Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
小樽・鉄路・写真展2008ダイジェスト ~小樽~
今日、明日は小樽鉄路写真展の搬入日。
40人分の搬入が終わり、お客様に見てもらえる状態になるのは8月31日月曜からになります。
私は今年も80枚くらいの写真を飾るので、お時間ある方は是非見に来て下さい。
怪しいポストカードを無料で配布しております。枚数に限りがあるのでお早めにドゾ。
明日搬入で、ガンガンとトタンを叩いているかと。
そして月曜は昼くらいから寒くなる時間くらいまで会場でボーっとしてるので、遊びにきてね☆
くわしくは、こちら

昨年の作品、今日は小樽編。

d0140869_095979.jpg





d0140869_0104292.jpg





d0140869_011148.jpg





d0140869_0111747.jpg





d0140869_0113720.jpg





d0140869_0115263.jpg





d0140869_0123792.jpg





d0140869_0134150.jpg




d0140869_0125630.jpg





d0140869_0534172.jpg





d0140869_0131224.jpg





d0140869_013236.jpg





d0140869_015911.jpg

行き倒れパンダ。
昨年の鉄路展では行き倒れパンダの“仰向けバージョン”を展示しました。
    ↓

シュワルツネッガーも吐いた!行き倒れパンダ仰向けバージョン
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-29 00:22
小樽・鉄路・写真展2008ダイジェスト ~夕張・空知~
d0140869_0583450.jpg



d0140869_059393.jpg



d0140869_103315.jpg



d0140869_10617.jpg



d0140869_114844.jpg



d0140869_12981.jpg



d0140869_122534.jpg



d0140869_162424.jpg



d0140869_163929.jpg



d0140869_165214.jpg



d0140869_171859.jpg



d0140869_173339.jpg




やっと鉄路展の準備が80%ほど終わりました・・帰ってきたらまだまだやらねばいけないことがありますが、
そんなあわただしい中、今日から二泊三日空知の端っこでキャンプ旅行してきます。
コメントレス遅れてすいません。帰ってきたら必ずしますね♪
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-26 00:58
小樽・鉄路・写真展2009 開催のおしらせ
d0140869_01543.jpg

小樽の旧手宮線路の上で野外展示、今年で10年目を迎える小樽鉄路写真展の季節がやってまいりました。
私は昨年も出展させてもらったので今年で2年目。そのためにチョロチョロと撮影したりで準備に追われてて、
ブログの更新や皆さんのところへカキコミなどしに行けてなくて申し訳ございません(´゚ω゚`;)
明後日から二泊三日キャンプに行くので明日までには完成させないと!
一番大変な作業は、昨年の作品をトタンから外す作業でした(まだ外してなかったのかよ)

d0140869_0252332.jpg

・主催……小樽・鉄路・写真展 実行委員会
・会場……小樽市色内2丁目10番地 旧手宮線跡地
 (JR小樽駅より徒歩7分 小樽市民センター・マリンホール裏手 左記の地図をご参照ください)
・期間……2009年8月31日(月)~9月13日(日) 14日間
・時間……24時間 夜間照明あり(最終日 9月13日は17:00まで)
2週間、照明も完備されてますので24時間いつでも見れます。

昨年は30人ほどのアマチュアカメラマンが出展したけど、今年は40人に増えて見ごたえもありそう。

d0140869_0154898.jpg

こちらは去年の展示の様子。一番のおすすめの見かたは、皆が寝静まったころ
鈴虫の音色を聞きながら、ジックリと見てあるく。ほの暗い照明がムード満点なのでカッポレで来ると燃え上がれます。
とてもステキなデートスポットなんで、大好きな方とお越しください(は~と)
おひとりさまからでも楽しめます!!是非遊びに来て下さい!今年もポストカード用意して待ってます♪

去年の作品はインターネットで未公開のままだったので、来週開催の31日までの間に、ほぼ全部Upします。
小樽・夕張・岩見沢の3箇所の撮影したものを展示してました。まずは岩見沢から・・

d0140869_0321346.jpg



d0140869_0334496.jpg



d0140869_0331274.jpg



d0140869_0341267.jpg



d0140869_036234.jpg



d0140869_0361669.jpg



d0140869_0362842.jpg



d0140869_0364467.jpg



d0140869_0373494.jpg



d0140869_0374650.jpg


岩見沢じゃないけれど。
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-25 00:41
第59回勝毎花火大会2009  撮影8月14日
d0140869_22442135.jpg


