Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
道東1524キロの旅20 ~街・花咲1~
d0140869_23292472.jpg

花咲駅に寄ろうと思い、花咲の街は通り抜けるだけだったのに・・・・




d0140869_23483320.jpg

丘の上から見下ろすだけで・・遠くから見るだけで・・その雰囲気に圧倒され
この先の予定なんかどうでもよくなるくらい夢中でシャッターを切る。
木造の家があちこちに点在していて、昭和にタイムトリップしたかのようだ。
こんな街、今まで見たことない。



d0140869_23594260.jpg






d0140869_01194.jpg

ロシア語が飛び交う。カメラを持って歩くことが、なんだかいつもより緊張します。





d0140869_042991.jpg







d0140869_073882.jpg







d0140869_054944.jpg






d0140869_010640.jpg





撮影:2月9日 根室市花咲港
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-29 00:20 | 道東
道東1524キロの旅19 ~波にうたれて~
旅立ってから三日目。もう宿は取っていないので、帯広へと帰らなければいけない日。
なのにもう午後12時をまわり(ラッコに夢中になりすぎた)、
15時には暗くなりはじめるので少し焦り気味で車を飛ばします。

d0140869_012697.jpg

花咲岬へ到着すると、さっきまで曇ってた空が急に青空に変わった。
しかし私が岸壁に降りてったのを見計らうかのように又曇りだしました。




d0140869_026779.jpg

ここは今から1憶3000万年~6500万年前(中生代白亜紀)に、海中で噴出した溶岩が
急速に冷えて固まってできた柱状の石で出来ているので、ゴツゴツと男らしい岩景色が広がってます。
今回の旅では、とにかく荒々しいものが撮りたくて来てます。
私は海が恐くてかなり嫌いなのでいつも山に逃げてるけれど、逃げてばかりもいられない!



d0140869_044143.jpg

モユルリ島と七つ岩
断崖絶壁のこの島は無人島で、絶滅危惧種のエトピリカやチシマウガラスなどの繁殖地。許可なく入れません。
昭和50年までは季節的に昆布漁をしに人が入っていたらしく、昆布を島の上に運ぶため馬を飼ってたとか
その時の馬が野生化し、いまでも放牧されたままノンビリと暮らしてるそうな。
あの島の彼方で馬が楽しそうに走り回ってる姿を想像すると、なんだか幸せそうでいいね。



d0140869_1125662.jpg






d0140869_155112.jpg






d0140869_1185292.jpg

たぶんこれが花咲灯台車石(ホイールストーン)
放射状の塊になっている玄武岩は世界的に珍しいらしく、天然記念物に指定されてます。
恐竜が絶滅した時期、溶岩が水中を流れこういう形状を生み出したという・・なんかロマン飛行~♪
なんていう余裕はこの時全くなかった。波が恐くて早くこの場所から立ち去りたくて、実はまともに車石見てない。




d0140869_135121.jpg

海は・・海はデカかった・・・・
また逃げてきてしまったよ。いつか克服できるのかな。





d0140869_1342017.jpg

街へ!


撮影:根室市花咲 2010年2月9日
(道東横写真は全てクリックすると1200×798になります)
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-27 01:42 | 道東
道東1524キロの旅18 ~奇跡の遭遇~
d0140869_21275873.jpg

納沙布岬でエトピリカグッズを買おうとしたけれど、まだ朝8時。
おみやげ屋開店まで2時間ほどあるので、なんだかお腹も空いてきたし6キロ戻った場所にある歯舞のコンビニへ。
せっかくなので、なにか良さげな風景のある場所でお弁当を食べようと、
昆布漁で有名な歯舞(はぼまい)漁港へ行ってみた。



d0140869_2130820.jpg

ボーっと、カモを眺めたり撮ったり弁当食べたり、



d0140869_21293437.jpg

オジちゃんを眺めながら撮ったり食べたりしてたら・・・




d0140869_21411015.jpg

えっ?





d0140869_21451772.jpg

えええええ!!??なんかこっち来たし!


ウワアアア!!



d0140869_21462837.jpg

ラッコオオオオオオオオオオ!!!




d0140869_21531742.jpg

しばし見つめ合い・・




d0140869_2154241.jpg

また泳いで行った。。



と、思った矢先!




d0140869_22133564.jpg

グルン!


