「ほっ」と。キャンペーン
Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
SAYONARA十勝
d0140869_21571549.jpg

写真の、ふるさと銀河線が走っていた鉄橋。一ヵ月後に見たら壊されて無くなってた。
興味のない人には邪魔な存在なのかもしれないけれど、沢山の思い出が走った大事な橋の1つと思うとシンミリしてしまう。
少しづつ開拓されていくのは時代と共にしかたがないことだけれど、そうなる前に思い出にひたりにいくのもいいと思うんだ。
幸せな時なら想い出振り返るのもそんなに辛くないよ(笑)
廃線になった今も、趣のあるステキな景色が広がっていることが分かったふるさと銀河線。またいつか訪れたいと思います。


d0140869_22123073.jpg

現役の駅にも趣あるところが沢山あります。池田町に行ったついでに、
根室本線の十弗駅を見に行ったら、駅前に郵便局があって。日曜なんで営業してなかったけど、シャッターがバンビだった!
すごいなぁ。郵便局でディズニー(風)使ってるのなんて見たことないけど、なんかとっても良いと思います。



d0140869_2254366.jpg

北海道七飯町には緑の新幹線(200系)がいるんだけど、十勝には青い新幹線(0系)がいるよ。 
北海道に新幹線走る前から新幹線wめっちゃめちゃ可愛かった!
昔の新幹線ってリアルで見ると芋虫みたいな顔してて可愛いんだね~びっくり。
この新幹線の持ち主にお会いしようとしたんだけどお留守で残念。



d0140869_22184851.jpg

帯広からの帰り道。とても気になる名前の街があったので寄ってみた。




d0140869_22211652.jpg

上川郡清水町御影
大正10年4月芽室村から分村独立し、35年間“御影村”として守り続けていたが、昭和31年清水町と合併。
名前の由来は産出される御影石(花崗岩)に因んでつけられました。御影。って、なんか寂しげだけど綺麗な名前だよね。
御影駅は根室本線です。



d0140869_22483698.jpg

wikiには“集落”なんて書いてあったけど、結構新しい住宅とかお店もあったりして人気(ひとけ)もあった。
このお店は町の中でも、唯一昭和感漂わせてていい感じで、最近じゃあまり見かけない屋根材の鉄板が
菱形葺き(ひしがたぶき)なのが可愛い。



d0140869_22504172.jpg

プレイボーイって懐かしいね。まゆげついてるけど(笑)



d0140869_22505627.jpg





d0140869_22524578.jpg





d0140869_2253380.jpg

御影を後にして・・



d0140869_22551532.jpg

そういえば私、ずっと昔から好きだった今は使われてない駅があるんだった・・ふと思い出して、
もう日は落ちたけれど、帰り道から少し脇道へ抜けてみる。



d0140869_2313599.jpg

富内駅(とみうちえき)
1922年(大正11年)~1986年(昭和61年)まで日高地方の鵡川~日高町を結ぶ82.5キロを走る富内線があった。
主に木材や鉱物資源等を輸送するために出来た鉄道。場所は、北海道勇払郡むかわ町穂別富内にあります。




d0140869_23182873.jpg





d0140869_23184394.jpg

駅舎の中は自由に入れるようになってて、当時使われた備品などが展示して見れるようになってる。
映画鉄道員(ぽっぽや)の撮影で富内駅の備品が使用されたりしたんだけど、
穂別の町中から結構離れた場所なので最近じゃあまり訪れる人もいないかも。
でも駅舎・プラットホーム・構内線路が国の登録有形文化財に指定されているので、壊されることなく大切に保管されてるから安心。



d0140869_2323353.jpg

私がなぜこの富内駅が好きかというと、宇宙へ延びるカタパルトレールがあるからです。
もう10年とか6年とか前だけど、何回も来てる。銀河鉄道999が好きとか鉄道が好きとかそういうんじゃなく、
なんだか夢があって素敵で。いつもは二人で来てたけど、今回は一人で来てみた(笑)
穂別に関しては色々思うこともあるし、もっと時間かけてこの駅を撮りたいと思うんで、またここも近々訪れようと思います。


穂別から夕張を抜けると、そこは吹雪きだった・・・・・


旧広尾線幸福駅から、帯広街撮り、旧ふるさと銀河線から、根室本線、そして旧富内線。
十勝の街撮りしに行った旅だったのに、思いがけず鉄のある風景を撮り歩くことになってた自分にびっくりしたけど、
いい風景に出会えたことがとても嬉しく楽しかった。


d0140869_23503244.jpg

道東自動車道トマムICにて。
十勝編。長くなりましたがこれにて終点です。御乗車ありがとうございました。


撮影期間:1月27~30日、3月7~9日
機材:FilmCamera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
DigitalCamera:Nikon D70 / FinePix S6000fd / FinePix F30
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-30 23:53 | 道東
知られざる愛の名水 ~うお座~
d0140869_22302972.jpg