ブルースカイ、ブルーシート。
ここは勝毎花火が開催される十勝川河川敷特設会場。高いお金払えばよく見える席買えるんだけど、即完売なるらしい。
でも有料席じゃなくても十分で、何日も前からブルーシートを敷いたりしてる人もいるんだけど私は当日の昼に来てみた。
勝毎花火という存在を知ったのは、カート仲間のnoridaのブログを見て。2007年。
翌年2008年は友達のニャンコが見に行って絶賛していた。
そして2009年。相方が都合よく帯広に住んでいるもんで(笑)見れることに相成りました。
相方は「ビルの上からでも見ればいんじゃない?」程度しか調べてくれなかったので、いざそのビルへ行ってみると、遠い・・
見るのも撮るのもどうにもならない距離だったのでしょうがなく会場へトボトボ行ってみると、昼でも意外に場所空いてるし!
風が東から西へ吹いていたので、風下にならないように東側へ1畳くらい開いてた良さげなスペースにブルーシートを敷いて、
家に帰って夕方まで寝て待ちました(日中気温31度もあるので外は危険w)前もって場所取りしておけるのは非常にいいです。
場所取ってから観光もできるしね。(中心街まで遠いけど)

会場へは車で行くと渋滞で死ぬ目に合うので、18:30くらいにチャリで会場へ向かった(7分程度)。


d0140869_23232246.jpg


【オープニングプログラム「Anniversary 90th」】
十勝毎日新聞創刊90周年を記念して、コンピューター制御のデジタルリンク花火で盛大にオープニング
風が非常に強くて、あまりシャッター開いておけないから苦戦(´゚ω゚`;)
花火に感動してか、「ありがとうー!」と叫んでる最初からクライマックスな人いたりして面白い。

第1部「十勝万雷の鼓動」は、平原太鼓と花火のコラボレーションで、私の席からはあまり見えなかった。
でもビジョンがあるので、それを見て楽しんでおりました。


d0140869_23315772.jpg

【第2部「古(いにしえ)の時の流れ・十勝の軌跡」】
アイヌ民族古式舞踊に始まり、全国有名煙火店製作の「芸術玉」、昔ながらの「和火(わび)花火」など、
十勝の歴史や花火の原点をテーマにしたプログラム。
d0140869_2333587.jpg

さくらんぼ。らしいです。


d0140869_23334212.jpg

特別プログラムで、全国で活躍する十勝出身の著名人から寄せられた「十勝大好きメッセージ」が放映されたんだけど
他の著名人が動画メッセージな中、千春だけが静止画でした。動画でコイヤーw



d0140869_23435265.jpg

【第3部「花火ファンタジアin十勝」】
音楽に合わせてプログラミングされた花火が次々と打ち上がり、幻想の世界を演出。



d0140869_23362719.jpg

ファイヤーファウンテン(炎の火柱)
人間の大きさから花火の迫力が伝わります。



d0140869_23503772.jpg

【第4部「自然と風土・十勝の歩み」】
壮大な十勝平野。これまで培われてきた歴史を、時代に沿って花火とナレーションで表現する創作プログラム。


d0140869_23491064.jpg




d0140869_23515130.jpg

【第5部「Re Frontier 美しい十勝へ」】
感動のグランドフィナーレを飾るのは、全長400m最大31カ所から、約10分間ノンストップで打ち上げられる圧巻の花火。



d0140869_2353614.jpg





d0140869_23532428.jpg





d0140869_23523175.jpg





d0140869_23535130.jpg





d0140869_23544184.jpg

クライマックスは、錦冠花火(にしきかむろ)が一斉に!



d0140869_23573798.jpg

すごすぎるわー。こんなすごい花火を無料で見れるなんて申し訳なくなる。勝毎新聞が購読できなくて残念だわ(笑)
動画などはこちらの公式サイトで見れます。

開始が19:30で終わったのが21:10。1時間40分の間、ずーっとスターマインを見続けたようなくらいの膨大な花火。
2万発の威力は絶大なる感動を与えましたw 
今回花火撮影なんてほとんどするつもりなかったけど、目の前で見れることになったんでしてみました。
夕張で失敗し、勝毎で更に勉強させてもらいました。。花火は場数こなしてなんぼですね。まだまだです(´゚ω゚`)
来年に向けて今回はいい練習になったな~。一番大活躍したのは、水準器(秘星置密基地製)でした。
が、最後は水準器見てる暇がなくって曲がってるけど。