チョ・・か・・かわいい・・・・



d0140869_21585338.jpg

漁港の中をプカプカと楽しそうに泳ぐラッコ。ぬいぐるみみたいだった!!ぬいぐるみ以外のなにものでもない!
奇跡の遭遇にボーゼンとしてしまいました。まさか歯舞漁港にラッコがいるとは・・
ここまで近い距離で当たり前に見れるもんじゃないらしいので、物凄いラッキーです。




d0140869_2224154.jpg

よくよく見たら、ラッコの足跡が陸にいっぱいついてました。
近くにいたおじさんもラッコの登場に驚いて、歩いてる姿も見たそうな。
撮影中に珍しくお腹が空いて(普段は撮影してるとお腹空かないのです)お弁当食べに来てなかったら
ラッコには会えなかったんだなあ・・自分のお腹の虫にとても感謝した瞬間でした。

道東でラッコを撮るという目的、無事に完了!この時は本当に心から嬉しかった。


撮影:根室市 2010年2月9日
(道東横写真は全てクリックすると1200×798になります)
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-22 22:13 | 道東
道東1524キロの旅17 ~遠く思い馳せる時~
d0140869_092650.jpg

日の出を拝んでから、納沙布岬から野生動物観察を。
遠くに見えるのは北方領土の歯舞群島のうちのひとつ、貝殻島に建つ貝殻島灯台で、
座礁の危険から船を守るために昭和12年に日本が建てました。
消灯を繰り返しているけれど、ロシアに占領されているので直すことも出来ず。
貝殻島は満潮時になると島が海に沈むので老朽化も激しそう。
年々傾いてきているので、これもいつか見れなくなってしまう日が来るんでしょうね。



d0140869_2115829.jpg

一番近い島まで約3.6kmという近い場所にいながら、その島に行けば命の危険もあり
貝殻島を望遠鏡で覗いて見ましたが、日ロ中間線がすぐそばにあるという緊張感が物凄く漲ってます。



d0140869_20373842.jpg

朽ちたロシアの座礁船。





d0140869_20482473.jpg






d0140869_20511739.jpg

ウミウかヒメウ




d0140869_20583356.jpg

ゼニガタアザラシ
小さくてすいません。これが私に出来る精一杯です(笑)クリックしてミテネ❤(それでも小さいけどw)
初めて生で見る哺乳類!!なんかすごい不思議・・普通に海で泳いでるなんて。
動物園とか水族館でしか見たことないのだもの。切り身でしか鮭を見たことない子供が、
生きてる鮭見て切り身じゃないことに驚くくらいの勢いで不思議(笑)

実は私、この日に納沙布岬で野生動物観察していた目的は、野生のラッコを見るためでした。
道東の旅の目的の三つ目が、1に街撮り、2にオオワシ、3にラッコ、だったのです。
納沙布岬でラッコがいるよ。という情報は得てたんで、どうしても見たくて。しかし、
視力2・0の眼力をもってしても、ラッコが見つからない・・ラッコだと思ったらゼニガタアザラシだったという。


d0140869_21104735.jpg

ヒメウの死肉を運ぶオジちゃん
弱肉強食が目の前で繰り広げられ、大自然の偉大さを肌で感じ、
その光景を見て尻込みし・・怖気づく。自分の心臓がノミ程度で情けなかったなあ。
弱い自分や強い自分に出会い葛藤しながら旅を続けます。



d0140869_2152912.jpg

納沙布岬の『祈りの火』は 強い風に吹かれても消えることなく灯り続けていました。

撮影:根室市 2010年2月9日
(道東横写真は全てクリックすると1200×798になります)
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-19 22:10 | 道東
道東1524キロの旅16 ~日本一早い日の出~
d0140869_1995538.jpg

AM6:12 納沙布岬
もっとも最東端に位置する納沙布岬では、日本で一番早い日の出が見れます。
この灯台は明治5年に点灯され、北海道で最古のものだそう。



d0140869_19282419.jpg

この日は日本一早く日の出を見てやろうと、はりきって早起きしたんだけど
日の出時間の6:11になっても太陽は雲に隠れ。

今日はだめかな~と思って諦め半分で待ってたけども・・



d0140869_20164198.jpg






雲の隙間から日の出が!





d0140869_2072772.jpg

太平洋が黄金に染まります




d0140869_19424391.jpg

でも太陽が顔を覗かせたのはたった5分程。




d0140869_19494254.jpg

またすぐに雲が覆い、暗い空になりました。
日本一にはなれなかったけど(笑)最東端で日の出見るのを楽しみにしていたから
見れて良かったです。


撮影:根室市 2010年2月9日
(道東横写真は全てクリックすると1200×798になります)
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-16 19:56 | 道東
道東1524キロの旅15 ~根室街撮り夜行~
d0140869_18263.jpg





d0140869_13426.jpg

夜の駅前通り。こちらの日中の駅前とは、また全然違った雰囲気に。



d0140869_2348082.jpg

かわいいでしょ。看板とか名前とか(笑
駅前にある大きなお宅のクリーニング屋さん。
外装は塗装きれいにしてあるけど造りが昔の構造でステキなのです。
根室駅降りたら注目してみてくださいね♪


