「ほっ」と。キャンペーン
Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
足寄町 ~街の記録~ 撮影1月27日
d0140869_1974845.jpg

帯広から時間にして1時間、距離65キロほど北に、足寄町(地図)があります。
名物はラワンぶき、オンネトー、千春などがあり、足寄の商店街は昭和の時の面影残した建物も多くてとても味わいがあっていい。
だけど今、とくに拡張する必要性があると思えない道を拡張し、表通りは味わいのない通りに変わりだしていた。
時代の流れでそうなってしまうのは止められないけれど、今ならまだ街の記録を残す事が出来る。



d0140869_19245729.jpg

砂壁?土壁というのかな?こういう壁の旅館、なんかいいね。泊まって歴史を感じてみたい。




d0140869_19323428.jpg





d0140869_194485.jpg

フォントかわいい。




d0140869_19593858.jpg





d0140869_19443125.jpg

元・肉屋さん?と、靴屋さん。靴屋さんは二件あって、もう一軒はミツウマの看板が。
足寄独特の文様?なのかな、家の上にマーク入ってるんだね。これってなんだろう。家紋じゃないだろうし・・


d0140869_19511884.jpg

千春の“我家”という2008年に出したシングルがあるらしんだけど、ミツウマはそれのジャケットにもなってる。
賑わっていたころの景色なのかな。この写真の路はまだそんなに開拓されてないので、今でもまだ面影はあるよ。
いい街並み。ここはこのまま変わらずにいてほしいな。


d0140869_19281352.jpg





d0140869_19352574.jpg





d0140869_1940745.jpg





d0140869_2005691.jpg





d0140869_1943622.jpg





d0140869_19425185.jpg





d0140869_2085576.jpg





d0140869_201184.jpg





d0140869_20103614.jpg

商店街を歩いてたら、【銘菓と洋菓子かめや】という歴史のありそうなお菓子やさんがあったので足寄のお菓子を買いに入ってみた。
オススメののお菓子などを選んでもらって買いながら、味わいのある街並みが素敵で写真撮りにきたことを話すと、
「表通りもとっても味わいあっていい街並みだったんだけど、(道路拡張で)全部なくなっちゃったの。
私達は昔のままの姿が良かったんだけどね~。もったいないよね~」
と、かめやのおばさんが言ってた。。。そうかぁ。足寄の町の人は、なんも新しくすることを望んではいないんだ・・・
そりゃそうだよね。彼が育った時代の匂いを残す事の方が観光の売りになってたと思うし。
松山千春はとりたてて好きではないけれど、その頃の足寄が見れなくて私はとても残念。

かめやのおばさんはとても明るくてステキな方で、千春の家に行ってみなさい!ただの空き家だけど。とかって教えてくれたり、
アンドーナッツをオマケで入れてくれたりして。足寄の人の優しさに触れたようで、とても嬉しかった。


晴天の中2時間ほど町の中をノンビリと気持ちいい時間を凄し、今日の目的地へ向かった・・・

camera:Nikon FM10  lense :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100


昭和だね。こういうのを冷静に聞けるようになった自分は強くなったと思うんだ(笑)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-25 20:32 | 道東
足寄郡足寄町  撮影1月27日
d0140869_20423599.jpg

釧路からお次の宿地、帯広へ向かいます。その途中で気になる景色は素通りし、気になる建物は停まるという、
最近建物ばっかり撮ってるから腕が鈍るんじゃないかと危機感すら感じるくらい、建物ばっかり目がいきます(笑)


d0140869_1563496.jpg

撮影:音別




d0140869_21575818.jpg

撮影:音別




d0140869_20455554.jpg

撮影:白糠




d0140869_20485839.jpg

足寄到着w
足寄といえば日本で一番広い町と、長い夜なわけで。ムネオも足寄出身だというのは今日知りましたが。
“千春の家あっち”とかってせっかく看板いっぱい出てるので見ていこうと、立派な学会会館の周りなどを探したが(爆)見つからず、
ファンだと思われるのを覚悟で市役所に行って場所を聞き見に行ったけど、普通の家で写真すら撮らずに帰ってきた(笑)
もっと古ぼけた家だと思い込んでて、通ったけど気がつかなかったみたい。
ちなみにうちの母はフサフサだった頃の千春の大ファンだったので、小さい頃レコードを聴かされた記憶がある。


