「ほっ」と。キャンペーン
Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:十勝 ( 18 ) タグの人気記事
Top▲ |
道東1524キロの旅2 ~大空へ~
d0140869_20491297.jpg

十勝岳連山から源流が発し十勝川へ



d0140869_20412855.jpg

その十勝川へ どこからともなく集まる白鳥たち




d0140869_2127139.jpg

ついさっきまでは慌しく騒いでいたけれど




d0140869_21244232.jpg

陽があがると丸くなりおやすみしだします




d0140869_21285083.jpg

穏やかな風景が広がるけれど 寒さはおだやかではありません。人間って弱い生きもの・・ 



d0140869_2042945.jpg

過酷な中で生きる動物達のように 逞しく生きる力が欲しい。




d0140869_20513497.jpg

いつか飛びたてたら・・


撮影:音更 2009/2/4
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G
(道東写真は全てクリックすると1000×665になります)



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-02-15 21:52 | 道東
道東1524キロの旅1 ~けあらしに浮かびて~
d0140869_2314371.jpg

まだ夜が明けぬ頃、十勝川の白鳥飛来地へ訪れてみました。




d0140869_0333029.jpg

マイナス23度。手足も凍る中



d0140869_23221583.jpg

白鳥と共に日が上がるのを待ちます。




d0140869_2325159.jpg






d0140869_23264695.jpg

フロストフラワー(霜の華)-20℃以下で風も無く晴れた日などの条件でないと見れない冬のお花。
初めて見ました。薄氷の張った川の上に十勝川温泉の湯気が流れてくるので、それが結晶となったと思われます。
本当は近づいてマクロで写したかったのですが、私の場合レンズが凍って動かなくなり撮る事が出来ませんでした。無念



d0140869_001343.jpg

日が昇りはじめます




d0140869_03144.jpg






d0140869_043332.jpg





d0140869_0131444.jpg

大平原の社長、天国に一番近い温泉で朝風呂あびて。




d0140869_022251.jpg

昨年の今頃夕暮れも撮ったこの場所。冷え切った朝もいいもんですね。


場所:北海道河東郡音更町十勝川温泉 2010年2月4日
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
(道東写真は全てクリックすると1000×665になります)


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-02-14 00:29 | 道東
清水公園
d0140869_2320111.jpg





d0140869_23204385.jpg





d0140869_23215068.jpg





d0140869_2322236.jpg


camera:Nikon D40 lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-11-17 23:33
第59回勝毎花火大会2009  撮影8月14日
d0140869_22442135.jpg


ブルースカイ、ブルーシート。
ここは勝毎花火が開催される十勝川河川敷特設会場。高いお金払えばよく見える席買えるんだけど、即完売なるらしい。
でも有料席じゃなくても十分で、何日も前からブルーシートを敷いたりしてる人もいるんだけど私は当日の昼に来てみた。
勝毎花火という存在を知ったのは、カート仲間のnoridaのブログを見て。2007年。
翌年2008年は友達のニャンコが見に行って絶賛していた。
そして2009年。相方が都合よく帯広に住んでいるもんで(笑)見れることに相成りました。
相方は「ビルの上からでも見ればいんじゃない?」程度しか調べてくれなかったので、いざそのビルへ行ってみると、遠い・・
見るのも撮るのもどうにもならない距離だったのでしょうがなく会場へトボトボ行ってみると、昼でも意外に場所空いてるし!
風が東から西へ吹いていたので、風下にならないように東側へ1畳くらい開いてた良さげなスペースにブルーシートを敷いて、
家に帰って夕方まで寝て待ちました(日中気温31度もあるので外は危険w)前もって場所取りしておけるのは非常にいいです。
場所取ってから観光もできるしね。(中心街まで遠いけど)

会場へは車で行くと渋滞で死ぬ目に合うので、18:30くらいにチャリで会場へ向かった(7分程度)。


d0140869_23232246.jpg


【オープニングプログラム「Anniversary 90th」】
十勝毎日新聞創刊90周年を記念して、コンピューター制御のデジタルリンク花火で盛大にオープニング
風が非常に強くて、あまりシャッター開いておけないから苦戦(´゚ω゚`;)
花火に感動してか、「ありがとうー!」と叫んでる最初からクライマックスな人いたりして面白い。