上利別駅から7キロほど帯広へ戻ると、愛冠(あいかっぷ)駅があります。
開業したのは1946年で、愛冠にちなんで王冠の形した駅舎になったのは1977年。2006年4月21日廃止。
駅名の由来はアイヌ語の地名で「アイカップ・ピラ」(矢の届かぬ崖)からなんだけど、
愛冠が“愛カップル”とも読めることから、昔は愛国駅や幸福駅と並んでアベックに人気だったらしっす。
どんな駅か全然知らないで行ってみたら(国道に標識出てる)、駅舎が輪切りにしたリンゴみたいで可愛いい!
駅の両脇に大きな松の木と小さな松の木二本立ってて、この木がまたカップルみたいで仲良さそうに見えるのね。
かわいらしすぎるよふるさと銀河線愛冠駅。愛冠駅の切符がまだ十勝バスHPにて通販で買えるそです。


d0140869_23162042.jpg

小高い丘の上に駅があって、駅向かって左下に愛の泉という、真冬でもコンコンと湧き出てる水飲み場がある。
「愛カップ、手にして注ぐ不老泉。口づけすれば初恋の味」をキャッチフレーズらしーよ~
撮影終ったら飲んで行ったろう。とか思ってたのに、撮影終ったと同時に飲むこと忘れて帰ってしまた(;´д`)
後日また来る機会があったんで、その時は撮影じゃなく飲む為に愛冠駅に寄ったというのは秘密なんだけど、
みんなも飲んでみればいいと思うんだ(笑)


d0140869_23252993.jpg

愛冠の愛シリーズは木とか泉だけじゃないよ。駅前にある橋の名前が“ウェディングブリッジ”・・・



d0140869_23273121.jpg

ウェディングブリッジですよ奥さん。素敵過ぎやしませんかw
過去に愛冠駅で結婚式をあげたカップルがいるそうで。
私は仕事柄毎日の様に他人の結婚式見てるんで見飽きてるから、こういう所で二人だけの結婚式挙げるのは斬新でいい。
ここ周りに住居も無いし本当に誰も来ないし、式挙げる予定ないんだよね恥ずかしいしお金無いし。って人は、
YOUやっちゃいなよ愛冠駅で。ファーストバイトの代わりに、愛の泉でファーストドリンクやれるしな(笑)


d0140869_23371566.jpg

日が暮れてきました。




d0140869_23374681.jpg

ふるさと銀河線 愛冠駅。星座は、うお座。

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100


ーデジタルカメラで番外編ー
d0140869_23382756.jpg

足寄キャラクター あゆむくん&あゆみちゃん




d0140869_23414041.jpg

陸別から大誉地の脇道にチラッと寄った時、、、



d0140869_23464763.jpg

放し飼いワンコに遭遇!他にも数頭放し飼いのワンコがいたんだけど、
この犬だけメッチャ元気で懐っこくてバッサバサで



d0140869_23491961.jpg

ビックリするほど可愛い・・・・・・・・・・・・・



d0140869_23494334.jpg

雑種サイコー 猫も犬も雑種が好き。この毛のバサバサ加減がたまりません。
撮らせてもらったお礼に、野菜スティック(イレブン)の大根をあげました。



d0140869_23512779.jpg

大誉地(およち)に愛に来てね!


さて次回で長期に渡った十勝編最終となります。最後まで乗車お願いします~
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-28 23:56 | 道東
街に愛され  ~おひつじ座~
d0140869_21553552.jpg

陸別町から20キロほど帯広方面へ戻った場所にある上利別という町がある。
上利別は林業が盛んで、製材所、駐在所、郵便局、国道沿いに小さな商店があって
大誉地と同じような集落だけど、学校などは隣町の足寄へ統合されちゃったので今は無い。



d0140869_21534022.jpg

変わった屋号のある立派なお宅。




d0140869_23161397.jpg





d0140869_21371796.jpg





d0140869_2158167.jpg





d0140869_21582499.jpg





d0140869_21583942.jpg

松の木が立派な祠。この時はまだ雪が深かった。




d0140869_2112769.jpg

この地には以前紹介した上厚内駅ぐらい風情ある木造駅舎があります。
ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃止で使われなくなってから3年経ち、これは昭和10年に建てられたものだけど
ただ古びてるというだけじゃない素晴しい風格のまま大切に保管されてる。


d0140869_23221929.jpg





d0140869_2224502.jpg

地元の方々の上利別での思い出の品が飾られてました。



d0140869_22264490.jpg

懐かしいストーブ。今はこういうストーブ見かけなくなってきたけど、学校とかでも昔こういうの使ってたよね。
ストーブ前の席だと暑くて眠くなるから、席替えの時もっとも嫌な席だったけ。



d0140869_2230153.jpg

地元の高校生が上利別駅やちほく高原鉄道を活性化させようと駅裏の壁に絵を描書いたとのこと。
逆光だったのであまり見えないけど、SLに動物達や足寄のマークの足が乗ってたりして。
子供達の思いが叶えられなかった切ない思いをこの駅からは感じる。どんだけ愛されてかというのも感じる。
これを書いた子供達は今社会人になり、たまにこの自分が書いた絵を見に来ることもあるんだろう。
そういう思い出の地を大切にしていって欲しいなと思います。想い出がまだカタチで残っていることって、本当大切だもね。


