Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:帯広 ( 11 ) タグの人気記事
Top▲ |
第59回勝毎花火大会2009  撮影8月14日
d0140869_22442135.jpg


ブルースカイ、ブルーシート。
ここは勝毎花火が開催される十勝川河川敷特設会場。高いお金払えばよく見える席買えるんだけど、即完売なるらしい。
でも有料席じゃなくても十分で、何日も前からブルーシートを敷いたりしてる人もいるんだけど私は当日の昼に来てみた。
勝毎花火という存在を知ったのは、カート仲間のnoridaのブログを見て。2007年。
翌年2008年は友達のニャンコが見に行って絶賛していた。
そして2009年。相方が都合よく帯広に住んでいるもんで(笑)見れることに相成りました。
相方は「ビルの上からでも見ればいんじゃない?」程度しか調べてくれなかったので、いざそのビルへ行ってみると、遠い・・
見るのも撮るのもどうにもならない距離だったのでしょうがなく会場へトボトボ行ってみると、昼でも意外に場所空いてるし!
風が東から西へ吹いていたので、風下にならないように東側へ1畳くらい開いてた良さげなスペースにブルーシートを敷いて、
家に帰って夕方まで寝て待ちました(日中気温31度もあるので外は危険w)前もって場所取りしておけるのは非常にいいです。
場所取ってから観光もできるしね。(中心街まで遠いけど)

会場へは車で行くと渋滞で死ぬ目に合うので、18:30くらいにチャリで会場へ向かった(7分程度)。


d0140869_23232246.jpg


【オープニングプログラム「Anniversary 90th」】
十勝毎日新聞創刊90周年を記念して、コンピューター制御のデジタルリンク花火で盛大にオープニング
風が非常に強くて、あまりシャッター開いておけないから苦戦(´゚ω゚`;)
花火に感動してか、「ありがとうー!」と叫んでる最初からクライマックスな人いたりして面白い。

第1部「十勝万雷の鼓動」は、平原太鼓と花火のコラボレーションで、私の席からはあまり見えなかった。
でもビジョンがあるので、それを見て楽しんでおりました。


d0140869_23315772.jpg

【第2部「古(いにしえ)の時の流れ・十勝の軌跡」】
アイヌ民族古式舞踊に始まり、全国有名煙火店製作の「芸術玉」、昔ながらの「和火(わび)花火」など、
十勝の歴史や花火の原点をテーマにしたプログラム。
d0140869_2333587.jpg

さくらんぼ。らしいです。


d0140869_23334212.jpg

特別プログラムで、全国で活躍する十勝出身の著名人から寄せられた「十勝大好きメッセージ」が放映されたんだけど
他の著名人が動画メッセージな中、千春だけが静止画でした。動画でコイヤーw



d0140869_23435265.jpg

【第3部「花火ファンタジアin十勝」】
音楽に合わせてプログラミングされた花火が次々と打ち上がり、幻想の世界を演出。



d0140869_23362719.jpg

ファイヤーファウンテン(炎の火柱)
人間の大きさから花火の迫力が伝わります。



d0140869_23503772.jpg

【第4部「自然と風土・十勝の歩み」】
壮大な十勝平野。これまで培われてきた歴史を、時代に沿って花火とナレーションで表現する創作プログラム。


d0140869_23491064.jpg




d0140869_23515130.jpg

【第5部「Re Frontier 美しい十勝へ」】
感動のグランドフィナーレを飾るのは、全長400m最大31カ所から、約10分間ノンストップで打ち上げられる圧巻の花火。



d0140869_2353614.jpg





d0140869_23532428.jpg





d0140869_23523175.jpg





d0140869_23535130.jpg





d0140869_23544184.jpg

クライマックスは、錦冠花火(にしきかむろ)が一斉に!



d0140869_23573798.jpg

すごすぎるわー。こんなすごい花火を無料で見れるなんて申し訳なくなる。勝毎新聞が購読できなくて残念だわ(笑)
動画などはこちらの公式サイトで見れます。

開始が19:30で終わったのが21:10。1時間40分の間、ずーっとスターマインを見続けたようなくらいの膨大な花火。
2万発の威力は絶大なる感動を与えましたw 
今回花火撮影なんてほとんどするつもりなかったけど、目の前で見れることになったんでしてみました。
夕張で失敗し、勝毎で更に勉強させてもらいました。。花火は場数こなしてなんぼですね。まだまだです(´゚ω゚`)
来年に向けて今回はいい練習になったな~。一番大活躍したのは、水準器(秘星置密基地製)でした。
が、最後は水準器見てる暇がなくって曲がってるけど。