第1部「十勝万雷の鼓動」は、平原太鼓と花火のコラボレーションで、私の席からはあまり見えなかった。
でもビジョンがあるので、それを見て楽しんでおりました。


d0140869_23315772.jpg

【第2部「古(いにしえ)の時の流れ・十勝の軌跡」】
アイヌ民族古式舞踊に始まり、全国有名煙火店製作の「芸術玉」、昔ながらの「和火(わび)花火」など、
十勝の歴史や花火の原点をテーマにしたプログラム。
d0140869_2333587.jpg

さくらんぼ。らしいです。


d0140869_23334212.jpg

特別プログラムで、全国で活躍する十勝出身の著名人から寄せられた「十勝大好きメッセージ」が放映されたんだけど
他の著名人が動画メッセージな中、千春だけが静止画でした。動画でコイヤーw



d0140869_23435265.jpg

【第3部「花火ファンタジアin十勝」】
音楽に合わせてプログラミングされた花火が次々と打ち上がり、幻想の世界を演出。



d0140869_23362719.jpg

ファイヤーファウンテン(炎の火柱)
人間の大きさから花火の迫力が伝わります。



d0140869_23503772.jpg

【第4部「自然と風土・十勝の歩み」】
壮大な十勝平野。これまで培われてきた歴史を、時代に沿って花火とナレーションで表現する創作プログラム。


d0140869_23491064.jpg




d0140869_23515130.jpg

【第5部「Re Frontier 美しい十勝へ」】
感動のグランドフィナーレを飾るのは、全長400m最大31カ所から、約10分間ノンストップで打ち上げられる圧巻の花火。



d0140869_2353614.jpg





d0140869_23532428.jpg





d0140869_23523175.jpg





d0140869_23535130.jpg





d0140869_23544184.jpg

クライマックスは、錦冠花火(にしきかむろ)が一斉に!



d0140869_23573798.jpg

すごすぎるわー。こんなすごい花火を無料で見れるなんて申し訳なくなる。勝毎新聞が購読できなくて残念だわ(笑)
動画などはこちらの公式サイトで見れます。

開始が19:30で終わったのが21:10。1時間40分の間、ずーっとスターマインを見続けたようなくらいの膨大な花火。
2万発の威力は絶大なる感動を与えましたw 
今回花火撮影なんてほとんどするつもりなかったけど、目の前で見れることになったんでしてみました。
夕張で失敗し、勝毎で更に勉強させてもらいました。。花火は場数こなしてなんぼですね。まだまだです(´゚ω゚`)
来年に向けて今回はいい練習になったな~。一番大活躍したのは、水準器(秘星置密基地製)でした。
が、最後は水準器見てる暇がなくって曲がってるけど。

来年も前日からとか頑張ってブルーシート敷きに行こう。見に来たい方はご一報下さいね。席用意しておくんで!
うちの友達なら相方のおうちに泊まりに来てもかまいませんです。
18万人の動員らしんだけど、席させとっておけば意外に快適。これくらいの混みようなら全然平気。
車で会場に来ないことと、当日移動しないこと(夕張から混むので、出るとしても朝6時には出発すること)、
現地までチャリで行く。水分取り過ぎない。などを実行すれば混雑なんて気になりません。
みなさんも是非、勝毎花火大会へ!来年は8月13日開催です。

camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-22 00:17
カメラの夏休み
d0140869_22545324.jpg


貴重な時間を渋滞で費やすのはまっぴらごめんだぜ!なので、ちょっと早い出発だけど今から帯広に行ってきます。
ひと気のないところで勝毎花火見て、日曜に十勝サーキットであるカート仲間のレース応援に行って・・
連休なのでどこに行っても混んでそうだし人ごみも嫌いだから、撮影しに行かずに近所で遊んでようと思います。
なんだか休みとあらばバタバタ出かけててのんびりしてるんだかしてないんだかわかりません。
たまにはカメラにも夏休みを!与えてはどうですか?w