d0140869_2248235.jpg

広い詰所や宿舎なんかもちゃんとあった。中には入れないのでどれもが窓越しで撮影してるんだけど、
そう思えないほどの立体感やカビみたいな匂いがしそうなほどの質感。
こういうのってフイルムならではの表現なので好きです。もちろん素晴しい現像屋さんがいてこそ。
私がいつも現像を頼んでいるところは札幌の北旺写真株式会社と、小樽の小樽写真販売さん。
家からどんなに遠くても、ここでしか出さない。大切な写真は腕のある職人さんに仕上げて貰いたいもの。



d0140869_22381061.jpg

鉄路への思いを形にした様々な乗車促進イベントを展開したものの、残念ながら2006年4月20日廃線となってしまった。
元国鉄上利別駅長さんが、
「正確さと安全性だけではなく、駅を利用する人、向かい合って座った人同士が友達になれる温かさが鉄道の良さでした」
語る文章を見つけた。



d0140869_22511079.jpg

夕暮れが駅舎を黄金色に染める。



d0140869_22523850.jpg

上利別駅、星座はおひつじ座。私の星座です。
北海道広しとはいえ、豪雪で老朽化も早いからこれだけのステキな木造駅舎が残っているの場所は少ない。
もしこちら方面に足を運んだら、上利別駅に降り立ってみてください。


撮影:3月9日
機材:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-26 23:12 | 道東
しばれる街でⅡ   撮影3月9日
d0140869_0112423.jpg

広い地区にポツンポツンとレトロな風景がある陸別。古すぎず新しすぎず。



d0140869_0242553.jpg






d0140869_0233220.jpg






d0140869_025687.jpg

丸石モータース




d0140869_0272268.jpg

エイコ美容室。どちらも営業されてて、この街に溶け込んでましたわ。
床屋さん系は結構まだ営業されてる店が多いよね。おばあちゃんがタクシー乗り付けて髪切りにきてた。




d0140869_0254260.jpg






d0140869_0261925.jpg





d0140869_0324257.jpg

シュール



d0140869_0264993.jpg

シュールな画が続きますw なんて芸能人だかわからないなぁ。私の知らない年代の芸能人かも。



d0140869_0343168.jpg

国道242号線を挟むようにして広がる足寄郡陸別町。
春が近づいて冬の厳しさが去り、おだやかで平和な風景がそこにはありました。




d0140869_0495130.jpg

また遊びに来ようと思います。ふたご座の街へ・・


さて、暗くならないうちに帰路へと向かう。寄り道しながら・・・

camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-24 00:50 | 道東
しばれる街でⅠ ~ふたご座~
d0140869_2234893.jpg

雪の下で眠る線路。
足寄町大誉地を後にし、次なる場所は日本一しばれる町。この日の目的は陸別の街撮りでした。



d0140869_043914.jpg

街撮りの前に、ふるさと銀河線の車両を見に行ってみた。
2006年に廃止になった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線なんだけど、昨年2008年に陸別だけが復活☆
車両も動かせるようにして、一般客にも鉄道を運転することが出来る。本格的な運転で2万。体験コースで2千円。
今年の営業は4月下旬から。この日はまだ3月だったから見るだけ。見るだけでも駅に入れる。道の駅と合体してるから勿論無料。
興味ある人はこちらを。シーズンONになったら駅弁とかも売られるみたい!是非買いにいく!運転もするし。


d0140869_0321385.jpg

鉄郎かわいい。新しいバージョンのカッコイイ鉄郎じゃないのがまたいい。
この車両はイエローバージョンとホワイトバージョンがあって、メーテルの髪の色が黄色いか白いかで区別。
廃車両になるところを、こうやって観光名物にしながらも歴史を守っている陸別っていいなと思います。
陸別にきたのは2回目で、1回目は15年くらい前。陸別サーキットへオフロードレース見に行ったのね。


d0140869_23141966.jpg

15年前の写真出てきた。パノラマ・・(笑) (クリックすると少し大きく見れます)
パノラマってだけで十分昭和。札幌からだと片道5時間かかるんでとても遠かったけど、帯広からならすぐだった(私の感覚で)
この地ならではの観光に力入れてて素晴しい。もっと近かったらサーキットにいつも見に行きたいくらい。
優勝者を当てるゲームがあって景品当たるの。それが面白かった。見てる人にも参加できるイベントっていいなと。思った次第W


d0140869_212044100.jpg

幌比内(ほろびない)駅は架空の駅。




d0140869_21391815.jpg

陸別に来ようと思ったのは、この屋号のある木造モルタル建築を、たまたまネットで見かけたので。



d0140869_2140766.jpg

これだけのために来て良かったねと思えるくらいなんともいえない緑色。
こういうのって沢山の年月が経たないと出ない味わい色なのです。


d0140869_2214161.jpg





d0140869_2145957.jpg

軽トラみたいだけど、1982年製 排気量1000のジムニー(SJ40)。
国内では、発売からわずか2年余りで後継車のジムニー1300が発売されちゃったので、ジムニーの長い歴史の中でもレアモデル。
スノープラウ付けられて、除雪車として陸別で大活躍してるようだ(笑)
私が乗ってるジムニーはJA11(1993年製)。中古で買ったのは1999年で、私はそれから10年乗ってる事になる。
こいつがいないとだめなんだ。かわいいよ。



d0140869_22171384.jpg

山口整骨院



d0140869_2219696.jpg

この日(3月9日)は石狩地方なんかは吹雪いてたりしたけど、十勝はやっぱり気候がいい。
冬はマイナス30度になる陸別も、この日はとっても穏やかでプラス12度くらい。北海道人なら歩いてると汗ばむ陽気。
気持ちがいいのでまだまだ歩きます。