足寄の町は凄かった・・・表通りは道路拡張で店構えが新しくなってしまっていたけど、裏通りはまだまだ昭和が残ってるんだもん。
私の目的は足寄の町よりも更に先にあるけど、町がステキで2時間くらい滞在しちゃってた。

d0140869_21265916.jpg





d0140869_21274688.jpg





d0140869_2128134.jpg






d0140869_21284486.jpg






d0140869_22111573.jpg






d0140869_2129743.jpg

私の昭和のイメージそのままの建物が!(゚゙Д´゚)
と、激しく感動しながら無我夢中で何も知らずにシャッター切ってフイルム1本消化する勢いだったのは絶対秘密。

いやしかしよく出来てた。

次回が足寄の町撮り編デス。

camera:Nikon FM10   lense :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-23 21:36 | 道東
道東1500キロの旅 ~掘り出せ釧路の海底(そこ)ヂカラ!~ 撮影1月26日
そういえばお年玉付き年賀状の当選を確認してないや。というのを昨日思い出してをチェックしたところ、
なんとariariさんから届いた年賀状が当選してました!!!!ヤッタネ☆(笑)
そんなお年玉年賀状を思い出したところでついでに、私が道東へ旅行へ行ったことも思い出していただけたらと思いまして
まだまだ終わりそうも無い道東編、再開します。

音羽橋で朝焼けをチラッと見てから、釧路中心街へ向かっていると・・

d0140869_221960.jpg

谷地坊主。
谷地坊主(やちぼうず)とは、ヒラギシスゲやカブスゲなどのスゲ類が繁茂した株を作り、
冬に土壌凍結によりしばれ上がり(隆起)、春先に隆起した状態で雪解け水などによって株の根元がえぐり取られ
それが毎年繰り返されることによって隆起してきて、数10年で高さ40~50cmのお坊さんの頭みたいなものが出来るらしい。
釧路天然記念物デス。冬は雪があってモッコリ感があまりお伝えできてないけど、可愛かったよ~♥
谷地坊主をずっと撮りたいと思って探しもしてなかったんだけど(笑)、たまたま通った道沿いで群集を見つけて急ブレーキw
車の旅は列車の旅と違って、こういう思いがけない発見あるからやめられない。車離れ社会ってヽ(`Д´)ノ免許を取れ~!

道東旅行3日目。お天気がドンヨリしてたけど、この日はどうしても見たいものがあった。(以下、フイルムカメラ撮影)


d0140869_23335721.jpg

氷結した春採湖を走る運炭列車(クリックすると900×626になります)
そう、釧路には日本最後の運炭列車が走っているのです。


d0140869_22233596.jpg

運炭列車だけが利用する春採駅。(太平洋石炭販売輸送臨港線
釧路にネイチャーを撮影しに来たはずなのに・・・どうしても石炭から離れられないサダメ。
運炭列車の運行時刻は春採駅で教えてくれるよ。一人で聞きに行ったけど親切に教えてくれました☆



d0140869_232327.jpg

釧路石炭の本格的な採掘は1920年(大正9年)太平洋炭礦(株)が創業してから開始された。
しかし2002年1月、安価な輸入炭による各地の炭鉱閉山が相次ぎ太平洋炭礦が閉山。石炭列車の幕を閉じたかと思いきや、
2001年12月、地元経済界らが炭鉱(ヤマ)の灯を残そうと奮起釧路コールマイン株式会社を設立!
太平洋炭鉱から離職解雇された約一千五百人のうち、五百四十人を再雇用。
地域経済の活性化を願い、日本唯一の海底炭鉱として今もなお活躍しているスパラシイ会社なのです・・・