来週の火曜には戻ってきます。また更新お休みしてすいません・・
夕張寄らずに帯広に行くのは初かも。
母さん・・なんだか僕眠くなってきちゃったよ・・・

でわ、いてきます=(。A。)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-13 22:54
力の限り生きてやれ ~十勝フイルム編~
d0140869_2259362.jpg




d0140869_231724.jpg




d0140869_23193879.jpg




d0140869_2321773.jpg

ナイタイ高原ツリーハウス


d0140869_234332.jpg



d0140869_2362892.jpg

十勝忠類村


d0140869_2365643.jpg



d0140869_237859.jpg


camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-10 23:16
はてしない大空と広い大地
d0140869_21573369.jpg



d0140869_21594820.jpg



d0140869_22152843.jpg



d0140869_22135916.jpg



d0140869_22122155.jpg



d0140869_22131961.jpg



d0140869_22463723.jpg



d0140869_2240472.jpg



お約束の、デッカイ青空のお土産持って帰ってきました(*´∀`*)

ママチャリレースメインで旅立ったので十勝の撮影は二日間くらいしかしなかったけれど、
お天気にも恵まれたので、これぞ大平原というのを満喫してきました。
相変わらずフイルム写真が好きなので、ネイチャーもフイルムで撮る試みを・・
まだ現像は出来てないけれど、どんな色が出てるのかしら。

2008.8/5
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II

More食い気
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-09 22:43
SAYONARA十勝
d0140869_21571549.jpg

写真の、ふるさと銀河線が走っていた鉄橋。一ヵ月後に見たら壊されて無くなってた。
興味のない人には邪魔な存在なのかもしれないけれど、沢山の思い出が走った大事な橋の1つと思うとシンミリしてしまう。
少しづつ開拓されていくのは時代と共にしかたがないことだけれど、そうなる前に思い出にひたりにいくのもいいと思うんだ。
幸せな時なら想い出振り返るのもそんなに辛くないよ(笑)
廃線になった今も、趣のあるステキな景色が広がっていることが分かったふるさと銀河線。またいつか訪れたいと思います。


d0140869_22123073.jpg

現役の駅にも趣あるところが沢山あります。池田町に行ったついでに、
根室本線の十弗駅を見に行ったら、駅前に郵便局があって。日曜なんで営業してなかったけど、シャッターがバンビだった!
すごいなぁ。郵便局でディズニー(風)使ってるのなんて見たことないけど、なんかとっても良いと思います。



d0140869_2254366.jpg

北海道七飯町には緑の新幹線(200系)がいるんだけど、十勝には青い新幹線(0系)がいるよ。 
北海道に新幹線走る前から新幹線wめっちゃめちゃ可愛かった!
昔の新幹線ってリアルで見ると芋虫みたいな顔してて可愛いんだね~びっくり。
この新幹線の持ち主にお会いしようとしたんだけどお留守で残念。



d0140869_22184851.jpg

帯広からの帰り道。とても気になる名前の街があったので寄ってみた。




d0140869_22211652.jpg

上川郡清水町御影
大正10年4月芽室村から分村独立し、35年間“御影村”として守り続けていたが、昭和31年清水町と合併。
名前の由来は産出される御影石(花崗岩)に因んでつけられました。御影。って、なんか寂しげだけど綺麗な名前だよね。
御影駅は根室本線です。



d0140869_22483698.jpg

wikiには“集落”なんて書いてあったけど、結構新しい住宅とかお店もあったりして人気(ひとけ)もあった。
このお店は町の中でも、唯一昭和感漂わせてていい感じで、最近じゃあまり見かけない屋根材の鉄板が
菱形葺き(ひしがたぶき)なのが可愛い。



d0140869_22504172.jpg

プレイボーイって懐かしいね。まゆげついてるけど(笑)



d0140869_22505627.jpg





d0140869_22524578.jpg





d0140869_2253380.jpg

御影を後にして・・



d0140869_22551532.jpg

そういえば私、ずっと昔から好きだった今は使われてない駅があるんだった・・ふと思い出して、
もう日は落ちたけれど、帰り道から少し脇道へ抜けてみる。



d0140869_2313599.jpg

富内駅(とみうちえき)
1922年(大正11年)~1986年(昭和61年)まで日高地方の鵡川~日高町を結ぶ82.5キロを走る富内線があった。
主に木材や鉱物資源等を輸送するために出来た鉄道。場所は、北海道勇払郡むかわ町穂別富内にあります。