明日につづく。
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-22 00:41 | 道東
遠い銀河の街で ~おうし座~
d0140869_1955416.jpg

忘れた頃にまたやってくる十勝シリーズ(笑)
ビッシリ(熱心に。といいますw)撮っているのですぐには終りません。簡単に行ける場所ではないし、
誰かが行ってくれるのを待ってるうちに無くなってしまうかもしれない。だからしっかり撮ってこないと・・
幸福駅を出発し、帯広の街撮りをし、


d0140869_2043879.jpg

旧ふるさと銀河線(池田町から北見までを走っていた鉄道。2006年4月21日に廃止)の
味わいある駅舎のひとつでもある、池田町の高島駅へ行ってみた。
だがもうそこに高島駅はすでに存在していなかった・・ホームだけがかろうじて残ってて・・昨年暮れに取り壊しになったという。
高島駅には一本の樹齢100年以上にもなるヤマモミジが植えられている。
66年の間駅舎と共に寄り添い生きてきたヤマモミジ。今は独りきりで・・寂しいだろうね。
ちょっと悲しくなったので写真は撮らずにいたけど紅葉の時期に撮ってあげたいなと思いました。
出来れば駅舎と撮りたかった・・そう思うと泣けた。


d0140869_2073546.jpg

そんな思いをしたくないから、1つ1つ丁寧に記録に残す。
誰かに撮られる前に。ではなく、誰かに壊されてしまう前に。
北海道は広いんだね。私一人じゃ全部撮りきれないよ~皆さんも手伝ってくれると嬉しいな。フイルムでね。
データーはきっといつか消えちゃうよ。CD-RとかDVDも何年かしたら中のデーターが消えるとの噂。
フイルムは火事でもなきゃ消えない。だから残そうよ。フイルムで。



d0140869_20535587.jpg

池田から次なる行き先は、足寄の街中から北へ20キロほど行った場所にある大誉地(およち)という集落。
某衆議院議員の故郷でもある。まあそれを抜いて見ましょう(笑)
とても穏やかで平和そうな集落が広がってて、郵便局や小学校も立派なのが建ってます。
でもむやみやたらに開発、開拓してないのは故郷だから?とか思ってみたりみなかったりww


d0140869_2192677.jpg

昔のままの風景が広がっているけれど、人の生活の匂いがちゃんとする。



d0140869_21154033.jpg






d0140869_21175270.jpg





d0140869_2121134.jpg

石炭肥料倉庫かな。
足寄町って広くてね。その端っこに位置する大誉地なんだけど、農業なども盛んらしく元気な土地なのです。



d0140869_21314745.jpg





d0140869_2132486.jpg





d0140869_21323186.jpg

ピンクの木ドア、すりガラス。



d0140869_21331958.jpg

大誉地駅。大誉地にも、ふるさと銀河線の駅舎が残っている。
由来はアイヌ語の「オヨチ(熊の害の多い所)」だと言われているが、
現実には「オ・イ・オチ(川の近くに蛇の多いところ)」が有力。(wikiより)
木造モルタルの味わいある駅舎。2006年に廃線廃駅になりました。




d0140869_21334655.jpg

ガラスに書かれた駅名がいいね。




d0140869_21343832.jpg






d0140869_21401638.jpg

開業大正二年十月十一日




d0140869_2141438.jpg

駅員さんの休憩室かな?ロフトになってました。
駅舎内には入れないので全部ガラス越しに撮ってるんだけど、ここはスッゴイ暗かったのによく写ったなぁ・・



d0140869_21441866.jpg

すごくいい駅でした。大誉地駅。
ちゃんと手入れされてるし、老朽化でどうしょもなくなるまではこの地にいてくるといいな。
1998(H8)年11月、北海道ちほく高原鉄道が、銀河線に乗って星空のロマンを感じてもらおうとのことで
12の駅に星座名を付けました。
この大誉地駅は、おうし座!みんなの星座の駅に行けるといいなー。


撮影:2009年3月9日
機材:camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-19 22:13 | 道東
そこに道があるかぎり ~男ならシリーズ第二弾~
d0140869_2324369.jpg

カートシーズン幕開け!千歳モーターランドにて第13回オール北海道Racing kart Festivalが4月5日開催された。
持ち込みクラスとレンタルクラスに分かれ、T.T2周、予選8周x2、決勝18周で優勝者が決定。詳しくはここ
千歳モーターランドは春っぽい草が全く生えてない。だからひたすらカートを撮るべし!男なら!
使っていた一眼レフカメラのNIkon D70が故障しまして・・直すと新品買えるくらいかかるので、お別れすることに(´・ω・`)
なので、デジカメのFinePix S6000fdで撮影。またベニの打倒一眼、コンパクトデジカメライフがはじまります(笑)


d0140869_23275549.jpg

ポッター京介(以下、ポ京) 確か13歳くらいからを始め、現在確か19歳。
うぐいす色のAE86を乗り回し、只今、大学に行きながら工場ばっかの錆だらけな土地にて一人暮らしをはじめる。
主な特徴:土屋圭一を尊敬する。辛い物と動物全般が苦手。身長183cmくらい。全体的にスレンダー。でも足はジャイアント馬場並。