来年も前日からとか頑張ってブルーシート敷きに行こう。見に来たい方はご一報下さいね。席用意しておくんで!
うちの友達なら相方のおうちに泊まりに来てもかまいませんです。
18万人の動員らしんだけど、席させとっておけば意外に快適。これくらいの混みようなら全然平気。
車で会場に来ないことと、当日移動しないこと(夕張から混むので、出るとしても朝6時には出発すること)、
現地までチャリで行く。水分取り過ぎない。などを実行すれば混雑なんて気になりません。
みなさんも是非、勝毎花火大会へ!来年は8月13日開催です。

camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-22 00:17
十勝晴れ
ジメジメした天気を忘れよう。

d0140869_21493451.jpg

お魚取って




d0140869_2232061.jpg

満開の桜がきれいだった




d0140869_2243130.jpg

下を見ればタンポポのじゅうたん




d0140869_2255084.jpg

上を見れば澄みわたる空。




d0140869_22101449.jpg

街に繰り出し




d0140869_22114394.jpg

下を見ればパトカー




d0140869_22122515.jpg

上を見ればデイジーダック。みたいなの。




d0140869_22154369.jpg

いろんなものが転がってて楽しい、帯広街撮り。




d0140869_22385827.jpg

幸せの白い鳩もいたよ~



d0140869_22455582.jpg

晴れたらいいね


camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-07-26 22:47
帯広をたべよう
d0140869_19202893.jpg

十勝川。



d0140869_19433487.jpg

釣りしてみました。海釣りはしたことあるけど川は初体験。



d0140869_19463284.jpg

釣れた!ブラウントラウト。私が釣ったんじゃないけど。
私は食べる気漫々だったんだけどw、可哀想なのでリリース。大きいの釣ったら食べようと思うんだ。美味しいらしいし。

そんなわけで、帯広行ったら昭和物件ばかり求めて彷徨って撮影してるわけではなく、美味しいもの食べに行ってみたりもしてる。
撮影モードじゃないから、撮ってる食べ物の画に心こもってなく見えるのはしょうがないんだと思いますw
せっかくグルメマニアに人気のある場所行ってるのだから、美味しい十勝も紹介しとかなきゃね。

d0140869_205347.jpg

もう超有名っすね。ユトリベルグの春駒チーズ
口に入れた瞬間にスッと溶けてしまうくらいフンワリした食感。濃厚なチーズなんだけど口溶けいいのでサッパリと何個でも食べれる。
解凍したらすぐに食べないと口溶け感失ってしまうほど繊細なスイーツなので、札幌へお土産に買って行くには厳しい。
1個120円。札幌のきたキッチンでは十勝酪乳(チーズ)タルトなら扱ってる。春駒チーズは通販でなら購入可能。


d0140869_20295887.jpg

ユトリベルグ HPはこちら
住所:北海道帯広市西17条南4丁目15-7 TEL:0155-33-0134 営業時間 AM9:30~PM7:30 定休日 水曜日




d0140869_20335249.jpg

こちらは六花亭、帯広本店限定で扱ってるサクサクパイ。1本100円。カスタードとチーズの2種類。
賞味期限3時間なので、買ったらすぐに食べないといけないので、お土産には無理。
サクサクパイの売りがサクサク感なだけあってサクサクしてて美味しかったけど、普通?

六花亭 本店 (ろっかてい)
住所 北海道帯広市西二条南9-6  TEL 0155-24-6666  営業時間 9:00~20:00 [喫茶室]10:30~18:00 定休日 無休



d0140869_20573527.jpg

こちらは、有名な高橋まんじゅう。創業28年の老舗。
まんじゅうは扱ってなくて、おやき、肉まん系、ソフトクリームを扱ってる。お客さんがひっきりなしに来てます。


d0140869_2135463.jpg

肉まんも、おやきも、ほんっと素朴なお味。どちらも1個100円。
アンコはもちろん十勝小豆で、変り種のチーズ味が塩味利いてて人気とのこと。出来立て食べると美味しいかもね~
どこにでもあるような味なんだけど、最近はこういう素朴で温かい味に飢えている人が多いのかもしれない。