d0140869_23182873.jpg





d0140869_23184394.jpg

駅舎の中は自由に入れるようになってて、当時使われた備品などが展示して見れるようになってる。
映画鉄道員(ぽっぽや)の撮影で富内駅の備品が使用されたりしたんだけど、
穂別の町中から結構離れた場所なので最近じゃあまり訪れる人もいないかも。
でも駅舎・プラットホーム・構内線路が国の登録有形文化財に指定されているので、壊されることなく大切に保管されてるから安心。



d0140869_2323353.jpg

私がなぜこの富内駅が好きかというと、宇宙へ延びるカタパルトレールがあるからです。
もう10年とか6年とか前だけど、何回も来てる。銀河鉄道999が好きとか鉄道が好きとかそういうんじゃなく、
なんだか夢があって素敵で。いつもは二人で来てたけど、今回は一人で来てみた(笑)
穂別に関しては色々思うこともあるし、もっと時間かけてこの駅を撮りたいと思うんで、またここも近々訪れようと思います。


穂別から夕張を抜けると、そこは吹雪きだった・・・・・


旧広尾線幸福駅から、帯広街撮り、旧ふるさと銀河線から、根室本線、そして旧富内線。
十勝の街撮りしに行った旅だったのに、思いがけず鉄のある風景を撮り歩くことになってた自分にびっくりしたけど、
いい風景に出会えたことがとても嬉しく楽しかった。


d0140869_23503244.jpg

道東自動車道トマムICにて。
十勝編。長くなりましたがこれにて終点です。御乗車ありがとうございました。


撮影期間:1月27~30日、3月7~9日
機材:FilmCamera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
DigitalCamera:Nikon D70 / FinePix S6000fd / FinePix F30
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-30 23:53 | 道東
知られざる愛の名水 ~うお座~
d0140869_22302972.jpg

上利別駅から7キロほど帯広へ戻ると、愛冠(あいかっぷ)駅があります。
開業したのは1946年で、愛冠にちなんで王冠の形した駅舎になったのは1977年。2006年4月21日廃止。
駅名の由来はアイヌ語の地名で「アイカップ・ピラ」(矢の届かぬ崖)からなんだけど、
愛冠が“愛カップル”とも読めることから、昔は愛国駅や幸福駅と並んでアベックに人気だったらしっす。
どんな駅か全然知らないで行ってみたら(国道に標識出てる)、駅舎が輪切りにしたリンゴみたいで可愛いい!
駅の両脇に大きな松の木と小さな松の木二本立ってて、この木がまたカップルみたいで仲良さそうに見えるのね。
かわいらしすぎるよふるさと銀河線愛冠駅。愛冠駅の切符がまだ十勝バスHPにて通販で買えるそです。


d0140869_23162042.jpg

小高い丘の上に駅があって、駅向かって左下に愛の泉という、真冬でもコンコンと湧き出てる水飲み場がある。
「愛カップ、手にして注ぐ不老泉。口づけすれば初恋の味」をキャッチフレーズらしーよ~
撮影終ったら飲んで行ったろう。とか思ってたのに、撮影終ったと同時に飲むこと忘れて帰ってしまた(;´д`)
後日また来る機会があったんで、その時は撮影じゃなく飲む為に愛冠駅に寄ったというのは秘密なんだけど、
みんなも飲んでみればいいと思うんだ(笑)


d0140869_23252993.jpg

愛冠の愛シリーズは木とか泉だけじゃないよ。駅前にある橋の名前が“ウェディングブリッジ”・・・



d0140869_23273121.jpg

ウェディングブリッジですよ奥さん。素敵過ぎやしませんかw
過去に愛冠駅で結婚式をあげたカップルがいるそうで。
私は仕事柄毎日の様に他人の結婚式見てるんで見飽きてるから、こういう所で二人だけの結婚式挙げるのは斬新でいい。
ここ周りに住居も無いし本当に誰も来ないし、式挙げる予定ないんだよね恥ずかしいしお金無いし。って人は、
YOUやっちゃいなよ愛冠駅で。ファーストバイトの代わりに、愛の泉でファーストドリンクやれるしな(笑)