d0140869_2337760.jpg

ARROW B-MAX(長三郎)今年はちょっと可愛いクールにカウルにカラーリングしたみたい。オサレだね。
T.T(タイムトライアル)2周では49,622秒と、2位(49,729)とコンマ秒差で11台中、1位。予選のポールポジションゲット。


d0140869_23572885.jpg

Super83 クラス 11台での予選スタート



d0140869_085413.jpg

予選第一ヒート最速49,004秒を叩き出すが、ライバルでもあり大学の先輩のカートNo.43(49,063)にTOPを奪われる



d0140869_15446.jpg

ピカー(゚Д゚) ぴかちゅー


d0140869_0183229.jpg

そして、予選第二ヒート。



d0140869_0224921.jpg

好調に周回数をこなしていた その時!!!



d0140869_0232582.jpg

ポ京がうなだれたー!w
なんと、チェーンが外れてしまうというアクシデント発生!



d0140869_0252515.jpg

ポ「┌┤´д`├┐オワタ・・・」

でも大丈夫。予選第一の結果が良いので、決勝グリットは最後尾ではなく、5番グリット。
アクシデントによりちょこっと追い上げ頑張らねばならんくなったけど、これはこれでドラマチックな展開でいい(笑)

d0140869_0321759.jpg

決勝前に、レンタルカートクラスでの決勝が行われる。カート仲間のタスク様が御走行!目が凛々しい!


レンタルクラス決勝終了、そして


d0140869_0423132.jpg

ポッター京介、決勝戦スタート!



d0140869_0425265.jpg

先ほどのアクシデントを挽回するために5番グリットから怒涛の追い上げ!



d0140869_043567.jpg

若松コーチの応援にも力が入る!ww



d0140869_045621.jpg

ついにTOPを走る43に追いついた!



d0140869_046194.jpg





d0140869_0455639.jpg





d0140869_0475669.jpg

テールトゥノーズの戦い!



d0140869_0463819.jpg

抜いた!



d0140869_047497.jpg

イケー(゚Д゚)



d0140869_0474016.jpg





d0140869_0495463.jpg

Σ((*д*))!抜かれたー!



d0140869_0541983.jpg

オワター!

ポ「もう一周あるもんだと思ってたんですよね」

油断してたなーヽ(`Д´)ノ

d0140869_056721.jpg

俺の人生いつでもテールスライド 咲かせてみせます漢の華 今日もどこかでローリングナイス



d0140869_059980.jpg

でも2位だ!2位おめ!いつかは先輩越えだね~次回あるかわからんけど、がんばれよー。



d0140869_0584464.jpg

せんぱ・・ww



d0140869_134683.jpg

いやーかっこよかった。やっぱカートやってる男っていいな。


撮影:4月5日(日)千歳モーターランド 機材:FinePix S6000fd
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-18 01:12 | 男なら
そこに山があるかぎり ~挑戦シリーズ第二弾~
d0140869_13395926.jpg

【積丹岳】標高1,255.3mのこの山は、登山やスキーをしに来る人も多く、夏は高山植物群や山頂から日本海の風景なども見られ
多くの登山家楽しまれているが、毎年冬になると人の命を奪うほどの自然の恐ろしさを見せてもいる。
積丹岳の2合目にポロエプイ小屋という山小屋があり、雪のない時期ならそこまで車で行けるんだけど、
冬の間は2合目まで歩いて行って、山小屋が潰れないために雪降ろしをしなくちゃいけないのです。
自分のために。そして誰かのために。この小屋を40年守り続けている男達がいる。


d0140869_12553035.jpg

AM11:15 
2合目までとはいえ、スノーシューやスキーをはいてひたすら登るのは夏山登るのと冬山登るのとでは全く違うものだから大変。
こうやって見ると雪深そうには見えないけど、スノーシューを履かずに登る事は埋まってしまうからとっても無理。
膝まである雪をラッセルしていかないといけない年もあるそうで、その時はかなり過酷だとか。なので今回の私はラッキーだった。


d0140869_1352823.jpg

そこまで行くことが大変なのを承知で、私も冬山登山に挑戦してきました。
この日はスノーシュー日和だったので、登山なんて小学生以来の私でも、かなり軽快に楽しみながら歩けた。
身体は小さいけど体力はあるみたい。でも登りながら写真も撮らないといけないので、写真の細かい設定とか面倒でしてません。


d0140869_13184647.jpg

ダケカンバの樹皮のことを「樺皮」と書いて「がんぴ」と呼ぶ。
がんぴは薪ストーブの焚き付けに必要なのだけど、剥がし過ぎると木が枯れるので、
毎年違う木から少しずつ剥がして使う。( 【Pillo's Log Book VI】より)


d0140869_13295670.jpg

まあとにかく気持ちの登山日和でした。山の中で冷えたら大変なことになるので着込んできたけど、
暑くてユニクロのヒートテックシャツ2枚着てるだけで十分だった。でも山の天気は変わりやすいので油断大敵。