d0140869_21104467.jpg

お店のおじさんやおばさんがとっても陽気で愛想いいので、気持ちよくお買い物できる。
どんなに忙しくても笑顔絶やさず接客することって、地元で愛される秘訣なんだと思う。人のいるところに人って集まるもんね。
高橋まんじゅう
住所:北海道帯広市東一条南5-19-4  営業時間 [月~土]10:00~21:00 [日・祝]10:00~20:00 定休日 水曜日




d0140869_21213849.jpg

スイーツの次は、お外deごはん。帯広の住宅街にある人気のお店、USAGI(うさぎ)



d0140869_21275059.jpg

ここを利用するのは二度目。古民家を改築して造られた店内が、とても落ち着くカフェなのです。
お店入って左にテーブル席があり、奥に座敷があるんだけど、私は座敷が好きなんでこちらしか利用してない。
けど、ランチタイムに行くと近所のおばちゃんが大人数で来てギャーギャーとデカイ声で喋ってうるさいから、
そういうのが気になる人はテーブル席のが落ち着きます。2度来て2度ともおばさんがうるさかったから結構いい雰囲気が台無し。


d0140869_21345522.jpg

メニューはこれの他にも結構豊富で、ケーキセットとかも美味しそうだったよ。


d0140869_21381154.jpg

おすすめは、うさぎ御膳。Aが780円で、Bはおかずプラス3品多くて1100円。私はいつもB御膳。
バランスよく色んなものが入っているので女性に人気。Bの方はおかずの量多いから結構ボリュームあるよ。
ごはんは白米と雑穀が選べて、雑穀は確か100円増し。男性にはごはん大盛りにしてくれるのが嬉しい(無料で大盛りです)


d0140869_21394644.jpg

2回目の時の献立。日によって内容がちょっと違うみたい。この日は、よしはる&あゆみ夫妻が遊びに来たので4人でのランチ♪
ランチ時間は人気あるんで、予約していくといいかもね。


d0140869_21455964.jpg

カフェ&ランチ USAGI  こちらで店内の様子を動画で見れたりメニューも全部見れます。
住所:北海道帯広市西六条南15-8  営業時間 11:00~21:30 定休日 月曜・第3火曜 駐車場 有
営業時間:[ランチ] 11:30~14:30(L.O) [ディナー]17:00~20:30(L.O ) [カフェ]AM11:00~21:30





d0140869_21554265.jpg

マニアの間で人気の、鶏の伊藤 (とりのいとう)に行ってきたよw
<鶏の伊藤 (とりのいとう)
TEL:0155-22-3076  住所:北海道帯広市西五条南28-2-8 営業時間 11:00~22:00 定休日 水曜日




d0140869_2223590.jpg

何年か前までは古い民家で、中が迷路のようになってて三角の部屋だったり面白かったとの話なんだけど、火事で燃えてしまったとか
そんで又古民家を改装して、外見は洋風だけど中は和風だったり洋風だったり、ローマだったりギリシャだったりしてました(笑)
あまりにも独特な雰囲気に押されつつ、



d0140869_2231710.jpg

鶏めし定食 700円を注文してみました。
鶏のそぼろがやけに甘いけれど、普通に美味しいんだと思います。量が多いと恐れられる鶏の伊藤だけど、これは普通だった。
相方がお腹空いてたらしく、何も知らずにご飯を大盛りで注文したら、



d0140869_2275229.jpg

おかずよりも大きなどんぶり(ラーメンどんぶりくらい)で大量白米が来て大ウケw
おかず少なく見えるけれど、ご飯がバカデカイだけなんで目の錯覚です。大きなチキンカツ2枚だから。
死にそうになって平らげてたけど、これ見てる人は、うかつに鶏の伊藤で大盛りを注文しないようにね。



d0140869_22124893.jpg

お次は、帯広と釧路にしか店をあえて出さないこだわりという、インデアンカレー
昭和43年にカレー屋をOPENしたというから、相当古いのです。
帯広市内に8店舗あり、帯広へCOCO一番が参入した時、勝てずに撤退したというw それくらい地元で人気の店らしい。


d0140869_2224532.jpg

インデアン ¥399 を持ち帰りました。安いね!
牛筋なども入ってて、かなりコッテリしてる。コッテリベタベタした口当たり。普通のルーカレーとは違った味わい。
美味しいのだけど味が濃いので、少し薄めたら丁度いいかも私はね。暑い日に食べたら元気になりそうな味でした☆