d0140869_03753100.jpg






d0140869_020885.jpg

ロシアの方もお買い物に来ます。北方領土の近くにいるんだなあって実感しますね。





d0140869_0481265.jpg

夕方撮った場所と同じ場所にて。スナック街は夜になると怪しさが増すので好きです。
怪しい場所なんてないんだけどね。カメラぶらさげて歩いてる私が一番怪しいしね。



d0140869_0522183.jpg






d0140869_2392643.jpg






d0140869_0534433.jpg

だからどうしてパーマン




d0140869_132592.jpg

千鳥足で帰ろう 根室の夜は更けて


撮影:根室 2010年2月8日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-14 00:59 | 道東
道東1524キロの旅14 ~数千年の時が造りだす奇跡の島~
d0140869_20563661.jpg

街撮りを終え、根室の付け根に位置する春国岱(しゅんくにたい)へ
春国岱は、知床半島から海流が運んだ砂が約3000年前~1500年前にかけて形成され
年代の違う三列の砂丘で構成されている長さ8キロ、幅1.3キロの長大な砂州です。
海岸、湿原、干潟、針葉樹林など北海道の全ての自然の要素を集めたような場所だとか。
この路をずーっと歩いてゆくと、またとても感動的な景色が広がっているんでしょうね。
今回は時間もないので、夕日を見るためだけに訪れてます。



d0140869_2142090.jpg

奥に写るアカエゾマツの純林は砂丘に自生するものとして世界に2例しかない貴重なもので
3キロに及ぶ国内最大級のハマナスの大群落など、タンチョウやシマフクロウの繁殖地で動物達も沢山暮らしてる
ラムサール条約に登録されている湿地。アサリ貝の潮干狩りも出来たり。。
こんなに街に近い場所に手つかずの自然が広がっていることに驚きます。


d0140869_2113581.jpg

国内最大級の白鳥の飛来地らしいけれど
この日はツガイの白鳥だけが、のんびりと過ごしていました。



d0140869_20533584.jpg







d0140869_21454881.jpg






d0140869_21162215.jpg

日が落ちます。雲がかかり完全な夕日ではなかったけれど、
海のささやきが聞こえるのに、湖にいるような、森の中にいるような・・奇跡の島といわれる所以に触れ、




d0140869_21533187.jpg

不思議な時間(とき)を凄し、しずかに夜を迎えました。

撮影:根室市東梅 2010年2月8日
(道東横写真は全てクリックすると1200×798になります)
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX VR Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-11 21:33 | 道東
道東1524キロの旅13 ~根室のまち~
d0140869_15473497.jpg

道東の旅、今回の一番の目的は根室の街撮り。最東端の街を撮りたかったの!
ネイチャーの感動に触れることも楽しいのですが、
街の記録を残してくことが自分の写真をやる上での方向性なので欠かせません。



d0140869_16103895.jpg

梅ヶ枝町商店街通り
どこか懐かしい自分のふるさとのような風景を眺めノスタルジーなることで、幼少の頃のよき日へ戻り、
ネイチャー大自然の美しさや強さに触れては、未来への希望を見出す。そんな感じで精神的面もバランス取れている(笑
どんな昭和な風景が残っているのか、それを見つける楽しみでドキドキワクワク。街撮りは何よりも楽しい。



d0140869_1615589.jpg

汐見町




d0140869_16191631.jpg






d0140869_16195873.jpg

小樽の港町と同じ様に、根室は非常に高低差のある町並みでした。



d0140869_16174365.jpg

常盤町1にある角の靴屋さんの後ろには、何かに使われていたであろうかなり大きな建物。
学校だったのかな。根室幼稚園もあったそうだけど、今はやってないぽい。



d0140869_16592491.jpg

碓氷勝三郎商店(うすいかつさぶろうしょうてん)
創業明治20年(1887年)根室の老舗酒造です。
根室近辺で獲れる蟹を缶詰に加工することに成功、一代で大きな財産を得たらしく。
私はこの近くに宿取っててたので、たまたま通ってここの蔵を見たときは立派すぎてハッとした。
友達にここの日本酒ワンカップを土産で買いました(コップ欲しさに)それはまた別に紹介しますね。


d0140869_16584362.jpg

海に囲まれた根室。高い丘から海へと、なだらかに続く路は眺めがとてもいい。
いつも見慣れた大好きな小樽の風景とは全く違う隆起ある港町。函館ともまた違います。なのでとても新鮮。