d0140869_13322893.jpg

PM12:45 ポロエプイ小屋が見えてきた。



d0140869_1345421.jpg

これがポロエプイ小屋。か・・かわいい!チェック柄!W



d0140869_13485230.jpg

なんでチェック柄なのかというと、この小屋で使われてるトタンがさんまの蒲焼で出来てるから(笑)
当時さんま蒲焼の工場で廃材になったものを再利用したとのこと。私はこの小屋をポロエプイ小屋(別名:さんま御殿)と名づけました。



d0140869_1352139.jpg

まずは小屋を暖めて部屋の温度を上げ、屋根の雪が落ちやすいようにする。
さきほど白樺から剥いできた樺皮を使うとすぐに火がついた。



d0140869_13544366.jpg





d0140869_13553243.jpg

到着したところで仕事はこれからなので、まずは腹ごしらえするために男の料理。



d0140869_13585773.jpg

本格的な蟹汁!




d0140869_1414071.jpg

ウドが良い風味を出してて、銀杏草という北海道内で春先だけ採れる高級海草が、ツルツルコリコリしてて美味しいこと!
銀杏草の採取が始まりました。キロ○○円で・・というニュースを見て、やけに高い海草があるもんだと思ってた矢先だったので
これを食べるだけに山登ったカイがあったもんです。


d0140869_14274440.jpg

PM14:20 作業開始。この日以外にも1度来てて、半分下ろしてはあるみたいなんだけど、それでもこの量。
今年は雪が少ないとはいえ、山の中では例年と変わらぬ天候みたいです。
何トンもの重さの雪に、よく何十年も耐えているよね。こうやって雪降ろしに来てなかったら、とっくに潰れてるんだろうけど・・


d0140869_14314177.jpg





d0140869_14324028.jpg





d0140869_14331214.jpg





d0140869_14333091.jpg






d0140869_14302214.jpg

固く重い。サラサラフワ~~とはいかないもんで苦戦。



d0140869_14365176.jpg





d0140869_14373718.jpg

父が建てた小屋を子が受け継ぎ守ってゆく。
お父さんは登山家で。なのでその血を受け継ぐピロも登山をずっとしているそう。
二人はとても仲がよく似ているらしい。


d0140869_14411536.jpg





d0140869_14423244.jpg






d0140869_1441558.jpg





d0140869_14421550.jpg





d0140869_144324100.jpg





d0140869_14443361.jpg





d0140869_14555391.jpg





d0140869_14474277.jpg

PM15:49 雪降ろしも終わりに近づいてきた・・
子「風来たな」
父「西だ」

風は前線が通り過ぎようとしている兆候で、良くも悪くも天気の変わり目である。
西から吹くと多くの場合北に廻って最悪な風向きになるので、早めに下山しなければ。
積丹岳は岬の先端に飛び出ているので西風も北風もまともに受けてしまうらしい。

d0140869_1583048.jpg

ポロエプイ小屋雪下ろし完了!お疲れさまでした。
男だね~かっこいいねぇ。やはり何かに一生懸命になってる人ってとても輝いてていい。
家にいて食べたり呑んだりゴロゴロしてる男性になんて魅力ないもの。若かろうが歳いってようが、何かに打ち込んでいなきゃね。



d0140869_15122446.jpg

この雪降ろしを終えてから1ヵ月半が過ぎ、この地にも春がやってこようとしている。
沢山の登山家が積丹岳やポロエプイ小屋に訪れれるのは、
こういう方達の努力の下にあるということを忘れないようにしなきゃいけないなと思った。



d0140869_0272133.jpg

ところで私は今年に入ってから、写真以外の事で
自分を高めたい衝動が盛り上がっているのですわ。
そして人知れずして色んなアクティブな事に挑戦しております。
第二弾は雪山登山に挑戦するというもの。

その前の月の2月4日に挑戦シリーズ第一弾として
ロッククライミングに挑戦。
高所恐怖症克服のためと、1回登るとウェストが
2センチ縮まるという噂に踊らされて(笑)
でもこれで分かったのは、
自分は大して高所恐怖症ではないということだったw


d0140869_0311566.jpg




4月3日、挑戦シリーズ第3弾は、
北広島駅から東札幌までの片道18、6キロ、
往復37.2キロを自転車で走破するというもの。
26インチ自転車にどんどん抜かれてく
20インチの折りたたみ自転車での登りは困難を極め、
3キロほど走ってUターン。
第3弾はビックリするほど簡単に挫折(爆)

まあ、色々挫けたり夢失ったりすることなんて
生きていれば山ほどあるわけで。
それでもせっかく生きているのだから
生きてて良かったと思えるような楽しい事に出会いたい。
そんなことを思いながら色々トライしてみてます。
小さなことからコツコツと(笑)

自分の人生の終わりが来たなどと思うのは早いね
まだまだ人生の半分も生きてないのだから。



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-15 00:56 | 男なら
第17回 フィルム一本勝負in小樽 ~末広町、梅ヶ枝町~
先週の土曜、フイルム一本勝負がありました。
制限時間内に決められたエリアで、いい被写体を見つけ36枚撮りフイルム一本消化するというアレ(笑)
先月は帯広旅行してたんで参加出来なかったけど、相当吹雪いて大変だったようで。。今回は物凄い晴天で、
撮影場所の小樽へ向かうのも、撮影中もとても気持ちよく楽しい撮影になりまんした♪

d0140869_2157410.jpg

camera:Nikon FE2  lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5 FILM:FUJICOLOR 100
(インデックスはクリッコすると800 x 558まで大きくなります)

