Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:男なら( 6 )
Top▲ |
「絆、感動そして希望」 築城訓練2012札幌雪まつり
d0140869_2214842.jpg

2月6日(月)~12日(日)はさっぽろ雪まつりでございます~
毎年、陸上自衛隊の皆さんが大変な築城訓練をしているということで、8丁目会場へ慰問&見学してきました。
作製状況を普段ここまで見れる機会は無いので貴重です。自衛隊の雪像作製は、地域貢献と訓練のために行われています。
極寒の中でキャンプする際の施設作りにも、築城の技術は役に立つわけです。


d0140869_15482616.jpg自衛隊協力会分会長から
作成担当中隊長へ
記念品贈呈。

ちなみに私も協力会に入っているので、自衛隊の活動を許可のもと撮影させてもらっております。自分の地域や被災地など自衛隊の活動は大切であり、どのように日々行われているのかを知る必要性があるなと感じています。



d0140869_16575621.jpg

隊長から作業工程などの説明。
大雪像作製は第11旅団隷下部隊の、第18普通科連隊、第11戦車大隊、第11施設中隊、
第11通信中隊、延べ約4700名の作製人員。作成期間1月6日~2月4日(30日間)
「絆、感動そして希望」は雪像作製隊の今回のスローガン。


d0140869_17474815.jpg
震災の影響により今もなお
苦しみの残る福島を立ち上がらせ
福島の変わらない美しさを
復興へ向けて取り組む真摯な姿を伝え
東北在住あるいは故郷を離れている
被災地の方々を応援する。ということで
8丁目雪のHTB広場の雪像は
【会津 鶴ヶ城】になりました。

高さ15m 横20m 奥行き21m
ブロック数は3357
ブロックの種類 62
大型トラック392台分の雪で出来てます
この模型も自衛隊で作製。
鶴ヶ城は外部の業者は一切使わず
足場からすべて自衛隊のみなさんで
つくられています。



d0140869_18284659.jpg

毎日2~3回、中山峠からきれいな化粧雪をトラックで運びます。
重機を使うと雪が汚れてしまうので、積み込みも降ろしも全て手作業。(積み込みは10名ほどで行う)
中山の雪は新雪で青い。今年大変だった岩見沢の豪雪を使っては・・とか思うところですが、
住宅の除雪で出た雪は汚れているので、美しい雪像を作るには使えないみたいです。


d0140869_18533542.jpg

8丁目会場は153名の隊員が、本部班、技術部、作業隊、安全班、化粧雪班、管理班に別れ、ひたすら同じ作業に徹する
運ばれた化粧雪ではサラサラすぎて固まらないので、水を含ませてかき混ぜシャーベット状にします。



d0140869_19113941.jpg

こちらはブロック作製。木工部が作製した型枠へ、カナヅチでしっかりと雪を詰めます。
一見楽しそうですが、暖気による予備部品も必要なのでも4千個近く作り続けなければいけなくて
氷点下の中、黙々と同じ作業を繰り返してゆくのは本当に大変です。
夜の作業ももちろんあるわけで、マイナス10℃以下の中、終わらなければ徹夜もあります。




d0140869_19155971.jpg

出来たブロック並べていく。かまぼこみたいです。



d0140869_1923776.jpg

細かい部分のブロックはテント内で造られます。



d0140869_19293728.jpg

大雪像が出来上がると数メートル先に小さくある部分でも、こんなに細かく造られているんですね。
型枠を作り貼りつけてゆき、すべての部分が雪で出来ている大雪像は、8丁目会場の鶴ヶ城だけみたいです。
第18普通科連隊の作る城は100%雪!発泡スチロールも骨組みも使ってません。


d0140869_19432866.jpg





d0140869_19451845.jpg








d0140869_1922838.jpg

作られたブロックは溶けないように雪室(かまくら)に保管



d0140869_19482061.jpg

雪室にシャチホコが!城が完成するとシャチホコは15m離れた先からしか見れなくなるので、
間近で見れるのはうれしい!美しいですね



d0140869_19535290.jpg型枠に雪を詰めて
取り出す工程を見せてくれました

枠も手作りなんですね。
大きな雪の塊を削っていくだけでなく、
何千個もブロックを作って
貼りつけてゆくなんて、
こんなに手が込んでいるとは
想像もしてませんでした。


d0140869_1959866.jpg

できました。きれい!らくがんのよう!



