「ほっ」と。キャンペーン
Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:男なら ( 14 ) タグの人気記事
Top▲ |
サーモンファイタールイベ石巻へ!~石狩思いやりの心届け隊が行く~
d0140869_15455482.jpg
石狩商工会議所青年部の有志の方々がつくられた、石狩思いやりの心届け隊の皆さんと、
今日5月3日から石巻市雄勝町へ行ってきます。
3.11からの息の長い支援をしていこうと、石狩思いやりの心届け隊は、この一年間コツコツと被災地支援を続けて参りました。
思いやり心届け隊をはじめとする石狩市民の方々が雄勝町の皆さんと連帯を組んできた事もあり、
北海道石狩市より多くの方にお越し頂き、被災した雄勝町と交流を作り、
活気ある雄勝町復興へ繋げてほしい、震災から一年が過ぎ、まだまだ多くの子供達が雄勝町を離れているため、
子供達に笑顔と元気ある雄勝町を見せて欲しい。と現地からの要望をうけたためです。
石狩からルイベが他の町へ行くのは初。今回のサーモンファイターショーは、
震災にあわれた皆様との絆が結んだ特別なショーとなります。

私は数年前からサーモンファイターを応援しており、ブログなどでも紹介していました。


d0140869_1548781.jpg

2007年 第44回石狩しゃけまつり http://benyanco.blog53.fc2.com/blog-entry-379.html


d0140869_15513236.jpg

2008年 第2回寒中石狩屋台村 http://beni4649.blog98.fc2.com/blog-entry-39.html


d0140869_15545182.jpg

2008年 第45回石狩さけまつり http://beni4649.blog98.fc2.com/blog-entry-184.html


d0140869_1623828.jpg

2009年 第46回石狩さけまつり http://benyan.exblog.jp/10277738/


d0140869_1662412.jpg

2010年 第47回石狩さけまつり


d0140869_1643095.jpg

2012年 第5回 寒中石狩屋台村



d0140869_164804.jpg

2012年 リフォームフェスタ

2011年は忙しくて撮影には伺えなかったのですが、ブログにはUPしてないけど行ってましたw
なので大夕張同様、サーモンファイターとは長い付き合いで
JCの皆様とも、お祭りの時だけ顔を少し合わせたりブログでご挨拶しあっていましたが、
今年に入ってから石狩のイベントで石巻の【希望のかんづめ】が売られてて、支援を続けてきたということを初めて知ることに・・


d0140869_1694222.jpg

宮城県石巻市 木ノ屋石巻水産「希望の缶詰」詳細はこちら http://kibounowa.jp/seisan-kinoya.html

以前からここの会社の缶詰を食べてみたいと思ってはいたものの、震災があってから手に入れれる事が出来ずにいました
それが、まさか石狩にあるとは!!

d0140869_1613330.jpg

聞きますと、ずっと支援を続けてきてたとのこと・・
サーモンファイターを続けてゆくことの大変さもある中、支援をと活動されているJCの皆さんに心打たれまして
わたくしも何かお手伝い出来ないかと、今回このプロジェクトにて撮影班として同行させてもらうことになりました。
永く個人的に、そして一方的に愛して応援(笑)し続けていたサーモンファイターの専属カメラマンになれて嬉しいです。

d0140869_16171241.jpg

ルイベのショーで



d0140869_161815.jpg

子供たちが



d0140869_16182128.jpg

喜んでくれるといいな。

雄勝へは総勢36名が向かいます。キャストだけでも15名ほどいるので(ショッカーだけでもいっぱい必要だからねw)
昨日2日は先発隊が向かいました。苫小牧からフェリーで行く予定が低気圧のため欠航となり、急遽、函館からフェリーで
無事、雄勝へ到着したそうです。私達が行くフェリーも遅延となったので、今夜10時発の、はまなすで向かいます。
寝台ではないので雄勝まで寝れないと思いますが(笑)そんな交通障害も楽しみつつ、事故に合わないように現地へ行ってきます!
ボランティア活動としては、昨年の8月から9ヶ月ぶりなので、現在の状況を確かめてきます。
メディアの情報だけでなく、自分の目で、肌で感じたいのです。
5日までは石狩の皆さんと一緒ですが、6、7日は個人的に思い入れのある場所へ、撮影に向かいます。
北海道へ帰ってくるのは8日午前中になります。


d0140869_16521953.jpg

では、サーモンファイタールイベ!いざ!雄勝へ!!いってきます~~



d0140869_16343873.jpg

2012年4月21日(土曜日)付 北海道新聞(石狩当別版)にて




[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2012-05-03 16:29 | 東北
「絆、感動そして希望」 築城訓練2012札幌雪まつり
d0140869_2214842.jpg