d0140869_2233666.jpg

最後は、ますやの白スパサンド。170円
マヨネーズであえたスパゲティサラダが挟まってる。もう、見た目通りの味!素朴なサラダパン~
16時くらいに買いに行ったら売り切れてて、翌日午前中に買いにいってもらいました。


d0140869_22382115.jpg

中身はミックスベジタブル、タマネギとソーセージがたっぷり入ってて、自家製マヨネーズとブラックペッパー(マスタードの味もする?)
1950年創業のますやにお嫁さんが来て、そのお嫁さん(現・社長)が考案したとか。
帯広のソウルフードと呼べる、なんとも優しい味で懐かしい感じでした。

ますやパン 本店 (満寿屋)
住所 北海道帯広市西一条南10-2-1  TEL 0155-23-4659  営業時間 8:00~18:00 定休日 年中無休



長くなってごめんなさい。他にも色んなもの食べてるんだけど、なかなか紹介できなくて(写真撮り忘れてw)
また色々食べてこようと思います。てなわけで行ってきます(まだ行ってなかったらしい)

撮影:帯広
機材:FinePix F30
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-06-11 22:45 | 道東
帯広で娯楽を ~昭和巡り 夜の顔~
d0140869_2149311.jpg

日が暮れ・・




d0140869_21515659.jpg

遊楽街に今日もまた夜が訪れようとしている。




d0140869_21595159.jpg

夜が来て、そしてまた朝が訪れ。毎日同じことの繰り返し。




d0140869_21592758.jpg

でも決して同じ日は1日たりとない。ここに存在している限り、この建物は生きている。
木が年輪をつけていくように、人が歳とともにシワが増えていくように、刻んだ年の数だけ老いや老朽化を増すが
その年齢、その年代にしか出せない美しさや味わいがあるということを見逃さないようにしなきゃ。。




d0140869_2271279.jpg

今宵も月が見ているわ




d0140869_226524.jpg






d0140869_2215939.jpg

昼間帯広を歩いてて、すっごく行きたい昭和娯楽施設があったので遊びに行ってみたよ。




d0140869_22283074.jpg

ビリヤードダイヤ
住所:北海道帯広市西6条南6-4-11  TEL:0155-23-9333 営業時間 10:00~0:00  駐車場 有 地図こちら
もうこの外観でやられちゃって(σ´∀`)店は2階なので、昼の間にやってるか確認して営業時間聞いて夜訪れました。
ステキ!なにこのフォントステキすぐるw


d0140869_22402226.jpg

1時間500円。ちなみに私はビリヤードはほとんどやったことないのでルールはもちろん、玉が上手く打てません。
そんなおバカな私でも、笑顔がとっても優しい店のおじさんがやり方教えてくれるので安心。
温かいお茶も出してくれるんだよ!感動☆


d0140869_22481036.jpg

今回はお友達に教えてもらいながら。ちょっと慣れたので、ジュースを賭けて勝負を挑む(笑)



d0140869_22514631.jpg

勝ちました(σ´∀`) もうハスラーになる日も近いです。




d0140869_22531782.jpg

フイルムで撮れなかったのは残念なくらい、店内は昭和に流行った時代のままのビリヤード場。
帯広にはスガイのビリヤードなどもあるので若い人はそっち行くんだろうけど、通はやっぱこっち派さ!
店の中にビッシリとマイスティックが置かれてるので、長く愛されてるんだろうなと思った。


d0140869_2256150.jpg

私があまりにも玉突きに興奮して疲れてきたので(笑)、ゲームは1時間半で終了。
その後のお楽しみが私にはあったので・・



d0140869_22574438.jpg

お楽しみとは、こちらの喫茶店。ビリヤード場に隣接してるダイヤ喫茶店。
ここがもう・・すばらしい店の佇まい。懐かしい何もかもが・・・おばちゃんが気さくで可愛らしくて♥
アイスティー注文したのにアイスコーヒー出てきたのが許せるほどw
「どこから来たの?」と聞くので、札幌から来ました。帯広のお友達のお家にお世話になってるんです~と言うと、
「ああ~そうかいそうかい、いっぱい利用させてもらいなさい( ´∀`)」とかってww
そういえば藤丸デパートで物産展やってて、花畑より断然美味しい
ノースプレインファームの生キャラメル
を私が買ってた時に売店のおばちゃんが
「1個だけでいいの?2個買って貰わなくていいの?!」と、隣にいる友達に聞こえるように言ったりして超ウケタ
そういうシュールな冗談って凄い好き( *´艸`)帯広の人って寛大だからシュールな冗談言っても怒らないんだろうな
私も接客業いっぱいしたから分かるけど、札幌の人ってツマンナイことに文句言う客多いんだよね。
だから十勝の人の大らかさとか明るさとか冗談言って笑いあえる環境が、スッゴク羨ましいと思った。