d0140869_23371566.jpg

日が暮れてきました。




d0140869_23374681.jpg

ふるさと銀河線 愛冠駅。星座は、うお座。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100


ーデジタルカメラで番外編ー
d0140869_23382756.jpg

足寄キャラクター あゆむくん&あゆみちゃん




d0140869_23414041.jpg

陸別から大誉地の脇道にチラッと寄った時、、、



d0140869_23464763.jpg

放し飼いワンコに遭遇!他にも数頭放し飼いのワンコがいたんだけど、
この犬だけメッチャ元気で懐っこくてバッサバサで



d0140869_23491961.jpg

ビックリするほど可愛い・・・・・・・・・・・・・



d0140869_23494334.jpg

雑種サイコー 猫も犬も雑種が好き。この毛のバサバサ加減がたまりません。
撮らせてもらったお礼に、野菜スティック(イレブン)の大根をあげました。



d0140869_23512779.jpg

大誉地(およち)に愛に来てね!


さて次回で長期に渡った十勝編最終となります。最後まで乗車お願いします~
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-28 23:56 | 道東
街に愛され  ~おひつじ座~
d0140869_21553552.jpg

陸別町から20キロほど帯広方面へ戻った場所にある上利別という町がある。
上利別は林業が盛んで、製材所、駐在所、郵便局、国道沿いに小さな商店があって
大誉地と同じような集落だけど、学校などは隣町の足寄へ統合されちゃったので今は無い。



d0140869_21534022.jpg

変わった屋号のある立派なお宅。




d0140869_23161397.jpg





d0140869_21371796.jpg





d0140869_2158167.jpg





d0140869_21582499.jpg





d0140869_21583942.jpg

松の木が立派な祠。この時はまだ雪が深かった。




d0140869_2112769.jpg

この地には以前紹介した上厚内駅ぐらい風情ある木造駅舎があります。
ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃止で使われなくなってから3年経ち、これは昭和10年に建てられたものだけど
ただ古びてるというだけじゃない素晴しい風格のまま大切に保管されてる。


d0140869_23221929.jpg





d0140869_2224502.jpg

地元の方々の上利別での思い出の品が飾られてました。



d0140869_22264490.jpg

懐かしいストーブ。今はこういうストーブ見かけなくなってきたけど、学校とかでも昔こういうの使ってたよね。
ストーブ前の席だと暑くて眠くなるから、席替えの時もっとも嫌な席だったけ。



d0140869_2230153.jpg

地元の高校生が上利別駅やちほく高原鉄道を活性化させようと駅裏の壁に絵を描書いたとのこと。
逆光だったのであまり見えないけど、SLに動物達や足寄のマークの足が乗ってたりして。
子供達の思いが叶えられなかった切ない思いをこの駅からは感じる。どんだけ愛されてかというのも感じる。
これを書いた子供達は今社会人になり、たまにこの自分が書いた絵を見に来ることもあるんだろう。
そういう思い出の地を大切にしていって欲しいなと思います。想い出がまだカタチで残っていることって、本当大切だもね。


d0140869_2248235.jpg

広い詰所や宿舎なんかもちゃんとあった。中には入れないのでどれもが窓越しで撮影してるんだけど、
そう思えないほどの立体感やカビみたいな匂いがしそうなほどの質感。
こういうのってフイルムならではの表現なので好きです。もちろん素晴しい現像屋さんがいてこそ。
私がいつも現像を頼んでいるところは札幌の北旺写真株式会社と、小樽の小樽写真販売さん。
家からどんなに遠くても、ここでしか出さない。大切な写真は腕のある職人さんに仕上げて貰いたいもの。



d0140869_22381061.jpg

鉄路への思いを形にした様々な乗車促進イベントを展開したものの、残念ながら2006年4月20日廃線となってしまった。
元国鉄上利別駅長さんが、
「正確さと安全性だけではなく、駅を利用する人、向かい合って座った人同士が友達になれる温かさが鉄道の良さでした」
語る文章を見つけた。



d0140869_22511079.jpg

夕暮れが駅舎を黄金色に染める。



d0140869_22523850.jpg

上利別駅、星座はおひつじ座。私の星座です。
北海道広しとはいえ、豪雪で老朽化も早いからこれだけのステキな木造駅舎が残っているの場所は少ない。
もしこちら方面に足を運んだら、上利別駅に降り立ってみてください。


撮影:3月9日
機材:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-26 23:12 | 道東
| ページトップ |