2月6日(月)~12日(日)はさっぽろ雪まつりでございます~
毎年、陸上自衛隊の皆さんが大変な築城訓練をしているということで、8丁目会場へ慰問&見学してきました。
作製状況を普段ここまで見れる機会は無いので貴重です。自衛隊の雪像作製は、地域貢献と訓練のために行われています。
極寒の中でキャンプする際の施設作りにも、築城の技術は役に立つわけです。


d0140869_15482616.jpg自衛隊協力会分会長から
作成担当中隊長へ
記念品贈呈。

ちなみに私も協力会に入っているので、自衛隊の活動を許可のもと撮影させてもらっております。自分の地域や被災地など自衛隊の活動は大切であり、どのように日々行われているのかを知る必要性があるなと感じています。



d0140869_16575621.jpg

隊長から作業工程などの説明。
大雪像作製は第11旅団隷下部隊の、第18普通科連隊、第11戦車大隊、第11施設中隊、
第11通信中隊、延べ約4700名の作製人員。作成期間1月6日~2月4日(30日間)
「絆、感動そして希望」は雪像作製隊の今回のスローガン。


d0140869_17474815.jpg
震災の影響により今もなお
苦しみの残る福島を立ち上がらせ
福島の変わらない美しさを
復興へ向けて取り組む真摯な姿を伝え
東北在住あるいは故郷を離れている
被災地の方々を応援する。ということで
8丁目雪のHTB広場の雪像は
【会津 鶴ヶ城】になりました。

高さ15m 横20m 奥行き21m
ブロック数は3357
ブロックの種類 62
大型トラック392台分の雪で出来てます
この模型も自衛隊で作製。
鶴ヶ城は外部の業者は一切使わず
足場からすべて自衛隊のみなさんで
つくられています。



d0140869_18284659.jpg

毎日2~3回、中山峠からきれいな化粧雪をトラックで運びます。
重機を使うと雪が汚れてしまうので、積み込みも降ろしも全て手作業。(積み込みは10名ほどで行う)
中山の雪は新雪で青い。今年大変だった岩見沢の豪雪を使っては・・とか思うところですが、
住宅の除雪で出た雪は汚れているので、美しい雪像を作るには使えないみたいです。


d0140869_18533542.jpg

8丁目会場は153名の隊員が、本部班、技術部、作業隊、安全班、化粧雪班、管理班に別れ、ひたすら同じ作業に徹する
運ばれた化粧雪ではサラサラすぎて固まらないので、水を含ませてかき混ぜシャーベット状にします。



d0140869_19113941.jpg

こちらはブロック作製。木工部が作製した型枠へ、カナヅチでしっかりと雪を詰めます。
一見楽しそうですが、暖気による予備部品も必要なのでも4千個近く作り続けなければいけなくて
氷点下の中、黙々と同じ作業を繰り返してゆくのは本当に大変です。
夜の作業ももちろんあるわけで、マイナス10℃以下の中、終わらなければ徹夜もあります。




d0140869_19155971.jpg

出来たブロック並べていく。かまぼこみたいです。



d0140869_1923776.jpg

細かい部分のブロックはテント内で造られます。



d0140869_19293728.jpg

大雪像が出来上がると数メートル先に小さくある部分でも、こんなに細かく造られているんですね。
型枠を作り貼りつけてゆき、すべての部分が雪で出来ている大雪像は、8丁目会場の鶴ヶ城だけみたいです。
第18普通科連隊の作る城は100%雪!発泡スチロールも骨組みも使ってません。


d0140869_19432866.jpg





d0140869_19451845.jpg








d0140869_1922838.jpg

作られたブロックは溶けないように雪室(かまくら)に保管



d0140869_19482061.jpg

雪室にシャチホコが!城が完成するとシャチホコは15m離れた先からしか見れなくなるので、
間近で見れるのはうれしい!美しいですね



d0140869_19535290.jpg型枠に雪を詰めて
取り出す工程を見せてくれました

枠も手作りなんですね。
大きな雪の塊を削っていくだけでなく、
何千個もブロックを作って
貼りつけてゆくなんて、
こんなに手が込んでいるとは
想像もしてませんでした。


d0140869_1959866.jpg

できました。きれい!らくがんのよう!



d0140869_2062860.jpg

正面です。この足場も組んでいるとは、凄いですね!
8丁目会場は比較的日陰が多いけれど、北側にあるビルの窓の反射で雪が溶けてしまうのと、
5層の屋根のバランスが問題点であります。そのため、毎日測量も行なっています。


d0140869_21105146.jpg

安全ベルトとヘルメットを装備して屋根の部分を見てみます。
下から見上げることはあっても上から見下ろしたことはないので、
見えない部分まで繊細に作られているのがわかりました。



d0140869_2127848.jpg





d0140869_21283390.jpg

さきほど型を取った丸い部分は、瓦屋根の先端だったのですね。
ヘルメットに黄色いテープが巻かれてるのは、技術班です。繊細な部分を仕上げてゆく人。



d0140869_21321067.jpg

みなさん黙々と作業してます。



d0140869_21334732.jpg

寸法もしっかりと。見ていると、雪をただ削ってるとかいうのではなく、本物の建物を建築しているかのような技術



d0140869_21372969.jpgこういう水準器も
必要となるわけです。





d0140869_2202758.jpg

自衛隊では雪を掘って埋めたりスキーで何キロも走ったり、雪中訓練もしてるのですが、
そういう雪中訓練よりも、築城訓練の方がよっぽど大変だとか。
でも、雪中訓練では掘って埋めて終わりですが、築城訓練は作ったものが数日残っているので、そこは唯一の喜びらしいです。