d0140869_2325895.jpg

話題が反れましたがw、この喫茶店の照明が物凄く可愛くてタマランのです。
このお店建てる時に作ってもらった特注の照明らしく。だから最低35年くらいは経ってるんだけど、色褪せず凄く綺麗。



d0140869_23275537.jpg

チューリップ型の他にも水色のもあって、色がきれいでなんてキュート!!おしゃれだわ・・部屋に飾りたい。




d0140869_2329346.jpg

店内はとっても清潔にされてて、この可愛らしい電球を見たらホコリ1つないのです。
お客さんがいない間もおじさんはビリヤード台や椅子を丁寧に拭いてて、
だから何十年も店内が老朽化し過ぎてないんだなと思いました。
喫茶店の方は22時くらいまで営業してて、昼もランチとかあるみたい。ビリヤードしなくても喫茶店として利用できます。
私達が帰るとき、二人して笑顔で「また来てね~」って言ってくれたのを今でも思い出して気持ちが温かくなる。

また来たい。

そう思えるお店って、いいね。


帯広街撮り、これにて終了です。長いことお付き合いありがとうございました<(_ _)>
次回は、十勝をさらに北上します。帯広は通過点でございますw十勝はまだまだ終わらない~

1~2枚目 camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100
3枚目以降 camera:Nikon D70
撮影(帯広のみ):2009年3月7、8、10日
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-06 23:37 | 道東
帯広で一杯 ~昭和遊楽街 昼の顔~
d0140869_1153868.jpg





d0140869_1183713.jpg





d0140869_1174971.jpg

1枚目の写真を撮ろうとしたらスナックのおばちゃんがたまたま店から出てきて、
「あっ!写真撮ってたんだ!ごめんね~!」って、笑顔で言ってくれて。
場末の昭和飲み屋街でも、帯広の人の日葵のような明るさに触れれる事が出来、
こっちも自然と笑顔になって気持ちよく撮影し歩く。街の人に元気を貰いながら歩く。



d0140869_1272822.jpg





d0140869_1281493.jpg





d0140869_1243353.jpg

帯広には何本もの昭和遊楽街通りがあって、どこも濃い。トイレしに外に出てきたおじちゃんに声かけられて、
「おっ!何撮ってるんだい?こう、下からローアングルで撮りなよ。ローアングルでね!!」と、撮り方指示してくれて。
言われる前にすでにローアングルで撮ってたので、おじさん写真をよくわかってるよw

また、元気を貰った。


d0140869_294118.jpg

一番好きな遊楽街。




d0140869_2134044.jpg





d0140869_211921.jpg





d0140869_2113046.jpg





d0140869_21393.jpg





d0140869_2132549.jpg






d0140869_2493580.jpg






d0140869_2213878.jpg

十勝晴れの下、昭和遊楽街は夜が来るのを毎日待ち 夜になると誰かが来るのを毎日待つ。
そんな当たり前のことが、当たり前じゃなくなる前に。



camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-04 02:38 | 道東
帯広街撮り ~街の片隅で 昭和の味を その4~
d0140869_0264962.jpg

はるにれの木を見に行こうとして見つけた、帯広市内の木ドアの床屋さん。
水色の看板が可愛いよー!サインポールも回ってたのが嬉しい。




d0140869_0325318.jpg

小さいくて細い!




d0140869_0342783.jpg

でも末広がりだったりして。




d0140869_0374234.jpg

帯広聖公会双葉幼稚園。
1911年(明治44年)に建設された帯広で最初の幼稚園。現存しているこの建物は二代目で1922年(大正11年)に建て直された。
ドーム型した屋根に八角形の遊戯室の周囲に教室を置き1室に立てば他の三つの部屋が見渡せるように設計してある木造園舎。
円形校舎に弱い私には素通り出来なかった。大正から昭和を越え、平成に至までこれだけモダンな建物が現役でいて素敵。
これは北海道文化遺産に指定されてます。木であまり見えてなくてすいません。


d0140869_1244349.jpg

櫻湯 昭和7年(1932)建築





d0140869_1252212.jpg






d0140869_1253729.jpg

櫻湯 モダンな銭湯。こんな温泉に入ってみたかったな。



もぐもぐタイム↓

d0140869_1272971.jpg

ラーメンの野球軒 
住所: 帯広市西1条南21丁目20  電話: 0155-25-3797
営業: 11:30~14:00 17:00~19:00 、日祝は昼のみの営業 定休: 不定休