d0140869_23102292.jpg

北海道唯一の私鉄(私企業により運営が行われる鉄道や軌道)の、太平洋石炭販売輸送DE601。
を、撮ったつもりが、元、雄別鉄道のディーゼル機関車D801(1966(昭和41)年に製造)だったw
でもこの子は釧路~雄別炭山間44キロを走ってた、雄別鉄道最後の生き残りで貴重な存在だということだよ。
日本唯一の石炭列車カワイイ!はじめて見たけど、アメリカの香りがプンプン!
DE601の方はアメリカの部品を輸入して造られマシタ。



d0140869_232941100.jpg

43年経っても元気。鉄屑にならなくてよかったね~ 左にある赤いのは除雪モーターラッセル

camera:Nikon FM10  lense :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4  FILM:FUJICOLOR 100



d0140869_23471436.jpg

春採駅を出発したので、下りを撮ろうと次の撮影地へノンビリ移動してたら即行帰ってきちゃってたらしい(;´д`)
春採駅から終点の知人駅までは4キロの距離で、15分ほどで戻ってくるっぽい。
それに気がつかずに何十分も待ってたら又春採駅から列車来たので焦ったwうかうかしてた。


d0140869_23522179.jpg

太平洋の海岸線を走る運炭列車 (camera:FinePix S6000fd)

石炭を運ぶ鉄道が見れるなんて、道東旅行っていいね!( ´∀`)いいと思った!



つづきをみる。
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-21 00:51 | 道東
第11回小樽雪あかりの路2009 ~奇跡の最終日~ 撮影2月15日
d0140869_010382.jpg

2月15日。雪あかりの路ラストの日。



d0140869_0105732.jpg

この日も某氏の撮影のお手伝いを終えてからの撮影です。




d0140869_22324624.jpg

最終日もずっと吹雪いてる状態。雪あかり期間私が撮影出来たのは4日だけだったけど、ずっと晴れてた日は無かったかな。
時折見せる晴れ間にすかさずシャッターを押したりしたけど、天気待ちの時間も多くてね。
だからといってそういう時間を無駄に過ごすのも勿体ないから、
そういう時に出来ることも頭に入れて小樽へ行けば吹雪でも無理して撮影だけしなくても楽しめます。



d0140869_22413050.jpg

ワックスボール製作体験(笑)
運河のすぐ近くにある運河プラザという観光情報場があるんだけど、買ったら千円するワックスボールが、800円で作れる。
しかもその800円は小樽活性化の予算として利用されるというから、楽しめる上に小樽のためになるなんて良いじゃないの(o゚ω゚o)


d0140869_22562440.jpg

ワックスボールが1個出来るのに40分くらいかかる。途中まで出来てる15分作成バージョンもあるんだけど、
それじゃ作る側の苦労が知れないので、やっぱ最初からやらねばね(・゛ω"・)
ワックスボール製作が大変だとは前から聞いていたけど、1個作るのに40分くらいかかるし、水風船が重いから指が疲れる~
会場にいっぱい飾られているワックスボールも、全部ボランティアの方々が作製したもの。
ワックスボールに貼る落ち葉も、秋から一生懸命拾って準備するらしい。
雨雪風に晒されて数日で割れちゃったりするけど、それでも美しい景色を見せたいという思いで皆が作ってると思うと泣けてくるね。
実際こうやって作る側の立場にも立ってみると、その苦労とかも更に伝わる・・
だから沢山の方が来てくれて、そういう方々の優しい思いを目に焼き付けて帰ってほしいと私はいつも思う。
温かいテントの中にボランティアのおじさんおばさんがいっぱいいるので色々お話も出来るし。だからおひとり様でも十分楽しめます。