d0140869_21392497.jpg

ブロックを作製する隊員



d0140869_21401354.jpg小さい穴にもぐって
荒削りをする隊員






d0140869_21592821.jpg

必要のない雪を掻きだして落とす隊員。



d0140869_21404993.jpg

高所で作業をしていると、自分が危険な状態になっているのを気づかないでいる時があります
そういう状態がないか下から全体を監視する隊員と、様々な部門に分かれ任務を遂行。
寒い中、体を動かさずにいる監視員が一番大変かもしれません。



d0140869_21471788.jpg





d0140869_2192442.jpg

札幌に住んでいながら、雪まつりは出来上がった美しい部分しか見たことがなかったですが
実際の作業工程を見ると、ものすごい手が込んでいて大変であることがわかりました。雪像を見る目が変わりましたね~
もう、ただ、キレイだねーすごいねー。だけで見れないです。細かい部分までジックリ観察したくなります。
寒いというだけで体力は消耗しますし、地道な作業を続けることは忍耐も鍛えられます。
決められた期限の中でこれだけのことを一般の人や業者さんやるのは無理でしょうし、莫大なお金が飛ぶでしょうね。
そう思うと、地域貢献のために任務を果たしてくれている自衛隊のみなさんにはありがたくなります。お疲れ様でした!
今日雪像の引渡しが行われましたが、雪まつり期間中も維持補修や予備部品の作製などの任務があります。

さっぽろ雪まつりは6日からスタートです!HTB広場の鶴ヶ城を是非見にいってみてください!



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2012-02-04 22:52 | 男なら
岩手県藤沢町へ
d0140869_2344323.jpg


いきなりですが、明日13日から岩手県藤沢町へ被災地支援活動の撮影をしに行くことになりました。
3月11日、東北地方太平洋沖地震が起きてから、夕張希望の杜では細く長く支援を続けておりまして、
毎月、先生や看護士さんなどが岩手県藤沢町にある藤沢町民病院へ支援や研修をしに行かれています。
山奥にある藤沢という小さな町で16年間黒字経営、全国の研修医が集まる岩手の「憧れの病院」といわれているところです。
医療過疎の町を救った佐藤元美院長は、村上智彦医師のお師匠でもあります。
現在、藤沢町へは副所長横田さんと理事の辻さんが被災支援活動で滞在しておりますので、
私は支える医療研究所の広報担当として同行いたします。
院内撮影が多くなると思われますし、単独で行動することはございません。
バタバタしておりますが、気を引き締めて参りたいと思います。
札幌へ帰ってくるのは16日予定です。

夕張を撮影しだして4年目になりますが、自分の夢は夕張が住みよい街になってくれることです。
きれいな写真を撮って見てもらうだけでは復興に繋がらないと、一昨年あたりから思いはじめました。
日本一高齢化した夕張の医療を支える医療にすることで、市にかかる負担も減り、家族が安心して老後を迎えれると思われます。
夕張だけの問題ではなく、それは市外の自分達の生活にも関わってくる問題なので
夕張のため。というだけではなく、自分のためでもあり大切な人々のため
まだ他にも様々な理由はありますが、そういう意味からも、希望の杜に携わらせてもらっています。

ブログを見ていただき、コメントも沢山いただき、
皆さんの言葉が支えとなり頑張れております。
本当にありがとうございます。
なかなか更新やレスが出来ない状況になっており、不義理で申し訳ないです。
また少しこの状態が続いてしまいますが、なまあたたかく見守っていてください。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

beni

撮影:大夕張
camera:D40




[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2011-07-12 23:49 | 夕張
benyan.co.ltd ポストカード募金のお知らせ
d0140869_2340711.jpg


今週の4月2日(土)美術家・原田ミドーさんのトークライブ「未来を背負う子供たちへ」が
午前10時~昼12時、厚別区民センター(札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14)で行われます。入場無料。
会場では東北地方太平洋沖地震の被災者救済のための募金活動も行なっております。
私のポストカードも置かせてもらうことになりました。ポストカードの収益は全て義援金となります。
いろんな世代の方が来られるということで、いつもの私っぽくない綺麗め系のポストカードが並んでいるかと思いますが
金額設定もありませんし、お気持ちでよろしいのですので、1枚お手に取っていただければなと思います。
東北をこよなく愛し撮影し続けている写真仲間のariariさんのポストカードも置かれております。
ミドーさんのトークライブを楽しんだついででよろしいので、是非ご協力お願いいたします。



原田ミドーさんは厚別区在住の彫刻家で、江別市のセラミックアートセンター前に設置されてる「風の門」や、
栄通17丁目あたりの白石サイクリングロードのトンネルにあるタイル壁画などを作られました。
作品はこちらのブログ参照下さい


原田ミドートークライブ予告
ゲストに“ほうきギター”プレイヤーのドン・ボンジョビ、えろあ・すみすを招き、原田さんのアート活動を映像とともに紹介、演奏します。
一体、何が起きるんでしょうかw私にも分かりません・・(゚ェ゚;)


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2011-03-31 00:22 | 男なら
ウリュウ ユウキ写真展『on the corner』
d0140869_22471461.jpg