ああ!なんて昭和な風情のあるラーメン屋さん!これはもう普通入りますよね。
店構えは古いけど店内はとても清潔で、ああ・・店内もちゃんと昭和だよ。。花柄のコップとか箸立てが苺柄だったりしてタマンナイ!
御夫婦で経営されてます。カウンターに、テーブル席が4つくらい?奥には座敷もあって広い。


d0140869_1362596.jpg

 【メンバー表】
7.正油人工芝 600円
11.正油ストライクラーメン 550円
14.塩ツーベースラーメン 750円
19.味噌ホームランラーメン 1000円
もやしストライクラーメン 600円
もやしツーベースラーメン 800円

etc・・・

メニューは、メニュー表じゃなくて、メンバー表と書いてあるの。番号が打順で、金額が背番号。なんかもう全てが面白すぎる。
メニューの下に、 “メンバーの説明は致しません”と注意書きしてあるんだけど、私の席からは観葉植物で見えなくてさ。
人工芝てのがどうしても気になって(笑)、店のおばちゃんに人工芝ってどんなのですか?って聞いちゃった。
でもちゃんと説明してくれたけどねwどんなのかはあえて書かないので、頼んでからのお楽しみに皆しればいいw



d0140869_1562089.jpg

もちろん普通の正油ラーメン500円もある。最初から冒険はしないw
とってもアッサリしてて王道な昔風ラーメン。飽きない味。麺は縮れ太麺で茹で上げの固さが絶妙に良い!柔らかすぎず固すぎず。
ラーメンのスープの味も大切だけど、麺の固さは美味しさを大きく変えるから大事↑




d0140869_151686.jpg

店の奥の部屋からフラ~~っと猫が出てきて私の近くに来た!
普段は絶対店に出てこないらしいんだけど、私が猫好きなのが分かったのか来てくれたみたい。
女将さんに「だめでしょ!出てきたら!」と怒られてたけど、可愛いから許可もらって抱っこさせてもらう。
野球軒の幻の猫見れた人はなかなかいないので貴重な瞬間でしたわ~
猫好きな人がわかるんだねーとか笑われながら、店主と女将さんと交流して楽しかった( ´∀`)
ちなみに、野球軒の名前の由来は、「うちの旦那が野球好きで、昔草野球やってたのよ~」とのこと。
今はもう引退したらしいけどね。好きな球団はとくにないらしい。野球ならなんでも好きみたいだよ(笑)

もう、丸松食堂といい、野球軒といい、帯広って長ーく地元民に愛された昔からある店があっていいなぁ。
みんなほがらかで明るいんだよね。すぐに仲良くなれちゃう感じで。なんだかそれがいい。


帯広街撮り ~街の片隅で~ おわり。

次回からは、帯広の飲み屋街編。帯広はまだまだ終わらない(笑)

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-02 02:19 | 道東
帯広街撮り ~街の片隅で その3~
d0140869_145402.jpg

帯広。昭和の時間で止まったままの味わいある景色が点在しています。
昔はどの家のお風呂も、このタイルばりで出来てたもんだっけ。
当時はどこにでもあった装飾なのに、今見るとレトロでオシャレでかわいく感じてしまう。



d0140869_1121047.jpg





d0140869_1111817.jpg

ariariさんのブログで見た東北のフィンガーチョコ風タイルとは、細長いんだけどやっぱ違うんだな。
木のドアに貼られた鋲打ちの板。なんかこういうの昔の歯医者さんの玄関で見た気がする。



d0140869_1124576.jpg






d0140869_115074.jpg






d0140869_1141883.jpg






d0140869_1171842.jpg






d0140869_1165836.jpg






d0140869_1175744.jpg






d0140869_1183887.jpg

帯広の街撮りをしてて、この池田バンビキャラメルに出会えたことが一番の悦びデシタ。
札幌であったとの情報を聞きつけ探したのにもう無くて、発祥の小樽でももちろんなくて、まさか十勝にいるなんて。
状態が悪いから売り物にもされないお陰でまだここにいれているバンビを見れたこと、ありがたく思いました。
やはりホーロー看板は古物店やオークションで売られているのを見るより、建物に付けられたままあってこそステキだものね。


camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-01 01:40 | 道東
帯広街撮り ~街の片隅で 小腹が空いたら その2~
d0140869_22415782.jpg

