、チップ工場などがありました。



d0140869_23263282.jpg

反対側。紅葉は終わりかけ(今年の温暖で染まってないともいう)ですが、MAXに色づくと相当美しくなるだろうなあ。




d0140869_23295665.jpg

水が澄んでいて物凄くきれい。大夕張に町があった頃は石炭を洗った洗浄水によって夕張川は濁っていたそうです。



d0140869_2338524.jpg

左奥に見えるのは取水堰。官行のダムと呼ばれてました。
子供達はここで水遊びや、どじょうや八目うなぎを取って遊んだり、ダムの上流では炊事遠足などもしていました。
私がここに訪れた時、釣りをしている方がいました。今でも獲れるそうです。なにが獲れるかは内緒♪


d0140869_23471926.jpg

官行のダムの紅葉が夕日に染まり、よりいっそう黄色みを増してた。
山に囲まれた大夕張。山に日が落ちれば暗闇に包まれてくるので、水平線の見える土地よりもずっと日の入りが早い
いつも・・いつも時間が足りなくて。何時間いても居たり無いのはなぜなんだろう。いつも去るのが名残惜しい
自然がいっぱい。自然がいっぱいな所なんてどこにでもあるんだけど、この景色はここにしかない。どこにもない。
3年間大夕張の秋を1人で過ごした。1人なんだけど、1人じゃない気がして。誰もいないんだけど 寂しい感じがしない。
今は大夕張のお友達も沢山出来たけれど、2年間と半年は自分しか存在がいなくて。それでも寂しく感じてはいなかった。
沢山の人が愛した街だから。そう、感じたのかな。

なぜ大夕張を?と聞かれる。 理由なんて言葉に表せない。簡単に言葉や写真に表せないものがそこにある。


d0140869_23595651.jpg

秋の夜。夕張岳と月が見える丘へ。たぶん夕張岳・・
10月23日、撮影したこの日は偶然にも満月の夜でした。



d0140869_2357214.jpg

今年も綺麗にいてくれてありがとう。
色づきは不作だったけど、夕張の紅葉はこんなもんじゃないよ~ 本当はもっときれいだから!
来年、最高に美しく染まった夕張の秋を 又、みんなで見たい。


紅葉・夕張2010  おわり。



撮影:大夕張、夕張 2010年10月14日、23日
camera:Nikon D40
camera:Nikon F3
lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100
(大夕張の詳しい街地図や歴史については、ふるさと大夕張をご覧下さい)



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-12-04 00:35 | 大夕張
秋・夕張2010 ~第一章 滝之上~
d0140869_19545935.jpg

今年は冷え込みが少なかったせいで、いつになく色づきが悪い紅葉となりましたね。
過去最悪とも言われておりますが、これ以上悪くなるのはないと思うので・・来年に期待しましょう。
残念だなーと思いつつも記録は記録。2010年の夕張紅葉を撮り歩きました。



d0140869_20144690.jpg

大正13年に建築され現在も稼動中の滝之上発電所がある滝の上公園が、夕張の一番南端に位置します。
早々と散り始めているものもある中、



d0140869_2042162.jpg

これから赤くなろうとしている木もあり。今年はそんな感じで、色づきがまばらでしたね。
紅葉の美しくなる条件は冷えこみにかかっております。猛暑だったもんな~



d0140869_20411679.jpg

千鳥ヶ滝 ポンソウカムイコタン(アイヌ語で渓谷の美しいところ)
アイヌの人が丘陵の先端部や頂部を利用して土塁や空壕で区切られた遺構をつくったという
チャシ跡があるらしいのですが、どれなのでしょうね。どなたか教えて下さい。



d0140869_20472236.jpg

千鳥橋  




d0140869_21152568.jpg

奥に見えるのが吊り橋。すごく揺れます。隙間も多いです(笑)そこを歩くと私は足がムズ痒くなる。



d0140869_21311119.jpg






d0140869_21295436.jpg






d0140869_21204519.jpg





d0140869_21305163.jpg





d0140869_21325982.jpg






d0140869_21333185.jpg




撮影:夕張市滝の上 2010年10月22日
camera:Nikon D40(1枚目と6枚目)
camera:Nikon F3
lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-11-21 21:37 | 夕張
夕張・秋 ~燃え盛る石炭のように~
d0140869_061377.jpg