で、出来上がりは後ほど紹介するとして・・


d0140869_2332860.jpg

都どおりとか、花園会場に行ったけど暖冬のせいか氷のオブジェが無くて残念(´゚ω゚)なのでまた手宮線会場へ。




d0140869_2384087.jpg






d0140869_2393542.jpg





d0140869_23102889.jpg






d0140869_23131447.jpg





d0140869_012202.jpg





d0140869_23124665.jpg

一瞬晴れたけどまた雪がいっぱい降ってきて、カメラにコンビニの袋をかけたり外したり。
天気が悪いのでお客さんもマバラだったけど、手宮線会場内にある氷の滑り台のボランティアお兄さん達は
その悪天候を忘れさせてくれるくらいの元気さを毎日見せてくれて、子供やギャルをキャッキャと楽しませていた。
最終日は、最後に残った力を振り絞るかのうに兄さん方が弾けてて(笑)
その元気な声を聞くだけで、こっちも元気もらえるような気分になれました。




d0140869_23111169.jpg






d0140869_23151427.jpg






d0140869_23294391.jpg





d0140869_23303100.jpg

そろそろ21時。運河会場行かなきゃ・・と思って歩いてたら、




d0140869_23311299.jpg

巧技の奇跡の瞬間に出くわした!!あと1個載せるだけで完成!!




d0140869_2333260.jpg

完成w



d0140869_23382083.jpg

横、薄すぎ(笑)まるでボンドでくっついてるかのようだw

私はこの巧技の人を去年の雪あかりの路でも見かけて撮ったんだけど、
今年は積みの技が更にグレードアップしててウケタw


d0140869_23462267.jpg

去年はこのレベルの高さだったからね・・↑(高くて5段くらい)1年間どこで修行したんだろう(笑)
そんな巧技を見届けている間に、運河会場から打ち上げ花火の音が聞こえてきて、花火は見れずw
運河会場へ行ったら本部長さんが花火を撮った後で居たので、小樽駅まで一緒に帰ってきた。



d0140869_234735100.jpg

帰りがけに通ったら、誰もいない会場に巧技だけがまだ反り立ってた(笑)
本部長さんはこれをリバーサルフイルムで撮られてたので(爆)、出来上がりが楽しみ( ´∀`)



d0140869_23511043.jpg

すぎすぎる・・・私はこれを最後に見れただけでも雪あかりの路の会場に通った意味があったと思ったよ。
第11回雪あかりの路2009、人の温かさを伝えてくれた雪あかりの路実行委員会&ボランティアスタッフの皆さまお疲れ様でした!
100年に一度という大不況の最中や円高による海外からの旅行客減、悪天候続きで昨年度よりも10万人減ってしまって・・
札幌雪まつりも8万人減だとか。どこも大変なのね。ちょっとやそっとじゃ救えない状態で厳しい。
唯一、朝里川温泉会場は昨年度より3倍の入り込みがあったのが私のなによりの救いです(´;ω ;`)
そっちにもお客さん来なかったら責任感じちゃうものね。。

でもやはりこのイベントは最高です。これだけ過酷な状況に見舞われた年だったのに、
毎日頑張っていたボランティアさんの姿に心打たれました。
今回写真にはそんなに力入れれなかったけど、私も十分楽しめました。本当にありがとうございました。また来年も頑張って下さい!


で・・・ワックスボール作製の完成品はと申しますと、
雪あかりの路愛のフォトコンテスト2008の本部長さんの受賞作と、私の受賞作を貼ったワックスボール作った( ´∀`)想い出に。


d0140869_23582132.jpg


ロウソクに灯りを灯すと、本部長さんのかわいい写真が優しく浮かびあがり、


私の受賞作は、


d0140869_015439.jpg

たちかま料理の文字が優しく浮びあがる(爆)

持っていった写真が固かったので貼り付けれないから広告の裏の写真使ったんだけど、ロウソク点いた状態まで考えてなかった・・(;´д`)
これがせめて、かま栄の文字が浮びあがるならシャレてたんだけどな~(笑)

そんなオチです。お疲れ様でした☆
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-19 00:06 | 小樽
第11回小樽雪あかりの路2009 ~富岡教会・手宮会場~ 撮影2月14日
d0140869_521104.jpg