日時:2009年4月11日(土) 時間:13:30~16:30 場所:小樽市 末広町、梅ヶ枝町界隈
参加メンバー: ainosatoさん、ariariさん、CommAさん、hirosさん、本部長さん、あややさん、ベニ。
基本レギュレーション:カメラ1台、レンズ1本(広角レンズ使用)

以下、セレクト(メンバーの方々に、気に入った写真を付箋貼って貰ってます)

d0140869_2251392.jpg

【7】ainosatoさんセレクト




d0140869_225547.jpg

【8】本部長さんセレクト  「やはり、炭鉱っぽい。」というコメント付き。
末広町にはまだこういう長屋が残ってて、大切に使われ住まれてます。はしゃぐ子供が可愛かった。
私もこれくらい小さい頃、苫小牧のこういう長屋に住んでた。だからなんだか長屋って思い出深~くて、好きなのです。



d0140869_2211597.jpg

【9】長屋の玄関先にクロッカスが咲いてました。北海道にもやっと春がきたんだね。




d0140869_22133781.jpg

【11】窓辺にネコ。




d0140869_22182969.jpg

【15】道端にイヌ。

d0140869_22191336.jpg

こんな風に撮影してます↑ たまたまここで会った本部長さんに撮影してもらえてました(笑)



d0140869_2223267.jpg

【16】破れた補修としても代用できます。




d0140869_22364453.jpg

【19】ここは「舎とまや」 という宿なのです。
これは宿の前にある手作りのブランコ。



d0140869_22283169.jpg

【20】hirosさんセレクト。 こんなところに宿があるなんて知らなかった・・古民家を改造して3年くらい前から経営されてるとのこと。
こうやって撮影して歩いてなければ全然気が付かないような場所にあるので、歩くって本当色んな発見出来ていいなーとつくづく思う。



d0140869_22315446.jpg

【21】マイセレクト。・・・なんでこれを?という声が多かった気がする1枚・・(笑)
郵便屋さんが走り回ってて、ずーっと向うに見える坂とバイクを入れた構図で撮りたかったのが撮れたので。
本当はもっとバイクに寄りたかったけど郵便やさんの仕事が早いからこれ以上近づけないw



d0140869_22371836.jpg

【22】ariariさんセレクト  ポカポカ陽気で靴も気持ち良さそう。




d0140869_2243684.jpg

【23】この用水路

d0140869_22443820.jpg

ariariさんも、ほぼ同じ構図で撮ってました・・これだけ広いエリアで同じ用水路に魅かれるって。




d0140869_2250159.jpg

【24】気になるお店。食べてみたい。みんなも気になっていたようです。ショウガがw
やはりショウガをどう入れようか悩みますよね。私は店の記録としての構図で。



d0140869_22482612.jpg

【25】こういう雪溶け水のチョロチョロした流れにも春を感じる。



d0140869_2253932.jpg

【26】立小便の左にオットセイトタンのマーク描かれてます。
大好きなオットセイトタンに立小便することは禁ずる(・゛ω"・)



d0140869_2255302.jpg

【28】昭和の文字。使われなくなった電柱が古民家の横にそっと置かれてました。おつかれさま。



d0140869_22554344.jpg

【32】手書きでいいところを、立派な看板だと思うんです。こうなるともう落とせないから素晴しい。



d0140869_2257846.jpg

【33】CommAさんセレクト。
せっかくコンクリート張ったのに、踏むわ線付けられるわワヤw




d0140869_22575531.jpg

【33】あややさんが撮られた隙間と同じでした。山ほど隙間ある中でも何気ないのになぜか魅かれる隙間ってあるだよね~




d0140869_2304652.jpg

【36】あややさんセレクト。
みなさん撮ったホーロー看板のお店。お店の中も見たくてね・・飴買いました。
全体を記録として残せるこういう構図が好きです。
勝負中なのに、街の記録もしようとする精神をどうにかしようかしないか悩み中w


以前フイルム一本勝負に参加する時、プレッシャーで嫌だな・・とか思いながらいつも参加してました実は(笑)
でも今年入ってからフイルムばかり撮ってて、フイルムで撮る事の楽しさを知りすぎてデジタルで撮る事に魅力感じてない自分が・・
なので今は、プレッシャーなんか全くなく、心からフイルムで撮る事を楽しめる自分がいることに気がつきました。
小樽に向かってる最中からワクワクしてる自分がいるのです。そんな新しい自分に驚きを隠せなくて(・ω・;)
デジタル写真が悪いわけではないのです。フイルムの質感、味わい、決められた枚数による集中力を高めれること、
出来上がりを見る楽しみ、現像屋さんとの連帯感・・などなど、今の自分に合っているのですね。
写真を撮る上で何が一番大切かって、撮ってる自分が楽しめていることなので、楽しんでいる自分がいる事に悦びを感じてます。

だから今とても幸せです。

趣味だけは(爆)
楽しめてるからって、いい作品が撮れてるかどうかは別だけど・・楽しけりゃ撮れてなくともいんじゃないかなとか思うし。

フイルム一本勝負お疲れ様でした!7月に大イベントがあるので、それまでの数ヶ月、山ほど修行頑張ります☆

[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-13 23:05 | 小樽
4月9日。だから夕張
d0140869_23521810.jpg