d0140869_2062860.jpg

正面です。この足場も組んでいるとは、凄いですね!
8丁目会場は比較的日陰が多いけれど、北側にあるビルの窓の反射で雪が溶けてしまうのと、
5層の屋根のバランスが問題点であります。そのため、毎日測量も行なっています。


d0140869_21105146.jpg

安全ベルトとヘルメットを装備して屋根の部分を見てみます。
下から見上げることはあっても上から見下ろしたことはないので、
見えない部分まで繊細に作られているのがわかりました。



d0140869_2127848.jpg





d0140869_21283390.jpg

さきほど型を取った丸い部分は、瓦屋根の先端だったのですね。
ヘルメットに黄色いテープが巻かれてるのは、技術班です。繊細な部分を仕上げてゆく人。



d0140869_21321067.jpg

みなさん黙々と作業してます。



d0140869_21334732.jpg

寸法もしっかりと。見ていると、雪をただ削ってるとかいうのではなく、本物の建物を建築しているかのような技術



d0140869_21372969.jpgこういう水準器も
必要となるわけです。





d0140869_2202758.jpg

自衛隊では雪を掘って埋めたりスキーで何キロも走ったり、雪中訓練もしてるのですが、
そういう雪中訓練よりも、築城訓練の方がよっぽど大変だとか。
でも、雪中訓練では掘って埋めて終わりですが、築城訓練は作ったものが数日残っているので、そこは唯一の喜びらしいです。





d0140869_21392497.jpg

ブロックを作製する隊員



d0140869_21401354.jpg小さい穴にもぐって
荒削りをする隊員






d0140869_21592821.jpg

必要のない雪を掻きだして落とす隊員。



d0140869_21404993.jpg

高所で作業をしていると、自分が危険な状態になっているのを気づかないでいる時があります
そういう状態がないか下から全体を監視する隊員と、様々な部門に分かれ任務を遂行。
寒い中、体を動かさずにいる監視員が一番大変かもしれません。



d0140869_21471788.jpg





d0140869_2192442.jpg

札幌に住んでいながら、雪まつりは出来上がった美しい部分しか見たことがなかったですが
実際の作業工程を見ると、ものすごい手が込んでいて大変であることがわかりました。雪像を見る目が変わりましたね~
もう、ただ、キレイだねーすごいねー。だけで見れないです。細かい部分までジックリ観察したくなります。
寒いというだけで体力は消耗しますし、地道な作業を続けることは忍耐も鍛えられます。
決められた期限の中でこれだけのことを一般の人や業者さんやるのは無理でしょうし、莫大なお金が飛ぶでしょうね。
そう思うと、地域貢献のために任務を果たしてくれている自衛隊のみなさんにはありがたくなります。お疲れ様でした!
今日雪像の引渡しが行われましたが、雪まつり期間中も維持補修や予備部品の作製などの任務があります。

さっぽろ雪まつりは6日からスタートです!HTB広場の鶴ヶ城を是非見にいってみてください!



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2012-02-04 22:52 | 男なら
benyan.co.ltd ポストカード募金のお知らせ
d0140869_2340711.jpg


今週の4月2日(土)美術家・原田ミドーさんのトークライブ「未来を背負う子供たちへ」が
午前10時~昼12時、厚別区民センター(札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14)で行われます。入場無料。
会場では東北地方太平洋沖地震の被災者救済のための募金活動も行なっております。
私のポストカードも置かせてもらうことになりました。ポストカードの収益は全て義援金となります。
いろんな世代の方が来られるということで、いつもの私っぽくない綺麗め系のポストカードが並んでいるかと思いますが
金額設定もありませんし、お気持ちでよろしいのですので、1枚お手に取っていただければなと思います。
東北をこよなく愛し撮影し続けている写真仲間のariariさんのポストカードも置かれております。
ミドーさんのトークライブを楽しんだついででよろしいので、是非ご協力お願いいたします。



原田ミドーさんは厚別区在住の彫刻家で、江別市のセラミックアートセンター前に設置されてる「風の門」や、
栄通17丁目あたりの白石サイクリングロードのトンネルにあるタイル壁画などを作られました。
作品はこちらのブログ参照下さい


原田ミドートークライブ予告
ゲストに“ほうきギター”プレイヤーのドン・ボンジョビ、えろあ・すみすを招き、原田さんのアート活動を映像とともに紹介、演奏します。
一体、何が起きるんでしょうかw私にも分かりません・・(゚ェ゚;)


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2011-03-31 00:22 | 男なら
ウリュウ ユウキ写真展『on the corner』
d0140869_22471461.jpg