シューパロ湖のほとりにて。遠くに三弦橋の架橋橋桁がポチポチと見えて景色はきれい。
ただ、このほとりには長く滞在することが私は出来ません。胸が苦しくなるのです。



d0140869_2138177.jpg

大夕張森林鉄道夕張岳線第1号橋梁 三弦橋



d0140869_21411634.jpg

橋梁名 三菱大夕張鉄道橋梁旭沢橋梁(5号鉄橋)


この珍しく貴重な二つの橋、日本に現存するのは大夕張だけ。


d0140869_21482544.jpg

昨年は50mmレンズ(人間の視野の画角)しか持っていなかったけれど、
今年は広角レンズがあるので少しだけ大きめに撮れました。そして毎年あの木だけが真っ赤なのは変わらない。
変わらない景色を変わらずに撮り続ける。今はそれを出来ることが、ただただ幸せ。



d0140869_225910.jpg






d0140869_2242084.jpg





d0140869_2263272.jpg

大好きだからいっぱい撮っちゃいます。だって今年の夕張に植樹した桜は、この鉄橋へ捧げたもの。
いつまでも美しい造形を見続けていられることを願って・・



d0140869_227476.jpg

1929(昭和4)に建設されたこの鉄橋の上を・・



d0140869_22204725.jpg

このラッセル車が雪かきをしていたのは 今から50年以上前のこと。




d0140869_2236335.jpg

暮れる太陽に照らされ、赤く染まる大夕張鉄道。





d0140869_22415392.jpg

鹿島千年町の紅葉も赤く・・赤く・・
まるで燃え盛る石炭のように。


2009年、夕張・秋。 

今年もありがとう!また来年も美しく色づいてね。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-11-25 22:56 | 大夕張
秋・夕張 ~其の二 燃ゆる山~
d0140869_2326376.jpg

夕張にも冬将軍の足音が聞こえはじめました。
マウントレースイスキー場は昨日からプレオープンしているようで、20センチの降雪量があったらしい。
清水沢にある炭鉱住宅で住まれている方の畑の白菜は、もう収穫されて漬物になったかな。
これは雪が舞い降りる前の短い秋の風景、其の二です。



d0140869_07229.jpg

解体工事中の貴重な炭鉱遺産、北炭清水沢火力発電所の周りも秋色




d0140869_054992.jpg





d0140869_23501431.jpg

シューパロ湖も紅葉に染まり




d0140869_0123219.jpg

山が燃える




d0140869_0115571.jpg





d0140869_0104363.jpg





d0140869_0132793.jpg

この景色の中に埋もれているズリ山も、あともうちょっとで真っ黒い姿を現しだし、モノトーンの世界へ。



d0140869_0295577.jpg

裏旭沢橋梁
夕張南部から大夕張へ、秋と共に駆けぬけてゆきます。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-11-23 00:24 | 大夕張
秋・夕張 ~其の一 まちの片隅の~
d0140869_1232489.jpg

スキャナも新しくなったので、今年の夕張の秋をフイルムでおおくりしますね。
こちらは紅葉に染まりつつある時の滝ノ上公園(10月6日撮:クリックで1000/686)
今年は時間がなくてピークに撮りにいけませんでした。


d0140869_12322348.jpg





d0140869_2203793.jpg

夕張市錦町から、大夕張へ向かっていきます。(以下、10月17日撮)




d0140869_2205556.jpg

丁未の崖



d0140869_2211065.jpg

SL館と石炭の歴史村の紅葉 カラフルでかわいいね。




d0140869_2212784.jpg

夕張川支流の志幌加別川は石炭の歴史村を抜けて流れています




d0140869_2214375.jpg

この日は祭日。藤の家のカレー蕎麦を、オリジナルの味付けで継いだ吉野屋さんに行列が!
物凄く嬉しい光景だった。夕張駅に出来た屋台村も凄い人だったなぁ・・・
徐々にだけど人の流れが夕張に向いているようです。