7月1日~18日まで開催されていたウリュウユウキさんの個展へ、
カロリーメイトのポテト味を差し入れに持って昨日行ってまいりました。
腕の調子が悪くて一週間ほど運転出来なかったので、行けたのは最終日。


d0140869_22524371.jpg
個展会場はオサレな喫茶店になってます。
普段食べないパフェなどを注文してニヤニヤしてきた。
全ての女性は甘いものを好きだと男性は思っているらしいが
私は甘いものをほとんど食べない。
甘いものあまり食べないんだよね・・という女性に会ったことないんだけど
やはり甘いもの食べない女子って珍しいのかな?
いつか会ってみたいな。スイーツ苦手な女子に。
そして甘いもの食べ過ぎると胃がモタレる話をいっぱいしてみたい。
毎年誕生日になると近所のおじさんが10個くらいケーキ買ってきてくれて
それを食べきるのに一週間近くかかってしまうとかいう話とか。。
そんなことはどうでもいいのだが、





d0140869_23275477.jpg
ウリュウさんはフイルム一本勝負の
写真仲間で、一ヶ月に1回ペースで
顔を合わすのですが、写真の話とか真面目な話をしたことなくいつも話しているのは音楽の話。
ライジングサンで誰見るかとかという話を延々と2時間くらい喋ってきました。
私は写真撮る時は技術面など頭で
考えず感覚だけで撮るので、
写真について・・って
話すことほとんどないんだよね。
それよりも、好きな音楽とか
そういう刺激あるものを
いっぱい受けて、感覚を
研ぎ澄ますことのが優先だ。





d0140869_2324196.jpg





d0140869_23104072.jpg
この喫茶店でかけていた音楽も
ウリュウさんセレクトのもので、
会話を邪魔しない耳に心地よい曲を
流していましたね。
音楽から刺激受け、それが写真に
反映される、もしくは写真から
音楽が連想される。
目・音、五感の内の2つは
写真を撮る上でも見る上でも
とても重要な役割を果たしてます。




d0140869_2338721.jpg

この会場になった「プティcafe研究所」さんは、北欧雑貨がいっぱい置いてあり素敵な喫茶店。
個展をやってみたい方は、お問い合わせしてみては。場所は無料で貸していただけるそうです。



d0140869_23383726.jpg

私もいつか・・個展とかやるのかなあ(笑)今はただのシガナイストリートカメラマンだからそういう気持ち薄いけど。
一応、KANNA DESIGNさんという建築設計会社の撮影の仕事を頂いてるので、
カメラマンの前にアマチュアと付けていろんなことを誤魔化せないのが辛いw
こちらのHPのTOPやギャラリーに私の写真が使われてます。http://www.kanna-design.co.jp/index.html
普段自分が撮らないようなモダンな建築を撮影させてもらえているので、非常に勉強になります。

今年も半年を切りましたが、残りの半年で写真展を開催する機会が私も4回くらい予定してまして。
まだ発表出来ないものばかりだけど、8月30日(月)~9月12日(日)の小樽・鉄路・写真展には今年も参加します。
見にキテね。


d0140869_2356135.jpg

光と影・・今回のウリュウさんの個展でのキャッチでもあります。
ウリュウさんの光と影については、彼のblogを見てね。http://blog.yuukiuryu.com/2010/07/2275.php
ウリュウさんは自分をいうものを持っていて、けれど今の自分に満足するのではなく、
常に新しい自分を見つける旅をしている素晴らしいアーティストです。
アーティストというのは満足してしまったらそこで成長が止まってしまうから、
色々なことに挑戦し続けて行くパワーを持つことってとても大切なんだろうね。
今年、そして来年に向け、彼がどんな旅をしてゆくのか、いちファンとして見続けるのが楽しみであります。

たまたまだけど、私が最近大好きな曲のタイトルが『光と影』というもので、その歌詞から沢山考えることがあった。
光があるから影が生まれ、影があるからこそ、そこから光を見出すこともできる。
それは過去、現在、未来にも当てて考えられることであり。
あの場所には闇が沢山ある。その闇の中からひとつぶの光を探し出し、未来へ繋げることが出来るのは・・・




だれでもない どこにもないぜ
僕だけの光と影
闇の向こうの光を見に行こう
光と影

僕はいま ゆれるキャンドルみてる
ただぼんやり ぽっかり はっきり くっきり すっぽり うっとり と
いつだって君のそば 
健やかな光と影が
降り注ぐようにと
少しだけ願った

あの日僕ら ケモノみたいに抱き合った
玄関閉め キスして 孤独ぶつけて火の玉になった
その先に痛みがあろうと
不安で胸が張り裂けようと
今をうすめたくなんてなかった
深く刻みたいと思った

いつだって
その輝きに
まっすぐに熱くなれたら
なんにだってなれるぜ
どこへだって行けるんだぜ

だれでもない どこにもないぜ
君だけの光と影
光の先の闇を見に行こう
光と影
そして僕は一人どこへいくんだろ
君一人幸せにできない奴に何が言えるんだろ
ありがとうってつげた
君に
僕はなんて言えたらよかんたんだろ・・・