2月14、15日と小樽カトリック富岡教会も雪あかりの路会場のひとつとしてロウソクが灯されました。
去年も来たかったのだけど来れなくて、今年やっと青い時間の富岡教会を見ることができた。



d0140869_18585630.jpg

暖冬そして雨で雪は少なかったけれど、やっぱりこの教会は美しくて好きなのです。
この日は撮影を頼まれていたので自分の写真はそんなに撮ってないけど、
普段青い時間はいつもファインダー越しでしか見てないから、肉眼で見れて良かった~



d0140869_18501383.jpg

14日は18時からミサもあって、その準備で賛美歌の練習しているのとかも聞こえてくる。
なんだか厳かな気持ちになりました。




d0140869_1971488.jpg






d0140869_1963018.jpg





d0140869_1973468.jpg





d0140869_19215362.jpg

この日はバレンタインデー。手宮線会場にはバレンタインだけのディスプレイ。かわいいね♥
富岡教会で本部長さん、hiro_rootさん、ルカさん&まだむーちょさんに出あったので、お世話になってますチョコあげました
手宮線会場でウリュウさん、ネルソン、norida夫妻にも会ったけど、車が遠かったのであげれなかった。


d0140869_19223166.jpg





d0140869_1918505.jpg

溶けてくっついた雪ダルマすらもラブラブに見えて困ったり困らなかったり(笑)



d0140869_1933325.jpg





d0140869_19311053.jpg





d0140869_19432264.jpg

こういうカワイくて繊細な氷細工も気温暖かいから一晩で溶けちゃう。
毎日、毎日、壊れては作って、溶けては作っての繰り返し。だから1日たりとも同じ雪像があるということがない。
すんごい大変だな・・って思う。でも日中行くとわかるんだけど、みんなが楽しそうにそれらを作ってるのね。
創りあげる人達が楽しんでるイベントは、見てる方もなんとなくそういうの伝わって楽しくなるから、
雪あかりの路って人の温もりがいっぱい伝わって、本当いいなーって思います。



d0140869_1930065.jpg






d0140869_19351622.jpg

近所の商店の方が作った雪像。なにげにこういうのが、関西とかの観光客に人気あったぽいw





d0140869_1936692.jpg

明日は15日、雪あかりの路ラスト編です。


camera:Nikon D70
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-16 19:56 | 小樽
小樽雪あかりの路の合い間に・・  撮影2月9日
コトバを灯そう雪あかりのメッセージ
↑これとっても綺麗なの。私もメッセージ書いて運河に流してみた( ´∀`)ハウ~~ロマンチック~(笑)
49でメッセージ検索すると私のメッセ見れます。さて何書いたでしょうか。


d0140869_1433235.jpg

日中天気が良かったので、日和山灯台を見たくなって。
日和山灯台は、小樽水族館とかニシン御殿のすぐ近く。ホテルノイシュロスの下にロータリーがあって、駐車場なってるのね。
そこから見る景色は絶景!もしまだ見に行ったことない方は是非☆地図はこちら
ここは高島岬といいます。下には水族館の飼育場が見えて、トドの「ウォーウォーー」って声聞こえる。



d0140869_150136.jpg

私が写真をはじめたきっかけは、かま栄の本部長さんが撮られた日和山灯台を見たのがきっかけ。
カメラの事何も知らないから、こんな夜にフラッシュたかずに、こんなに明るく写るの?!って驚き。
後日、小樽をリバーサルフイルムで撮った写真を本部長さんUPしてて、フイルムでこんな色出んの?!ってまた感動して。
でもそれ以来本部長さん、リバーサル写真撮ってるはずなのに蔵に入れて見せてくれませんが(爆)

私もこんな写真が撮りたい!撮りに行こう!コンパクトデジタルカメラで!w
それから1年間狂ったように本部長さんの真似しまくりw、コンデジの全ての機能を駆使して一眼カメラに近い画を撮ろうと冒険。
2年目は“自分らしさとは”で悩み(笑)、3年経ってやっと自分らしさとか、自分が撮りたいもの、スタイルが見つかった感じです。
でも、いまだにヒヨコ。


d0140869_275092.jpg

カメラをはじめたのが2007年2月。あれから3度目のバレンタインデーを迎えている。ひとりで(笑)
想い出の日和山灯台に来ると、3年前の気持ちになれます。初心忘れるべからず!