帯広小学校近くにある駄菓子屋さん。店内は6畳くらいの小さな店なんだけど、
こういう駄菓子屋さんも数少なくなってきてるので貴重だな。なぞのロボもおるし。駄菓子を大人買いしました。
私が苫小牧と札幌の小学校時通ってた駄菓子屋はもう全部潰れちゃったもん。



d0140869_2247526.jpg






d0140869_22485511.jpg






d0140869_22481079.jpg






d0140869_22555215.jpg

大衆食堂 丸松食堂
住所:帯広市東10条南5-2 TEL:0155-23-4652 営業時間/昼頃~21時 定休日/不定休
地図

1月下旬に釧路へ鶴(湿原号)を撮りに向かう国道38号線をまだ朝が明けるまえに走ってたら
THE昭和な佇まいの食堂が左の視界に入ってきた!その時は時間がなかったので通り過ぎちゃったけど、
運転しながら住所をメモっておいたので、帯広来た時に絶対調べようと思ってたとこなのです。



d0140869_22591347.jpg

店は地盤沈下したかのようになってて38号線から見ると1/4が地下に潜り込んでるから、それだけで私なんかは心躍らされてしまう。




d0140869_23335337.jpg

夜はもっとすごい!この哀愁がタマラナイ・・夜の雰囲気が好きなので、夜に食べに行きました。




d0140869_23383682.jpg

お店は物凄く気さくな女将さんが切盛りしてて、旦那さんも部屋の脇から手伝っております。
店内は8畳間くらいで狭いけど、とっても清潔。テーブル拭きすぎで色褪せるほど(笑)ベタベタなんてしてない。




d0140869_23412425.jpg

オススメは豚丼 750円 味噌汁も付きます。
グリンピースが泣かせるー。コッテリとした甘いタレがとてもご飯に合う。昔ながらのおふくろの味らしい(まだ私は食べてないの)


d0140869_2351339.jpg

醤油ラーメン 500円
とてもアッサリした、ごくごく普通の昔風ラーメン(中麺)で美味しかった~。やはり昭和ラーメンは普通に限る!
何回食べても飽きないからね。オムライスとかチャーハンなどもオススメみたい。




d0140869_235673.jpg

とにかく女将さんが元気で、TV見ながら一人でよく喋ってて可愛い。
この気さくさがライダーに人気らしく沢山訪れてるみたいだよ~。少し仲良くなるとチェキで写真撮ってくれる(笑)




d0140869_2359356.jpg

そんで思い出ノートに出来上がったチェキを瞬間接着剤で絶対取れないように貼ってくれるので
みんな思い出の一言を書いていくのです。そんな思い出ノートがいっぱいあって、見てたら楽しい。
昔はこの店の近くにNTT局があったみたいで、沢山の社員が昼食を取りに来ておばちゃんと親しくしてたみたい。
でも局が2007年12月に移転してしまっちゃうことになって、社員の方々は最後に女将さんへ感謝の額縁をあげたとのこと。
その額縁には沢山の写真と、「丸松食堂ありがとう!!」という言葉が書かれてて。
そんな想い出の品も飾られたりしてる店内なのね。実際行って見てもらいたいので、店内の写真はあまり載せません。
沢山の人に愛されている店、なんかいいね。



d0140869_031753.jpg

今の女将さんが昭和45年にこの店を継いだので、建築年数はもっといってると思う。
女将さんが45年に来た時から低い位置にあったらしく、店が先に出来て、その後に道路が出来たんじゃないかとのこと。
ただでさえ地盤沈下みたいなのに雪が積もると更に見えなくなる魅惑の丸松食堂。
帯広に来たら接客悪い○んちょとかじゃなくて、接客も心温まるおふくろの味な豚丼を是非食しに行ってみてください~
これぞ帯広のソウルフード!