いつだってその輝きに
真っすぐに 熱くなれたら
なんにだってなれるぜ どこへだって行けるんだぜ

だれでもない どこにもないぜ
君だけの光と影
光の先の闇を見に行こう
光と影

だれでもない どこにもないぜ
僕だけの光と影
闇の向こうの光を見に行こう
光と影

億千万の光と影
今から逢いに行こうぜ
聞かせてほしい 君の中にある
光と影

聞かせてほしい 君の中にある
光と影

ハナレグミ/光と影
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-07-20 00:38 | 男なら
愛しあってるかい
d0140869_1115955.jpg





d0140869_1125582.jpg






d0140869_1123886.jpg






d0140869_1131453.jpg

いろんな愛のカタチ




d0140869_123053.jpg

5月2日のこの日は忌野清志郎の一周忌。
RSRでの数々のセッションやパフォーマンス、そして「市民会館 最後の日」に急遽出演した模様等の映像を公開とのことで



d0140869_1222412.jpg

大勢の人が集まってましたピヴォに。




d0140869_1144037.jpg

PIVOT 6Fの特設会場では、8月13、14日に開催されるRISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO
RSRファンの方からフェス未体験の方にも存分に楽しんでもらえるよう、体感型コミュニティスペースを期間限定で展開している。
昔のRSR映像とか色々上映されてるので、チェアに座って見たり聴いたり自由にできる。音楽好きは足運んでみては。
RSRとは、会場は石狩でやってるんだけど、キャンプとかしながら夜通しライブしようってロックフェスティバル。
今年で11年目になります。こういう形のフェスは北海道でしかやってないので、全国から沢山の人が集まる☆≡


d0140869_1252329.jpg


ビールとつまみも無料で振舞われた!
素晴らしい音楽と酒があれば
なんだかそれだけで幸せだよね。
幸せになりたくて来てみた。
今日は豊平河川敷を自転車漕いでたので
写真仲間のウリュウさんからメールくるまで
うっかり行き逃すとこだったけどw



d0140869_1302833.jpg

ウリュウさんは早々と到着しており、清志郎の曲に合わせて心地よくリズムとってる♪
私は清志郎の曲は有名なのしか知らないけれど、音楽界のネ申的存在だと思うんだ。
小さい頃、いけないルージュマジックで清志郎を見たのが最初だったかな。
当時私は化粧する男性になぜか惹かれてて、坂本龍一と清志郎、そしておすぎとピーコが気になっていた(笑)
私の清志郎の想い出はそれくらいしかないけど・・彼はとにかく偉大なんだ。愛しあってるかいなんだ。
自分にはない何か特別なものやオーラを持っている人は魅力的でかっこいい。
ビデオ上映が一通り終わると、会場から沢山の拍手が沸きおこった。
彼がいなくとも彼の伝説は永遠に語り継がれてゆく。




d0140869_1402071.jpg


ガチャガチャ。100円だよ。
誰かわからぬ缶バッチ2個出た。
日の出食堂とthe 50kaitenzいる?w





d0140869_1412151.jpg


メッセージボードへメッセージ託し
“&”入れるの忘れたw




d0140869_1423938.jpg

ウリュウさんは何を託してるんだろう・・想像はつくよw
RISING SUN、はじめてだからよくわからないけど、なんとなく楽しみになってきたかもしれないー。
行く人いたら声かけてね♪一緒に盛り上がれたらありがたいと思いますwアタシのエリアはヒグマらしいです。


撮影:札幌/豊平川河川敷/Pivo6F 2010年5月2日
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-05-03 01:54 | 札幌
三菱大夕張鉄道保存会 ~2010春~
d0140869_23454463.jpg

今年の2月14日(日)、大夕張鉄道保存会により「SL館雪下ろしツアー」が実施されました。
SL館は夕張石炭の歴史村にあり、財政破綻により閉鎖されてから2年が経つ。
ここには石炭輸送に欠かせなかった蒸気機関車や貴重な資料など沢山展示してあります。
石炭の歴史と共に鉄道文化財は大切な財産ですが、今の夕張になすすべないのは仕方がないこと。
だからといって解体されたり、文化財がどこにゆくかわからずいつの間にか公有財産売却(オークション)に流れてしまったら・・
そんな悲しい状況にはしたくない。そこで保存や活用をしようと立ち上がり活動しているのが三菱大夕張鉄道保存会です。
豪雪地帯の夕張では、屋根の雪を除雪しないで放っておいたら雪の重みで潰れてしまうので、年に1回雪下ろしします。

d0140869_2346611.jpg
ツアーでは雪かきを手伝ってくれる
ボランティアを募集し、
夕鉄バスを貸切って現地を往復。
今年で2回目になるんだけど、
ツアーの“ア”の字が、小さい“ァ”で
ツァーなのがいつも気になっている(笑)





d0140869_20375038.jpg

AM10:50 作業開始。雪が積もりすぎて平地みたいだけど屋根の上だよ。
バスツアー参加者18名。市内会員や現地集合組で総勢31名が、無言で汗だくになりながら。
会の方々は年齢層も高めなので大変そう。。腰の上まである重い雪をひたすら下ろす・・想像以上に大変でした。
スコップ班が掻き出した雪をママさんダンプ班が運んで落とします。