d0140869_222399.jpg

本町 栄橋。向こう側に見えるのは思い出橋。



d0140869_222242.jpg

この支流には自然が残されて居るところもまだまだあり、ニジマス、イワナ、アメマスなどが釣れる。
夕張で釣りが出来るポイントは少なく貴重。必ず釣った魚は持ち帰らずにリリースしてね。



d0140869_2224639.jpg

鹿ノ谷

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-11-09 23:53 | 夕張
秋の万字炭鉱ズリ山
d0140869_22151012.jpg

岩見沢市栗沢町万字の万字炭山森林公園内に、直線775段、総階段数2468段のズリ山がある。
ズリ山とは、石炭採掘時に出る不要な岩石や廃石(ズリ)を長年堆積させて出来た山のこと。
炭鉱地に行くと真っ黒い山があちこちにあるけれど、万字のズリ山は公園施設として整備されて
毎年万字ズリ山を歩こうというウォークラリーも開催されてます。
このズリ山に登って秋色に染まる万字を撮る!という目標を私は昨年から立てていたので、
その目標を果たすために、3週間連続で通っていました。(大切な風景は全てフイルム写真で残してます)


d0140869_22174848.jpg

なぜ通っていたかというと、紅葉が染まるタイミングが分からなくて(笑)
私が住む札幌と万字の気候は大分違うので、早く染まるかと思ったらまだ染まってないなどで
私はブライダル関係の仕事に就いてるため1年で一番今の時期に式が多くて忙しく、その合間に行くのは辛かった
江別東から岩見沢まで高速に乗るという400円なことするほど時間に追われていたw
でも目標だったので、これを達成しないと2009年に悔いが残るし。
万字炭山森林公園内には散策の森コースと展望の森コースがあって、散策の森は階段が少なくて森林の中を歩く。
775段なのは展望の森コースの直線階段をいいます。


d0140869_22252582.jpg

登れど登れど、ひたすら階段。角度が急なので先が見えません。
これを3回通ったんで合計4650段。何この修行(´゚ω゚`)


d0140869_22333691.jpg





d0140869_0195721.jpg

頂上まで、あとちょっと。



d0140869_22515127.jpg
到着!撮影したり休んだりしながらめちゃくちゃノンビリ登ったら1時間、休まずに登ったら30分くらいかな。



d0140869_2258543.jpg

たったちょっとの登山なのに、絶景!
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)




d0140869_22592321.jpg

万字の村が一望
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)




d0140869_23115686.jpg

裏山も綺麗
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)



d0140869_2334724.jpg





d0140869_2332320.jpg





d0140869_2354368.jpg

これは10月6日に行った時のもの。まだ全然青いよね。
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)



d0140869_2373394.jpg

村も青々としてる。紅葉にマダラなってきはじめたのは、この日から2週間後でした。
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)


d0140869_23135649.jpg

こちらは6日から一週間後の12日。まだまだ景色が青いね~~
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)
親子で気軽に登ってこれる石炭の山☆祭日なのもあり、沢山のズリ山登山客が行ったり来たりしてたよ。
おばあちゃん、おじいちゃんが孫を連れて、ヒーヒー言いながら頂上到着して楽しそうだったな。
私は1人だったけど、それでも十分楽しかった。景色が美しいので。



d0140869_23113793.jpg

そして17日。万字の空気が最高に美味しい!目標達成バンザイ!
石炭の山から見る景色が美しいって凄いな。石炭なのに草木が生えるのも不思議だよね。生命の力強さを感じました
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)