7月1日~18日まで開催されていたウリュウユウキさんの個展へ、
カロリーメイトのポテト味を差し入れに持って昨日行ってまいりました。
腕の調子が悪くて一週間ほど運転出来なかったので、行けたのは最終日。


d0140869_22524371.jpg
個展会場はオサレな喫茶店になってます。
普段食べないパフェなどを注文してニヤニヤしてきた。
全ての女性は甘いものを好きだと男性は思っているらしいが
私は甘いものをほとんど食べない。
甘いものあまり食べないんだよね・・という女性に会ったことないんだけど
やはり甘いもの食べない女子って珍しいのかな?
いつか会ってみたいな。スイーツ苦手な女子に。
そして甘いもの食べ過ぎると胃がモタレる話をいっぱいしてみたい。
毎年誕生日になると近所のおじさんが10個くらいケーキ買ってきてくれて
それを食べきるのに一週間近くかかってしまうとかいう話とか。。
そんなことはどうでもいいのだが、





d0140869_23275477.jpg
ウリュウさんはフイルム一本勝負の
写真仲間で、一ヶ月に1回ペースで
顔を合わすのですが、写真の話とか真面目な話をしたことなくいつも話しているのは音楽の話。
ライジングサンで誰見るかとかという話を延々と2時間くらい喋ってきました。
私は写真撮る時は技術面など頭で
考えず感覚だけで撮るので、
写真について・・って
話すことほとんどないんだよね。
それよりも、好きな音楽とか
そういう刺激あるものを
いっぱい受けて、感覚を
研ぎ澄ますことのが優先だ。





d0140869_2324196.jpg





d0140869_23104072.jpg
この喫茶店でかけていた音楽も
ウリュウさんセレクトのもので、
会話を邪魔しない耳に心地よい曲を
流していましたね。
音楽から刺激受け、それが写真に
反映される、もしくは写真から
音楽が連想される。
目・音、五感の内の2つは
写真を撮る上でも見る上でも
とても重要な役割を果たしてます。




d0140869_2338721.jpg

この会場になった「プティcafe研究所」さんは、北欧雑貨がいっぱい置いてあり素敵な喫茶店。
個展をやってみたい方は、お問い合わせしてみては。場所は無料で貸していただけるそうです。



d0140869_23383726.jpg

私もいつか・・個展とかやるのかなあ(笑)今はただのシガナイストリートカメラマンだからそういう気持ち薄いけど。
一応、KANNA DESIGNさんという建築設計会社の撮影の仕事を頂いてるので、
カメラマンの前にアマチュアと付けていろんなことを誤魔化せないのが辛いw
こちらのHPのTOPやギャラリーに私の写真が使われてます。http://www.kanna-design.co.jp/index.html
普段自分が撮らないようなモダンな建築を撮影させてもらえているので、非常に勉強になります。

今年も半年を切りましたが、残りの半年で写真展を開催する機会が私も4回くらい予定してまして。
まだ発表出来ないものばかりだけど、8月30日(月)~9月12日(日)の小樽・鉄路・写真展には今年も参加します。
見にキテね。


d0140869_2356135.jpg

光と影・・今回のウリュウさんの個展でのキャッチでもあります。
ウリュウさんの光と影については、彼のblogを見てね。http://blog.yuukiuryu.com/2010/07/2275.php
ウリュウさんは自分をいうものを持っていて、けれど今の自分に満足するのではなく、
常に新しい自分を見つける旅をしている素晴らしいアーティストです。
アーティストというのは満足してしまったらそこで成長が止まってしまうから、
色々なことに挑戦し続けて行くパワーを持つことってとても大切なんだろうね。
今年、そして来年に向け、彼がどんな旅をしてゆくのか、いちファンとして見続けるのが楽しみであります。

たまたまだけど、私が最近大好きな曲のタイトルが『光と影』というもので、その歌詞から沢山考えることがあった。
光があるから影が生まれ、影があるからこそ、そこから光を見出すこともできる。
それは過去、現在、未来にも当てて考えられることであり。
あの場所には闇が沢山ある。その闇の中からひとつぶの光を探し出し、未来へ繋げることが出来るのは・・・




だれでもない どこにもないぜ
僕だけの光と影
闇の向こうの光を見に行こう
光と影

僕はいま ゆれるキャンドルみてる
ただぼんやり ぽっかり はっきり くっきり すっぽり うっとり と
いつだって君のそば 
健やかな光と影が
降り注ぐようにと
少しだけ願った