d0140869_2049584.jpg

SL館の屋根はこんなに高い!高い所は苦手。。なるべく下を見ないようにする。



d0140869_20492687.jpg比較的若い方の私も頑張らなくてはと働いたけど
こんなに大変なこと毎年されてるんですね。。
という言葉を3回くらい吐いた気がする(笑
冬の間は体がなまるので、いい運動になるわー。
運動になるし大夕張鉄道のためにもなるし
一石二鳥で良いよ。なんだか楽しいし、
普段なにも出来ないちっぽけな自分が
人のためになにが出来るって気持ちがいい。




d0140869_20582217.jpg

PM13:00 終わったー




d0140869_2144861.jpg

激しい雪かきを物語る折れたスコップ。



d0140869_2161676.jpg

雪かきが終わった後はSL館の中で皆でお弁当食べます。駅のホームみたい!
私は大夕張鉄道の運転席(?)で食べた。なんか数倍美味しく感じたw
ツアーに参加すると記念品とお弁当、そして温泉入浴券が貰えて、バス御一行様は温泉へ行きましたとさ♪
いいツアーだなあ。飛び入りでも参加出来るっぽいので、是非やってみたいという方は来年一緒にやりましょう!

雪かきで一日が終わる。そんなバレンタインでした(爆)
参加された皆さん、お疲れ様でした!!


d0140869_23464722.jpg

それから2ヵ月半の、4月25日(日)
まだ雪深く残り木の芽も開かぬ夕張へ 春の支度をしに行きました。



d0140869_21215969.jpg

この日は大夕張鉄道の車体に冬の間かけていたシートを外す作業!




d0140869_2125340.jpg



チョキチョキしたら





d0140869_21252962.jpg

広げて



d0140869_21255052.jpg

畳んで



d0140869_21271178.jpg

保線車両の点検とか



d0140869_2131319.jpg

駅看板の取り付け



d0140869_21331260.jpg

お久しぶり懐かしい木造校舎の匂いー



d0140869_2134886.jpg

三菱鉱業バス(美鉄バス)のシートも。
三菱鉱業バス保存委員会三菱大夕張鉄道保存会は、別々の会だけど繋がっている模様w



d0140869_21381977.jpg

エンジン始動チェック



d0140869_2139639.jpg





d0140869_21392692.jpg

補助席かわゆい。かわゆいよ




d0140869_2140263.jpg

S・・(´∀`*)反対かわゆい



d0140869_2141568.jpg


謎の暗号



d0140869_21414875.jpg

AM10:00集合、PM12:20くらい解散。
今日の作業は8人による作業だったので、私は比較的見て写真撮ってるだけで良い状況でラクだったw
持ってったスコップだけは役に立ったようでなにより(笑)参加された会員の方々、お疲れ様でした!
そしてブログ仲間のベチさんも手伝いにいらしてくれまして、ありがとうございました!



d0140869_21443260.jpg

夕張に少しずつ春の足音が聞こえてきました。
次回は5月5日に大夕張鉄道保存会の総会があるので、また夕張南部へ来なくちゃだわ。
参加する会員の方は、おやつ代は300円までとのことです。

撮影:夕張 2010年2月14日、4月25日
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-04-27 21:49 | 大夕張
チャンプ救済プロジェクト!
d0140869_22503179.jpg

4月9日(金)、誕生日は自分の大好きな場所で春を眺めに行ってみっかな。
ということで、野を越え山を越えやってきましたここ!どこかニャー。




d0140869_2252339.jpg

ほんの少しですが、川辺にふきのとうが芽を出しはじめています




d0140869_2255567.jpg

札幌はもうほとんど雪も溶け、小樽も積雪0になってるんだけどね
でもまだまだこの場所は雪がタップリ残ってて・・そう、ここは豪雪地帯の空知、栗沢町万字。
好きだといいながら今年はまだ一回も来れてなかったんで、万字猫の様子を見にきたんです。



d0140869_2313363.jpg

いました。いつものメンバー(ブルー、クロ、チャンプ、マダラ、シロの5匹)は元気そう!今年も冬を越せて良かったね~
たまに餌を貰えているとはいえ、マイナス何十度にもなる集落の外で寝泊りしてるんだもの
この子達にとってここで冬を越すことは命がけ。。。
万字猫の過去記事はこちら


d0140869_0445138.jpg

中でもチャンプが一番人懐っこい。
元々チャンプは小さい頃に、心無い人間に見捨てられた可哀想な子。他の子達もそう。
面倒みてくれると思って置いていくらしいが、老人ばかりが住む限界集落地で誰が面倒みれるというの?
生活するのも大変な老人の方々に、動物の面倒を見ろと?
バスもない、車の運転も出来ぬ人達に、重い猫の餌を買いに行かせたい?
最低限の年金で暮らす人々から、これ以上出費するということがどれだけキツイことか。。
生まれたばかりの仔猫を置いてく人もいるという。ここら辺はキツネが多いので、
一晩で食べられてしまうのを知っててやってるのかな。そんなことする人は人間のクズだ。