1~6枚目
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100

7枚目~ FinePix F30
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-03-29 00:21 | 道東
帯広街撮り ~街の片隅で その1~
d0140869_23431184.jpg






d0140869_22521321.jpg






d0140869_22512750.jpg






d0140869_2312024.jpg






d0140869_232535.jpg






d0140869_2348036.jpg






d0140869_2334529.jpg






d0140869_2321462.jpg







d0140869_234699.jpg







d0140869_2342168.jpg




camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-03-25 23:41 | 道東
ああプリンス・帯広街撮り ~中心部繁華街その2~
d0140869_07372.jpg

ようこそ帯広へ。いえいえ、拙者決してミッキーマウスなどじゃございません。ただのスーツ着たネズミでございます。



d0140869_0142941.jpg






d0140869_0173010.jpg






d0140869_0181477.jpg

今でこそ規制緩くなったけど、一時期黒人差別用語になったこともある“黒んぼ”
ちびくろサンボの絵本ですら売られなくなったりした時代もあったね。そもそもそういうことする自体偏見だと思うんだが、
月日も経ち、今はそういう風習もなくなってきた。アメリカの大統領が黒人になる素晴しい時代へ。
昭和の頃、黒人のこけしとかが普通に売られてて、サンリオからもサンボ&ハンナとと、ビビンバという黒人キャラクターがあったのね。
私はビビンバが好きだった(笑)カルピスのマークや、TVアニメのジャングル黒べえなども大好きだったのに
見れなくて残念だったこともあった。そうした子供時代を思い出させる、懐かしい空間。


d0140869_0371215.jpg

ジャズ&カクテル 黒んぼ
住所:帯広市西3条南10丁目 TEL:0155-25-7090
営業時間:18:00~2:00  定休日:無休  席数:40席 駐車場:なし

昭和31年から52年続く、ジャズバー。今は三代目が店を継いでいるという。
たまにはこういう昭和のバーで美味しいカクテルなんか呑んでみたいもんです♪



d0140869_059289.jpg

パンダが流行った時代もありました。1972年、今から37年前。ランランとカンカンが日中国交正常化を記念して日本へ。




d0140869_0481058.jpg

生きてるってなんだろー 生きてるってなぁーに おにーちゃーん
いや、チョッキ着てるからスタン・ハンセン? 




d0140869_213268.jpg

このメス鹿の目線の遠い先に、オス鹿がいるんですよw 藤丸デパートから。




d0140869_142621.jpg

街の中にひっそりとあるプリンスストアー。ここでまだ営業しているお店が素晴しいんです。




d0140869_1101055.jpg

昭和レトロ・はいから館
住所:帯広市西1条南9丁目15 プリンスストア1F TEL:0155-26-0382
営業時間 11:00 - 18:30 仕入等で変更あり 定休日 火曜日(臨時休あり)

昭和グッズをかなり格安で売っているお店。店の中入ってかなり興奮したー懐かしいものだらけ・・グラスなどは300円くらい。
私はスピッツの置物を買った。



d0140869_195620.jpg






d0140869_134244.jpg

プリンスストアの2階にはプリンス劇場(CINEとかちの)という小さな小さな映画館があり、
今でも最新の映画からそうじゃないものまで幅広く上映している。
1953年開業、今から56年も経つこの映画館は、6年前に老朽化により閉鎖の危機に陥った。
だが十勝の映画愛好家が、地元の映画業者がなくならないためにも良質な映画を上映する場を持つ
自主上映サークル「CINEとかち」を立ち上げ、映写機を新しくし、115あった席を80席に減らしてゆとりを持たしたりして
札幌でならシアターキノのような存在の、親しみのある市民劇場として上映を続けている。
街の人々によって愛されて守られてる映画館があるなんて、なんだか嬉しい。どこの街もこういう気持ち忘れずにいてほしいです。
うわーここで映画見たい!とか思ったけど、その時上映してた映画が自分の趣味じゃなかったので諦めた(´・ω・`)
映画の日と木曜日はレディースデーで千円で見れるみたいなので、いつか見れるといいなー。
CINEとかち会員(3600円)になると3本の映画招待券がもらえて、尚且ついつでも1200円で見れるとか。




d0140869_282045.jpg

素敵な名前。君待。
たぶんスナック。今でも営業しているみたいです。





d0140869_2833.jpg

帯広っていいな。



次回は中心街からちょっと離れた場所を紹介します。

camera:Nikon FE2   lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-03-22 02:16 | 道東
| ページトップ |