あの日僕ら ケモノみたいに抱き合った
玄関閉め キスして 孤独ぶつけて火の玉になった
その先に痛みがあろうと
不安で胸が張り裂けようと
今をうすめたくなんてなかった
深く刻みたいと思った

いつだって
その輝きに
まっすぐに熱くなれたら
なんにだってなれるぜ
どこへだって行けるんだぜ

だれでもない どこにもないぜ
君だけの光と影
光の先の闇を見に行こう
光と影
そして僕は一人どこへいくんだろ
君一人幸せにできない奴に何が言えるんだろ
ありがとうってつげた
君に
僕はなんて言えたらよかんたんだろ・・・

いつだってその輝きに
真っすぐに 熱くなれたら
なんにだってなれるぜ どこへだって行けるんだぜ

だれでもない どこにもないぜ
君だけの光と影
光の先の闇を見に行こう
光と影

だれでもない どこにもないぜ
僕だけの光と影
闇の向こうの光を見に行こう
光と影

億千万の光と影
今から逢いに行こうぜ
聞かせてほしい 君の中にある
光と影

聞かせてほしい 君の中にある
光と影

ハナレグミ/光と影
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-07-20 00:38 | 男なら
聖なる甘い夜
d0140869_3284971.jpg



23日、クリスマスいぶいぶに近所のおじさんが
こんなに可愛いらしいケーキをくれました。
私が甘いもの苦手意識を克服すべく
クリスマスケーキワンホール食いに挑戦し、
ケーキ必要としていたのを知ってたかのように!



そんなわけでクリスマスも終わりましたので、
毎年恒例のホール食いの結果を披露しなくてはいけないw
ちなみに昨年は一人身クルシミマス会をやったのでワンホール食いを断念せざるおえなくて。
一昨年の様子は(見なくてもいいですw)こちら→挑戦前挑戦中結果
一昨年は惨敗でした。


d0140869_233973.jpg

3年目に挑戦するケーキはシェフグランノール(セコマ)6号
直径18センチ 高さ4センチ
一昨年もセコマのケーキ(半額で購入)だったんだけど、
前回も今回もコンビニとは思えないほど美味しいと思う。
しかも今回のは細部にわたってディテールがこってますw
5口目までは凄く美味くて、
ヤバイ!!これなら全然完食できる!という確信に満ちました。


d0140869_2505820.jpg




食べ始めてから一時間経過した頃・・・
なぜか寒気がしてきた・・・・
そういえば一昨年も寒くなったんだっけ・・

そこへ助っ人メルクル登場!



結果!↓


More
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-12-26 03:07 | 男なら
そこに道があるかぎり ~男ならシリーズ第二弾~
d0140869_2324369.jpg

カートシーズン幕開け!千歳モーターランドにて第13回オール北海道Racing kart Festivalが4月5日開催された。
持ち込みクラスとレンタルクラスに分かれ、T.T2周、予選8周x2、決勝18周で優勝者が決定。詳しくはここ
千歳モーターランドは春っぽい草が全く生えてない。だからひたすらカートを撮るべし!男なら!
使っていた一眼レフカメラのNIkon D70が故障しまして・・直すと新品買えるくらいかかるので、お別れすることに(´・ω・`)
なので、デジカメのFinePix S6000fdで撮影。またベニの打倒一眼、コンパクトデジカメライフがはじまります(笑)


d0140869_23275549.jpg

ポッター京介(以下、ポ京) 確か13歳くらいからを始め、現在確か19歳。
うぐいす色のAE86を乗り回し、只今、大学に行きながら工場ばっかの錆だらけな土地にて一人暮らしをはじめる。
主な特徴:土屋圭一を尊敬する。辛い物と動物全般が苦手。身長183cmくらい。全体的にスレンダー。でも足はジャイアント馬場並。



d0140869_2337760.jpg

ARROW B-MAX(長三郎)今年はちょっと可愛いクールにカウルにカラーリングしたみたい。オサレだね。
T.T(タイムトライアル)2周では49,622秒と、2位(49,729)とコンマ秒差で11台中、1位。予選のポールポジションゲット。


d0140869_23572885.jpg

Super83 クラス 11台での予選スタート



d0140869_085413.jpg

予選第一ヒート最速49,004秒を叩き出すが、ライバルでもあり大学の先輩のカートNo.43(49,063)にTOPを奪われる



d0140869_15446.jpg

ピカー(゚Д゚) ぴかちゅー


d0140869_0183229.jpg

そして、予選第二ヒート。



d0140869_0224921.jpg

好調に周回数をこなしていた その時!!!



d0140869_0232582.jpg

ポ京がうなだれたー!w
なんと、チェーンが外れてしまうというアクシデント発生!



d0140869_0252515.jpg

ポ「┌┤´д`├┐オワタ・・・」

でも大丈夫。予選第一の結果が良いので、決勝グリットは最後尾ではなく、5番グリット。
アクシデントによりちょこっと追い上げ頑張らねばならんくなったけど、これはこれでドラマチックな展開でいい(笑)

d0140869_0321759.jpg

決勝前に、レンタルカートクラスでの決勝が行われる。カート仲間のタスク様が御走行!目が凛々しい!