1年前からチャンプは両耳脇に傷を負ってて、舐めることが出来ない位置なので
かさぶたになっては痒くなり引っかいて悪化するのを繰り返しててバイ菌も繁殖し、野良では完全に完治できない。
早めに亡くなってしまうかな・・今年の冬越せるかな・・と心配しつつも、昨年までどうにもできずにいた。
今年に入り、チャンプはまだ元気に暮らしていた。でも傷は変わらずに悪いままで・・それでも元気に過ごしていた。

万字に住む方々がチャンプを可哀想だ可哀想だと心配していたが、飼える環境もなく獣医さんも通えない。
ここは・・限界集落地。今はバスも通ってない。当たり前だがタクシーだって通らない。

万字の方々のチャンプへの想い、チャンプが生きたいという思い・・・・


d0140869_23462575.jpg

アタイが全て受け取った!!(゚∀゚)もう放っておけない!見てらんねぇ!w
私んちだってすでに2匹猫いて、はっきりいって余裕なんて全く無い。
昔は沢山飼ってたけどやっと減ってきて安心してたところで。。。
でもその分、服買わないとか贅沢しなければいいこと。
いつもは心の狭い私だが、誕生日を迎えて多少心が寛大なうちにやっとけって勢いで連れてきた(笑)
万字の近所のおばちゃんが、「思い立ったら吉日!ケース貸してあげるから!今持ってくるんで待ってて!」
とか言いながら、カブでブーンとゲージケースを届けてくれたりして。
いつも面倒見てくれてる郵便局のおばちゃんと近所のおばちゃんに、
かならずチャンプを元気にして戻すことを約束しました。
チャンプは札幌までの2時間、ずーっと鳴かずに大人しくしていたよ。


d0140869_23570100.jpg
連れてきた当日に病院直行したんだけど
その日に限って、先生の都合で17時閉まってて・・
私んちに連れてきたはいいが、
玄関のボイラーの壁の穴に入り込んで
出てこなくなって(;´Д`)
あんなところに穴が開いてたなんて!!
あれがもし縁の下に繋がってて外に出てしまったり
壁の中からずっと出てこないまま死んだらどうしようと
心配で寝れないわ、寝付けたと思ったら悪夢見るわ
目が覚めて又寝ても悪夢の続き見るわで
ほとんど寝れなかった・・

翌朝、どうしたらいいと母に電話などして気を紛らわす(笑
ん??猫たちがベットの下を覗き込んでるぞ??

「チ・・・チャンプー!!(゚゙Д´゚)」

どうやら私が悪夢にうなされてる内に出て来てたらしい。
良かったよ・・ほんとに良かった。全米が泣いた。



d0140869_0144142.jpg
さて10日(土)、さっそく午前中に病院へ。
検査したところ、耳ダニと回虫を持ってるとのこと。
耳の傷は相当ひどいので、獣医さんも険しい顔してた。
ダニのせいで悪化してるだけならいいけれど、
慢性化してて治っても又再発する可能性もあるし、
腫瘍になってたら手術せねばいけない可能性もあるとのこと。
まずはダニと回虫駆除の注射を打ち、
化膿止めの抗生物質の注射も打った。耳の中もきれいに掃除して。

あとはかさぶたが小さくなるまで様子を見るしかない。
完全に治るまでは何ヶ月もかかると思うけど、
気長に治していこうと思います。



d0140869_0235697.jpg
家に戻って。傷をかっちゃかないように首にカラーしてます。
これをしないと、薬だけあたえても絶対治せないのね。
野外でエリザベスカラーつけたら、事故起こして危険。
だからしばらくお家で療養。

うちの猫たちとも喧嘩せずに、なんとか過ごしてます。
最初はお互い警戒しあってたけど、
チャンプと同じ歳(5歳)くらいのメルクルは
鼻を付け合って挨拶も交わしてたから仲良くなれそう。
カッチーもメルクルも男好きだから、
メス猫じゃなければウエルカムらしい。
そんなガンガン女どもにチャンプは怯えてるけども・・
一日半が経ちましたが、チャンプの表情も穏やかになり
万字で見るような可愛い顔つきになってきた。





d0140869_0301360.jpg

やっと安心してくれたのかな。手足を伸ばしてくつろいでスヤスヤ寝ているよ。
ご飯も食べたり水も飲んで、もう猫トイレでするのも覚えた!賢い~☆
怪我も完治してないし、また何かの拍子に脱出してしまう心配もあるけど
何かあった時には心強いチャンプ救済プロジェクトメンバーH氏もいるので(*´艸`)



d0140869_035191.jpg

チャンプがまだ怪我してなかった時の、一番かわいい写真!(本部長さん撮影)
こんな元気になったら万字へ戻そうとは思ってます。でもやはり猫は人に飼われるのが一番幸せだから・・
もし里親になってくれる方がいるならば、声かけてください。
齧ったりかっちゃいたりしないし、必要以上に鳴いたりもしないし、本当に可愛いくてイイ子なんです。
元気になるまで責任もって治して、去勢もちゃんとして、里親さんへ届けたいと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-04-11 00:49 | 万字
道東1524キロの旅7 ~冬木立~
d0140869_22225236.jpg