d0140869_2214633.jpg

小樽の街側を見ると、水族館のレトロな観覧車がカバーかかってて可愛い。景色もいい。




d0140869_2253116.jpg

やっぱカバー可愛い。




d0140869_2263974.jpg

それから小樽猫に会いに行ってきた。この日は猫写真仲間のhiro_rootさんも来てたようで、同じようなタイヤショットを撮ってた。




d0140869_230933.jpg

ミルクあげたらすごい勢いで皆で飲みだして。このクロが飲むの下手でさ~
口と鼻にいっぱいつけて飲むんで、飲むたびにムセテたのが切なく可愛らしかった(笑)



d0140869_2334558.jpg

運河プラザにて。ちょっとした心使いが嬉しくなるネ。

そんなわけで小樽雪あかりの路、明日と明後日のみとなりました!まだ見てない方は是非見に来てね☆
景気の煽りで今年は去年よりもお客さんが少なめなので、三脚立てて写真撮る人は去年よりは撮りやすくなってるので。
私も土日に出没しますー最後の雪あかりの路を堪能しなきゃ~

雪あかりの路公式HPで、なんか見たことある写真だと思ったら。使ってくれてて嬉しい♥
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-14 02:38 | 小樽
第11回小樽雪あかりの路2009 ~運河・手宮会場~ 撮影2月9日
d0140869_2152023.jpg

私がここからの運河の写真を撮るのは、雪あかりの路の時だけ。




d0140869_21294858.jpg


とってもベタな構図なんだけど、やっぱりここから見る運河が一番キレイだと思うのです。




d0140869_21125632.jpg

上の運河を撮る20分前は、こんなに吹雪いてたんだよ。信じられないでしょ~
カメラを濡れないように守りながら撮影するのは、倍の体力消耗するのね。
先週は土・日・月と3日間小樽に居たけど、日曜はずっと吹雪いてて撮れなくて、友達の家で窓を何回も見たりして。
晴れた!と思って出ると又吹雪いてくる。しょうがなく近所のラッセルを撮ったりしてたんだけど。。
そのデーターはカメラの不調で全部消えていた・・・(笑)



d0140869_2124263.jpg

まあ、そんなハプニングもあったけど、
どんなに吹雪いていてもロウソクに毎日火を灯すボランティアの方々を見ていると、
私が写真撮る時の苦労なんてノミのウンコみたいなもんだな。そう思うです。


d0140869_21301957.jpg

いつも美しい景色をありがとう。




d0140869_2134189.jpg

運河会場などで私の写真入り限定ポストカードが売られてた。嬉しい(>∀<)
私の作品が入ってるのはAセット。店員さんに、AとBどっちが売れてますか?と、聞いてみた(笑)

店員さん「うーん、このハートのやつと子供の写真がインパクトあるからBのが売れてますね~
な、なんだってー!(゚゙Д´゚)AよりBが!うーん・・Bめ・・

「じゃ、Bセットください」 

(爆)

Aセットはもう持ってるだもんw
このポストカードの売り上げは小樽がよりよい未来を作るための予算となるので、買って協力(・゛ω"・)
AとBがまんべんなく売れるように、みんなはA買ってね(笑)

d0140869_21541551.jpg

また吹雪いてきた・・カメラ壊れちゃうのでちょっと休憩。こんな時にシャワーキャップがあれば・・
きっとあの方なら常にポケットに忍ばせているはずだ!でもあの方は今は天の上・・・



d0140869_2158254.jpg

18時をまわる頃、天気が良くなってきたので撮影開始。この日は満月。




d0140869_2212672.jpg

あたたかいね。



d0140869_2222037.jpg





d0140869_2225185.jpg





d0140869_2231785.jpg





d0140869_2255919.jpg





d0140869_2243372.jpg





d0140869_2245261.jpg





d0140869_2254143.jpg






d0140869_2261327.jpg

私も負けてらんない(笑)