夕張にも春が訪れようとしている。
十勝を北上する前に、夕張で過ごした冬の風景と、お知らせを。



d0140869_021510.jpg

3月5日、夕張マウントレースイスキー場へ、スキー&ボードしに行ってきて。
初めて滑るゲレンデなんだけど、もう涙が出るほどの絶景でした・・・夕張を真上から全部見渡せる場所があったなんて。
夕張どころか、由仁、長沼、いろんなものが見渡せました。



d0140869_0114938.jpg

夕張の街並みを眺めながら滑走する。ほんっと気持ちいい!




d0140869_017125.jpg






d0140869_0223440.jpg






d0140869_0164436.jpg






d0140869_021455.jpg

夕張岳は見えないんだけど、マウントレースイスキー場がこんなにいい場所だとは思わなかった。
リフト代高いな~って最初思ったけど、この景色見たら高くても全然OK!
設備もすっごくちゃんとしてるし、リフトのスピード速いからストレス感じない。ゲレンデが広い!!滑りやすい!
この日は暖かかったから雪質はベタっとしてたけど、夕張は豪雪地帯だから気温低い日は雪質もいいかもしれない。
今年の営業は3月29日で終わったけど、また来年来なきゃ。他のスキー場は行かないけど、マウントレースイは又来る(・゛ω"・)
大スキな夕張を見ながらスキー出来るなんて素晴しすぎる!!


d0140869_0293527.jpg

冬の夕張。今年は雪が少なくて除雪がとってもラクだったと町の人は話す。
今頃ふきのとうなんかも咲いてるのかな。清水沢の水芭蕉はまだかな。冬はあまり来れなかったけれど、
また穏やかな気候の夕張を堪能できると思うと楽しみでしょうがない。



d0140869_0363326.jpg





d0140869_0373196.jpg





d0140869_0381733.jpg

いつもは黒いズリ山が、冬の間だけ白くなる。
そんなちょっとした景色の違いを確認しながら、向かいます。




d0140869_0392670.jpg





d0140869_1433975.jpg





d0140869_041625.jpg





夕張森林鉄道夕張岳第一号橋梁(三弦橋)
d0140869_0434050.jpg

海岸に流れついた セルロイドの人形
見上げた空 太陽が悲し気に笑う
高層ビルの影で 陽のあたらない台所
うつりの悪いテレビ
ノイズに消される ラジオからのニュース
このコンクリートの下で 夢はまだ眠っているのか
目覚めた朝に すべて あとかたなく 消えているのか
自然だけが息をしてた 土手の上にも
容赦のないセメントが 流しこまれる



d0140869_044332.jpg

あの頃 きみはぼくに れんげ草をつんでくれた
土にも草の中にも 全ての生命 動いていた
今も科学の進歩は 限りなく続けられて
失くしたくないものが 現在のため壊されてゆく
山が削られて 河が汚されて
森もいつかは 切られて 荒れ果ててゆくの
この山が削られて この河が汚されてゆく
この森もいつかは 切られて 荒れ果ててゆくの?!


d0140869_044162.jpg

このコンクリートの下で 夢はまだ眠っているのか
目覚めた朝に すべて あとかたなく消えているの
今も科学の進歩は 限りなく続けられて
失くしたくないものが 現在のため壊されてゆく
ぼくが生まれた ぼくが育った
故郷もこの街も 忘れはしないよ いつも


d0140869_04843.jpg

ぼくが生まれたこの街 忘れはしない

Tokyo calling misato watanabe
camera: 1~14枚目/Nikon D70 15~18枚目/FinePixS6000fd



夕張では、夕張を日本有数の桜名所にして元気ある街にしよう!という運動を2007年から開催しております。
そして毎年この時期になると、桜の苗を1本買って植えるという「記念植樹」会員を募集してるのね。
今年は5月9日(土)、10日(日)、16(土)、17日(日)の間のどれかの日に来て、みんなで植えるのです。
植えた桜の木には自分の名前とメッセージが入ったメモリアルプレートが飾られるので、記念にもなるね。
植樹料金 成木(高さ2.5m以上)1本10,000円(植樹後の維持管理費に使用します。) 申込期間 2009年4月30日まで

夕張を応援したいけれど、何をしたらいいのか?何かできることはないか?と思っている方がいましたら、是非参加してね。
私も今年から参加することにしました。自分の桜が夕張で育っているなんて夢のようです。毎年見に行くのが楽しみになるな~
実は今日4月9日は、私の誕生日でして。誕生日は自分にとって大切で大好きな街を紹介したかったのです。
そしてこの桜の木は自分への誕生日プレゼント。

大きな苗木なので人数も必要だったりします。一人で参加する方は手伝いますので、いつ行くのか一声下さいね。
力仕事なら任せてくださいと言ってた本部長さんも参加されるので、皆で助けてもらいましょうw
詳しくはこちらで。申込期間 2009年4月30日までとなっておりますので、お早めに~
夕張を桜でいっぱいにしよう!


d0140869_23383276.jpg


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-09 00:59 | 夕張
| ページトップ |