見渡す限りの海と広がる荒野。
ここは海流によって運ばれた砂や小石が海岸から細長く堆積してできた延長28kmに渡る砂嘴(さし)であり、
ラムサール条約に登録されている日本最大の湿地




d0140869_22101386.jpg

野付半島に私はひとり佇んだ。面積6,146ヘクタール、たったひとりきり。
そこは立っていられないほどの強風が吹き荒れ、風に向かうと呼吸も出来ないほど・・
聞こえてくるのは荒れ狂う波の音と風の音。着ているダウンが風になびく音がバタバタと物凄い音を立て
あまりの恐怖に物凄く帰りたくなった。しかしどうしても見たい景色があった。
深い雪の中を、ひたすらスノーシューを漕いてゆく。



d0140869_22393517.jpg

トドワラ
100年以上前かつてこの地にはトドマツ原生林が広がっていたが、
海水面上昇や地盤沈降によって枯死、今も年々風化が進んでいます。
だがしかし長い年月の間、どんな強風や雨や雪に吹かれても逞しく立ち続けている
たとえ枯れていても・・・生きていた証を残そうと立ち続けている



d0140869_235142.jpg

いつか「この地にトドマツがあった」とされる日も遠くないだろう。
その前に見れて良かった。


生きていて良かった。



d0140869_2364633.jpg

心からそう思えた。


撮影:根室支庁野付郡別海町 2010年2月7日
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G



More・・・←この日の動画
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-02-22 23:27 | 道東
森山大道と夕張
d0140869_2332551.jpg

2009年8月22日(土)、夕張美術館。
7月11日~8月23日夕張美術館にて【森山大道写真展 北海道-序章】の展示が行われていて、8月6日に写真展を拝見
22日は座談会ということで森山大道さんが夕張に来るので、昨年お会いしてきたのです。

私が森山大道さんを知ったのは一昨年で、存在は知っていたのだけど作品などは見たことがなかった。
そして今回、森山さんが北海道を撮っていて現像せずにいたものを、30年ぶりに発表。
その発表した作品の中には、小樽、夕張、美唄、などなど私の好きな場所の風景が沢山記録されていて・・・
生活観溢れる情景、人のぬくもりや冷たさ、子供達がいて、動物がいて、自然があって。
当たり前の景色をあたりまえじゃなく研ぎ澄まされた感性で撮るその写真は、とても力強くて魅力的。
夕張の景色はとくに胸が熱くなりました。なので、森山さんと夕張で会うことは夢のようだった。


d0140869_23322858.jpg

夕張では市民が主役というのをモットーにしているとのことで、お客さんとお茶を飲みながら
森山さんとお話してもらいたいということで、お客さんのマニアックな質問からマニアックな質問まで(笑)、
1時間半ビッシリと丁寧に優しく答えてくれました。
でも夕張に触れてくる人がほとんどいなく・・私はマニアックな話はよくわからないし・・
我慢しきれなくなって、聞きたかったことを大道さんへ私も質問してみました。

夕張を写真に撮られた時代は森山さんにとって、とても魅力的な街だったかと思うのですが、
今、全く変わってしまった夕張を見て又写真を撮りたいと思いますか。という質問を・・

「撮りたいと思うよ。上の方にある飲み屋街とかも面白いと思うし、昔はあんな映画の看板なんか無かったから、
ああいうのも面白いと思うし。今でも夕張は好きだし魅力的だと思いますよ。」


森山さんが撮られた現在の夕張の作品をとても見たいので、それを見れる機会はありますか。ということも聞いてみたら、

「これから北海道を撮るので、夕張も撮るかもしれない。約束は出来ないけど、撮るかもね。」

というようなことを言ってくれました。
時が経って街が変わるのはしょうがないことなので、今ある風景を切り取ることが大切で、記録することが大切だと。
私が夕張をとても大好きで何年か前から撮っているというのを聞いて、

「じゃあ市役所にその写真いっぱい持ってて、記録を残してもらったらいいよ。
その代わり、何年も撮り続けなきゃだめだからね」


と、言われました。夕張は生きている間ずっと撮り続けていきたい街だと思ってるし、
森山さんに約束したからには実行します。何年か後に残しておいてもらえるように。
森山さんの口から、今でも夕張が好き。という言葉が聞けて、涙が出るほど嬉しかった。
写真はもちろん、生き方もかっこいいし、めちゃくちゃフレンドリーで紳士。
自分の親よりも年上の方だけれど、ほれてまうがなー(笑)
サイン会の時に、会場が暗くてスローシャッターだったけど気合で森山さんを撮らせてもらいました。
デジタルじゃなく、自分の愛機Nikon FE2でフイルムで。この記念すべき日の記録を残したくて。
幸せな一日でした。


d0140869_23464380.jpg

モノクロとかやらないと?(森山さん好きだから)とか言われるけど、
色の記録も自分には大切なのでやらないと思う。
森山さんと私の作風は全く違うけれど、私は私の撮り方で記録していこうと思ってます。

自分のための記録でもあり、誰かのための記録でもあり。
町並みはどんどん変わってゆくけれど、思い出とヤマは変わらず生き続けているかと。
だからそこにヤマがあるかぎり撮りたいと思うのです。
消えそうでも、息を吹きかければ赤く燃え上がると信じたいです。



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-12 00:03 | 夕張
| ページトップ |