今年の雪あかりの路、円高ウォン安で韓国からの旅行客が大幅に落ち込んでるため昨年より動員数少ないみたい。
でも、朝里川会場は去年よりも人が増えたと、昨日TVで観光協会の方が言ってたらしい!(゚∀゚)
しかもカメラ抱えた人が沢山来てるみたい。嬉しいね☆

日本も色々と大変だけど、ふところの寒い人は心を暖めに雪あかりの路に来ればいいと思うんだ( ´∀`)
人のあたたかさは、お金で変えられないもね。

camera:FinePix S6000fd


d0140869_22233699.jpg

只今、札幌駅にて雪あかりの路コーナー設置中!




d0140869_2224384.jpg

こんな人の多いところに私の写真ー(>∀<)嬉しくて、髪切るついでに見に来た!
でも髪切る予約入れてたの来週だったけども(笑)



d0140869_22262482.jpg

本部長さんの受賞作と並んで飾られてるよー。夕張班札幌駅降臨!なんか嬉しい~(σ´∀`)
しばらくジッと観察してたんだけどさ(笑)、結構ひと目引いて、パンフレット持ってく人とか見てく人いっぱいいた。
「これこれ、これ行くの」とか言ってる人もいたし。



d0140869_22284621.jpg

小樽雪あかりの路は今週の日曜21:00まで!週末は混みそうだね~天気が心配だけど。
ああ・・もう終わっちゃうんだ(ノД`)・゜・。もっといっぱい行きたかった~~土日は行くよ!みんなもキテネ♥
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-12 22:31 | 小樽
第11回小樽雪あかりの路2009  撮影2月7日
d0140869_3234136.jpg

2月6日(金)から開催中の小樽雪あかりの路。先週土曜から今週の月曜にかけて撮影してきたー
まずはやはりここ、朝里川会場。
川の地形が変わったので去年と同じ構図では撮れないし、難しい。望遠レンズで上から狙う感じでいこう。
昨年より光りの量が増えてきらびやかな朝里川。去年同様、美しさは雪あかりの路会場でNo1だと思うデス♥



d0140869_444258.jpg

ボランティアの方々が小樽の職人さんが作ったロウソクに灯をいれてゆきます。
すべてに灯をつけるには1時間半もの時間を要する。
ウェダーを着ているとはいえ、川の中での作業は身も凍る思い・・



d0140869_3453588.jpg

沢山の方に見に来てもらいたい。スタッフの方々の想いが沢山込められた炎に心が暖まる。




d0140869_3473110.jpg






d0140869_3484295.jpg






d0140869_3482581.jpg






d0140869_3552662.jpg

この日は初日の翌日で、朝里川会場にも沢山の人が来て写真撮ってた!
私の写真見て来てくれた人も、もしかしてこの中にいるのかな~とか思うと嬉しくて、いるだけで幸せで(σ´∀`)
私先週滞在してたわりにはあまり撮ってない(いいのが撮れてないwしかも一眼デジタルのデータが飛んだ・・)
けど、そんな年もあっていいよねー。だって私、プレッシャーにめちゃくちゃ弱いんだもん(笑)

あと、今年から小樽雪あかりの路オフシャルHPのコンテンツの1つ
official photo blog アッタカサノ記憶で写真提供しております。
時間のある時にちょこちょことUPしているので、そちらの方もごらんになってもらえると嬉しいです。

小樽雪あかりの路、残すところあと4日。

camera:FinePix S6000fd
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-11 04:12 | 小樽
第11回小樽雪あかりの路 開幕!
道東番組の途中ですが、お知らせです(笑)
今年で11回目になる、小樽雪あかりの路が今日の17:00から始まりました!雪あかりの路公式サイトはこちら
仕事しながら夕方やってる道内番組見てたんだけど、今年も去年同様美しい灯りが沢山灯っててきれいだった。