d0140869_2320967.jpg

炭鉱地として栄え、7千人が暮らしていた万字。
閉山してからは、鉄道、学校、病院、店、そして住民など多くを失った。
けれどここにはまだまだ沢山の大切なものが残っています。美しい自然、炭鉱遺産、優しい村の人々、かわいい猫達。
何が大切なのかは人それぞれだけれど、みなさんにとっての宝物を探しにきてね。
(クリックしてね!1000×670で見れ」ます)


d0140869_23385498.jpg

万字や隣の毛陽(もうよう)、美流渡(みると)には、リンゴ畑がいっぱい。
きれいな景色見て汗流してきた帰りは、湯質がとても良いという栗沢温泉やメープルロッジの温泉に入ったり、
美味しい果物や野菜を買ったりして帰ります。大地の恵みも堪能できちゃう。



d0140869_234747.jpg

私が好きなりんごは北上(きたがみ)という種類。酸味が少しあって果肉が柔らかいから飽きずに何個でも食べれちゃう。
これ一袋300円なんだけど、3回行って毎回買ってたな。会社の人と毎日ポリフェノール取りまくってます。
一袋買うと、必ずオマケに2個無料でくれるの!それも魅力(笑)
万字へ向かう道沿いにはこのように果樹園が沢山あるんだけど、私がいつも買ってる直売店は東井果樹園さん。

万字ズリ山登山は思ったほど辛くないので、足腰弱い方以外は挑戦してみたらいいと思う~

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-10-25 00:05 | 万字
秋・万字  ~晩秋~ 
d0140869_23132552.jpg





d0140869_23205038.jpg





d0140869_1514689.jpg






d0140869_23401495.jpg





d0140869_23265084.jpg






d0140869_2324473.jpg






d0140869_23253154.jpg





d0140869_23294625.jpg





d0140869_2332951.jpg






d0140869_23281729.jpg






d0140869_23183426.jpg

旧朝日駅




d0140869_23383864.jpg


明日は登ります。

撮影10月17日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-10-22 23:42 | 万字
秋・万字  ~初秋・中秋~
d0140869_041188.jpg

今年の秋は栗沢町万字へ、あるひとつの目標を達成させるために通っていました。
まずは、初秋から中秋にかけての万字の景色を。色彩と奥行きが最も出るフイルム写真に収めてきました。
このガレージにかかってる万字看板、選炭場で使われてたものだと思うんだけど。場所はここ
万字の歴史や当時の風景などはこちらを参照下さい。この看板らしきものも写ってます。


d0140869_1274145.jpg






d0140869_126578.jpg





d0140869_1284885.jpg

二代目・英橋(はなぶさはし)
このポンネベツ川にかかる英橋は、かつて万字炭鉱で栄えていた頃に炭住と炭鉱場を結び、
人々の生活に欠かせない主要橋でした。現在は使われておらず、すぐ横には三代目・英橋がかかってます。
冬は橋の中央に雪が盛り上がってしまい、人が落ちる危険性があるので、地域住民が総出で雪かきを行なったそう。
万字伝統行事のひとつだったとか。とても立派な橋桁のあるこの橋、万字の人々が沢山行き交ったこの橋・・
三代目・英橋の上から見ることが出来るので、歴史あるこの橋を是非見に行ってみてね。場所はここ



d0140869_111781.jpg

まだ染まる前、葉先からちょっとづつ色づいてきて。




d0140869_153060.jpg

フカフカの苔の絨毯の上には




d0140869_171683.jpg

どんぐりが沢山落ちてました。こんなに沢山のどんぐりを見るのは、小学生以来。場所はここ
大人になってから、それだけ自然に触れ合う機会が減ったのか、それとも自分の周りに自然が減ったのか・・



d0140869_1234464.jpg






d0140869_1231147.jpg






d0140869_125491.jpg






d0140869_1244397.jpg





d0140869_1553082.jpg

郵便局のおばちゃんの手によって、いつもキレイなお花に囲まれている万字駅跡地



d0140869_1554393.jpg

優しい空気に包まれた、万字の初秋・中秋でした。

撮影:10月6日、12日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-10-22 02:02 | 万字
| ページトップ |