d0140869_1712413.jpg

今日は定休日




d0140869_17303076.jpg





d0140869_17314048.jpg

立派な建築構造。根室では、まだ使えるのに壊して新しいものを建てるのではなく
昔の銭湯などを再利用した病院とか店が結構あった。それぞれに“~の跡地”という碑的なものも立ててあって
歴史を重んじるところは、さすが沢山の歴史著名人が訪れた町だからかなーと思うところです。



d0140869_18153769.jpg

根室駅前通り
左にある立派な建物は、また夜にもジックリ撮影してますのでのちほど。




d0140869_17385583.jpg

緑町商店街




d0140869_17395250.jpg





d0140869_1740565.jpg






d0140869_17401932.jpg

ねえどうしてパーマン




d0140869_17412742.jpg






d0140869_17425865.jpg

広小路商店街
この商店街はスナックなども多く、歓楽街が坂道に沿ってあるという風景がなんとも良かったなぁ~
私が今まで訪れた街の中では見たことがない。

日が長くなってきたとはいえ、15時をまわり始めた頃には日が落ちてきます。
完全に落ちる前に、夕日を写しに郊外へ移動しました。

撮影:根室 2010年2月8日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 
FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-10 18:10 | 街の記録
道東1524キロの旅12 ~奥行臼駅~
d0140869_218173.jpg

標津線が廃線になったのは今から21年前の1989年、
それから現役時代からほとんど変わらない状態で保存されているのが、この奥行臼駅です。
線路はこの駅舎の奥にありますが、駅舎の前にも線路があったため駅前が広々としてます。
標津線は標茶から根室標津、支線として厚床から中標津までを走っていた線路。



d0140869_21312458.jpg

暖かい日差しに照らされ、利用されなくなった駅とは思えぬ優しい佇まい。




d0140869_21355630.jpg

この地に育ち、そして去っていった人がもし又ここへ戻って来たとき
また会えた喜びに満ちるのではないかな。。そう思える場所です。




d0140869_21424385.jpg

奥行臼(おくゆきうす)の名前の由来は、アイヌ語で戦闘のあった場所という意味。
根室ポロモシリのアイヌと厚岸のアイヌが戦闘した場所だそう。




d0140869_21351125.jpg






d0140869_21513171.jpg






d0140869_2144628.jpg






d0140869_2244261.jpg






d0140869_21562649.jpg






d0140869_22411026.jpg

たとえ列車が走らなくても、心のレールにはいつまでも想い出を乗せた列車が走り続けています
古きをたずねて時の流れに触れれる。そういうSTATIONがあるっていいね。


撮影:野付郡別海町奥行臼 2010年2月8日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-08 22:24 | 道東
道東1524キロの旅11 ~奥行臼駅逓所~
d0140869_2141995.jpg

別海方面へ来て私的にやはり欠かせないものといえば、この奥行臼駅逓(おくゆきうすえきてい)。
根室へ行く前に寄って行きます。



d0140869_21152052.jpg

駅逓所は、北海道にまだあまり人が住んでいなく駅や汽車もない時代、
開拓のために来る人や旅人への宿を提供したり、人や馬を貸し出したり郵便の仕事も扱うなどしていた所とか。
北海道独自の宿駅制度で、開拓する上でとても大切な存在だったそうな。



d0140869_22575131.jpg

今から100年前の1910年に開設され、1918年には当時の様式崩さずに建て直されたらしいけども
それからこの状態を維持し続け現存してるって凄いよねぇ・・・



d0140869_22581853.jpg

冬季は見れないけど、5月からなら中に入り見学することも出来ます。




d0140869_2221052.jpg

駅逓の前には、倉庫や馬小屋などの建物。





d0140869_22262231.jpg







d0140869_2228276.jpg

歴史を感じますね。。ここから北海道の開拓が切り開かれていったのかと思うと歴史の重みを感じます。
この地域に住む方々はこの駅逓をとても大切にし誇りに思っているようで、保存することの大変さがありながらも
守り続けていてくれてるそうです。年に一度、奥行臼駅逓祭りというイベントも開催されてるとか。
冬もいいけど、やはり馬が草をはむような時期に訪れると又いい景色が広がっていそうな場所でした。



d0140869_22334868.jpg

明治43年に開設、昭和5年には鉄道の開通や開拓の終了と共に廃止され
北海道各地に238箇所あった駅逓所は、現存してるもので6箇所、記念碑だけは4箇所しかありません
北海道に住んでいながら知らぬことの多い私ですが、旅をしているとこういう歴史にも沢山触れれて
感動を得れることに喜びを感じます。

この奥行臼駅逓の前にある道路を挟んだところに、奥行臼駅も残っているのでそちらの方にも足を運んでみました。

撮影:野付郡別海町奥行臼 2010年2月8日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-03-06 22:47 | 道東
| ページトップ |