来年も前日からとか頑張ってブルーシート敷きに行こう。見に来たい方はご一報下さいね。席用意しておくんで!
うちの友達なら相方のおうちに泊まりに来てもかまいませんです。
18万人の動員らしんだけど、席させとっておけば意外に快適。これくらいの混みようなら全然平気。
車で会場に来ないことと、当日移動しないこと(夕張から混むので、出るとしても朝6時には出発すること)、
現地までチャリで行く。水分取り過ぎない。などを実行すれば混雑なんて気になりません。
みなさんも是非、勝毎花火大会へ!来年は8月13日開催です。

camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-22 00:17
ゆうばり夏まつり2009  撮影8月8日
d0140869_1565739.jpg

北海道の七夕のこの日。昨年も参加した夕張の清水沢で開催される、ゆうばり夏まつりに行ってきました。
小樽鉄路写真展の撮影もかねて。去年も出展作品を撮りに夕張へ来たんだっけ・・車内で二泊三日したりして。


d0140869_2214894.jpg

ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ夕張猫たち




d0140869_230410.jpg

PM16:00から沢山屋台が出て、焼き鳥とかおでんとか食べながら夕張太鼓の演舞を観賞。
この頃は、雨ばかり続いていた。でも由仁や栗山までは曇っていたのに夕張へ入ると、とっても天気が良く暑いくらい。
絶好の夏まつり日和でした。




d0140869_2341356.jpg

夕張の若者たち。キレのある踊りを見せ、元気でかっこいい。




d0140869_2372548.jpg

PM18:30 夕張囃子阿呆踊り(ゆうばりばやしあほうおどり)スタート
昔夕張では、北海音頭と黒ダイヤばやしというのを2部構成で踊ったらしい。黒ダイヤばやしはこんな踊り
「夕張娘と黒ダイヤ~~ 心の底から燃え上がる~~」って歌詞が、なんとも甘すっぱい感じでいいね(笑)



d0140869_19353695.jpg





d0140869_2033242.jpg

とてもハイテンションな阿呆踊り。踊っている人も見ている人も、とても楽しんでいます。
私も参加してみたいんだけど、どうすればこの阿呆踊りチームに入れるのかわかりません・・w夕張に住まないとだめなのかな。



d0140869_2035741.jpg





d0140869_209525.jpg

日が落ち、まつりは尚一層盛り上がる!



d0140869_209209.jpg





d0140869_20101280.jpg

祭りはクライマックスへ。

夕張阿呆踊りの後は、今年で最後となってしまうという噂の花火大会。

d0140869_2054857.jpg





d0140869_20571323.jpg





d0140869_20572930.jpg





d0140869_20575120.jpg





d0140869_205861.jpg





d0140869_20582584.jpg


この日は全く風がなくて煙が流れないので空がモヤモヤしちゃってたけど、
これだけの規模の花火を夕張で見れることがなにより嬉しいからいい。
実は一眼デジタルカメラで花火を撮るのが初めてで、バルブ撮影の仕方は分かったのだけれど(D40はリモコンです)
絞り調節をするのウッコリ忘れてて、ずっとF6.5とかで撮ってた・・
長くシャッター開けると白飛びしすぎちゃうので、なんでだろうと思いながら最後まで気がつかずに終了('A`)うぁぁぁ


d0140869_21094.jpg


オーラスを迎えて・・また、来年も夕張で花火が見たいな!
読売新聞さんは3回花火大会を開催すると約束していたので、今年はその3回目だったのです。
だから来年も見れる可能性は低いんだよね・・
今年は不景気の煽りなのか昨年より花火の数減ってしまったけれど、年に一度、町中の人が集まり賑わいを見せるこの活気を見に
花火がなくなろうと訪れて、体に写真に記憶させていきたいなと思います。

札幌へ帰路につく路、月がとってもきれいでした。


camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-20 21:11
カメラの夏休み
d0140869_22545324.jpg


貴重な時間を渋滞で費やすのはまっぴらごめんだぜ!なので、ちょっと早い出発だけど今から帯広に行ってきます。
ひと気のないところで勝毎花火見て、日曜に十勝サーキットであるカート仲間のレース応援に行って・・
連休なのでどこに行っても混んでそうだし人ごみも嫌いだから、撮影しに行かずに近所で遊んでようと思います。
なんだか休みとあらばバタバタ出かけててのんびりしてるんだかしてないんだかわかりません。
たまにはカメラにも夏休みを!与えてはどうですか?w