小樽雪あかりの路はすべてがボランティアの方々、小樽に住む方々の協力の元で成り立っています。
毎日1つ1つ手作業でロウソクに火が点けられ、すべての火が灯るまでにものすごい時間もかかるし
吹雪いて炎が消えたら、見に来てくれている方のために又炎をつける・・消える・・点ける・・
そんなイタチごっこしているボランティアのを見ているだけでも涙もの。
札幌の雪まつりと同時開催の小樽雪あかりの路。札幌の自衛隊さんが作る力強い雪像もいんだけど、
雪あかりのように人が作りなすあかりはものすごく心が温まり、癒されます。
お金をかけずとも、人と人とが協力しあえばこれだけの素晴しいイベントが生まれるものかと( ´∀`)
だから私は小樽雪あかりの路が大好きです。人のぬくもり感じれる場所がスキ。

d0140869_23121866.jpg



私事ですが、昨年第10回小樽雪あかりの路“愛のフォトコンテスト”でグランプリいただきまして、
自分の撮った写真で何か街に貢献できないだろうか。ということで応募したものが
こうやって実現できたことに物凄く喜びを感じました。
今年はその私の写真があらゆるところで宣伝用に活用されています。
もし見かけたら、あの女の写真だ・・と思ってください。
ちなみにこの写真はFinePix F30という普通のコンパクトデジタルカメラ(当時2万円)の夜景モードで撮ったものなので、
高い一眼カメラ買って写真撮ったりしないと受賞できない。なんてことはないから、
皆も今年は写真いっぱい撮って応募するっちゃ!(・゛ω"・)でも三脚は絶対必要だよ!
今はもうFinePix F30は製造してないけど、同等レベルの機種ならFinePix F100fdがオススメ!
これももう製造中止なって、今安く店頭に並んでるのでコンデジ買おうと迷ってる方はこれしかないと思う~
感度バツグンで、フジフイルムだから色もキレイ、搭載されてるCCDの質が他の会社の数倍上なのだ!
コンパクトデジタルは見た目のかわいさとか薄さとか多機能に踊らされたらだめーヽ(`Д´)ノ

また、今年から愛のフォトコンテストで受賞された方々の写真がポストカードになって5枚1セット(500円)で販売中
d0140869_2325374.jpg

(クリックすると大きく見れます。画像は雪あかりの路公式サイトからお借りしました)
私の写真も5枚の中に入ってます。5枚1セットが2種類あって、私のと本部長さんのポストカードは別々になってるそうだ(笑)
想い出に買っていただけると嬉しいです。このポストカードの売り上げは、今後の雪あかりの路運営に活用されますので、
なにとぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

私も明日から撮影しに会場へ行こうと思うので、三脚かかえたそれらしき人物いたら遠慮なく声かけてください(笑)
とくに朝里川会場は必見!開催は2月6日(金)~2月15日(日)21:00までお見逃しなく~(・゛ω"・)

【去年の撮影の様子】
小樽雪あかりの路10th 地上ノホシゾラ 最終編 撮影2月15日
雪あかりの路 リベンジ!朝里川会場打倒一眼編 撮影2月12日
雪あかりの路2日目~山川さんと愉快な仲間たち朝里編~
小樽雪あかりの路2日目~冬に花咲く花園会場編~ 撮影2月9日
小樽雪あかりの路1日目~はぐれFレンジャー純情じゃない派編~ 撮影2月8日
(※注 今年から朝里川会場の川の中での撮影は禁止されてますので、決して入らないようにお願いいたします)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-06 23:26 | 小樽
道東1500キロの旅 ~冬の湿原号2009 新夢が丘に立ち~ 撮影1月24日
d0140869_22375419.jpg


camera: Nikon FM10  lenz:COSINA 100-500mm 1:5.6-8 MC MACRO  FILM:FUJICOLOR 400
(画像クリックで900×600サイズなります)

→メイキング オブ 新夢が丘
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-02-06 00:28 | 道東
| ページトップ |