来週の火曜には戻ってきます。また更新お休みしてすいません・・
夕張寄らずに帯広に行くのは初かも。
母さん・・なんだか僕眠くなってきちゃったよ・・・

でわ、いてきます=(。A。)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-13 22:54
三弦橋まで
今日、明日ある勝毎花火大会へ行くために帯広に行く予定だったのをやめました。
どうしても見ておきたいものがあったので・・

d0140869_9344066.jpg

シューパロダムが完成すると夕張のいくつかの町と共に水面下に消える三弦橋。
夕張を。炭坑を。仲間を。家族を。絆を繋ぐ架け橋は、あの時確かにそこにあった。記憶の底に沈む前に、再び…
それぞれの心に三弦橋はどう映るのか。
「さっぽろ市民文芸24号(2007年度版)」札幌市民芸術祭特別賞受賞作品をこの夏、
舞台芸術工房森の会(代表・赤川智保)が舞台化へ。

■作:青山郁子 演出:本山節彌
■出演:菅村敬次郎・青山郁子・穂咲めい・佐藤淳・原まどか・仲鉢勇一・他
 ダンス:赤川智保モダンバレエスタジオ 音楽:清水邦典
■日時:8月12日(水) 18:00~ アフタートーク+バックステージツアー
      13日(木) 18:00~ アフタートーク
    (開場は開演の30分前)
★バックステージツアーは限定先着30名!料金は無料!舞台美術、照明など、
普段は覗けない裏側を解説付きでご覧いただけます!お申込は事務局まで!
■料金:一般/前売 2,000円
       当日 2,500円
    教文ホールメイト/1,800円
■チケット取扱:教文プレイガイド、大丸プレイガイド、4プラプレイガイド
        7月15日発売開始
■お問合せ:TEL 090-1526-8093(中川千可子)
(以上、教文演劇フェスティバル公式ホームページより引用)


d0140869_9324081.jpg

2009.8/6撮影

あと数年でダムの底に沈んでしまう、大夕張森林鉄道夕張岳線第1号橋梁 三弦橋・・
世界で2つしかないこの橋は、技術的にも遺産価値のとてもあるものです。
この橋を題材にしたお芝居が見られるなんて、とても嬉しく思います。
この芝居に出演されているキャストの方々や台本を書かれた青山さんは、実際に夕張の地へ行き
空気を感じ、風景を目に体に焼き付けてきたそうです。
夕張の良さや空気は、写真で見るよりも、体で感じることでずっとずっとこの地の思いが強く伝わります。
その思いが胸に刻まれたお芝居。今からとても楽しみです。
昨晩まで勝毎花火行くかお芝居行くかかなり迷ってましたが・・今日、仕事終わってから見に行ってきます。
お時間のある方は、是非観にいって見てください。くわしくはこちら

d0140869_0425070.jpg


公演始まったとたん泣いてしまいそう・・序盤から泣いてる女いたら、それは私かもしれない(笑)
バスタオル持っていかなきゃ。
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-12 10:51 | 大夕張
力の限り生きてやれ ~十勝フイルム編~
d0140869_2259362.jpg




d0140869_231724.jpg




d0140869_23193879.jpg




d0140869_2321773.jpg

ナイタイ高原ツリーハウス


d0140869_234332.jpg



d0140869_2362892.jpg

十勝忠類村


d0140869_2365643.jpg



d0140869_237859.jpg


camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-10 23:16
はてしない大空と広い大地
d0140869_21573369.jpg



d0140869_21594820.jpg



d0140869_22152843.jpg



d0140869_22135916.jpg



d0140869_22122155.jpg



d0140869_22131961.jpg



d0140869_22463723.jpg



d0140869_2240472.jpg



お約束の、デッカイ青空のお土産持って帰ってきました(*´∀`*)

ママチャリレースメインで旅立ったので十勝の撮影は二日間くらいしかしなかったけれど、
お天気にも恵まれたので、これぞ大平原というのを満喫してきました。
相変わらずフイルム写真が好きなので、ネイチャーもフイルムで撮る試みを・・
まだ現像は出来てないけれど、どんな色が出てるのかしら。

2008.8/5
camera:Nikon D40
lens:Nikon AF-S DX zoom NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II

More食い気
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-09 22:43
いつフォト15 ~今日の本部長さん~
今日は、ゆうばり夏まつりがありまして。
そして夕張本町へ行くと、本部長さんとバッタリ会いました。

d0140869_122098.jpg

夕張猫「ねーねー。なんでその子ばかり撮るわけ~?私達も撮ってよ!ツケでもいいわよ!」



d0140869_1242772.jpg

夕張猫「お兄さん・・・・・私、先払いなのよね。」



d0140869_125722.jpg

顔ww




d0140869_142413.jpg

お代後のモデル立ち。



この物語はフィクションです。
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-08-09 01:34
| ページトップ |