レンタルクラス決勝終了、そして


d0140869_0423132.jpg

ポッター京介、決勝戦スタート!



d0140869_0425265.jpg

先ほどのアクシデントを挽回するために5番グリットから怒涛の追い上げ!



d0140869_043567.jpg

若松コーチの応援にも力が入る!ww



d0140869_045621.jpg

ついにTOPを走る43に追いついた!



d0140869_046194.jpg





d0140869_0455639.jpg





d0140869_0475669.jpg

テールトゥノーズの戦い!



d0140869_0463819.jpg

抜いた!



d0140869_047497.jpg

イケー(゚Д゚)



d0140869_0474016.jpg





d0140869_0495463.jpg

Σ((*д*))!抜かれたー!



d0140869_0541983.jpg

オワター!

ポ「もう一周あるもんだと思ってたんですよね」

油断してたなーヽ(`Д´)ノ

d0140869_056721.jpg

俺の人生いつでもテールスライド 咲かせてみせます漢の華 今日もどこかでローリングナイス



d0140869_059980.jpg

でも2位だ!2位おめ!いつかは先輩越えだね~次回あるかわからんけど、がんばれよー。



d0140869_0584464.jpg

せんぱ・・ww



d0140869_134683.jpg

いやーかっこよかった。やっぱカートやってる男っていいな。


撮影:4月5日(日)千歳モーターランド 機材:FinePix S6000fd
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-18 01:12 | 男なら
そこに山があるかぎり ~挑戦シリーズ第二弾~
d0140869_13395926.jpg

【積丹岳】標高1,255.3mのこの山は、登山やスキーをしに来る人も多く、夏は高山植物群や山頂から日本海の風景なども見られ
多くの登山家楽しまれているが、毎年冬になると人の命を奪うほどの自然の恐ろしさを見せてもいる。
積丹岳の2合目にポロエプイ小屋という山小屋があり、雪のない時期ならそこまで車で行けるんだけど、
冬の間は2合目まで歩いて行って、山小屋が潰れないために雪降ろしをしなくちゃいけないのです。
自分のために。そして誰かのために。この小屋を40年守り続けている男達がいる。


d0140869_12553035.jpg

AM11:15 
2合目までとはいえ、スノーシューやスキーをはいてひたすら登るのは夏山登るのと冬山登るのとでは全く違うものだから大変。
こうやって見ると雪深そうには見えないけど、スノーシューを履かずに登る事は埋まってしまうからとっても無理。
膝まである雪をラッセルしていかないといけない年もあるそうで、その時はかなり過酷だとか。なので今回の私はラッキーだった。


d0140869_1352823.jpg

そこまで行くことが大変なのを承知で、私も冬山登山に挑戦してきました。
この日はスノーシュー日和だったので、登山なんて小学生以来の私でも、かなり軽快に楽しみながら歩けた。
身体は小さいけど体力はあるみたい。でも登りながら写真も撮らないといけないので、写真の細かい設定とか面倒でしてません。


d0140869_13184647.jpg

ダケカンバの樹皮のことを「樺皮」と書いて「がんぴ」と呼ぶ。
がんぴは薪ストーブの焚き付けに必要なのだけど、剥がし過ぎると木が枯れるので、
毎年違う木から少しずつ剥がして使う。( 【Pillo's Log Book VI】より)


d0140869_13295670.jpg

まあとにかく気持ちの登山日和でした。山の中で冷えたら大変なことになるので着込んできたけど、
暑くてユニクロのヒートテックシャツ2枚着てるだけで十分だった。でも山の天気は変わりやすいので油断大敵。

d0140869_13322893.jpg

PM12:45 ポロエプイ小屋が見えてきた。



d0140869_1345421.jpg

これがポロエプイ小屋。か・・かわいい!チェック柄!W



d0140869_13485230.jpg

なんでチェック柄なのかというと、この小屋で使われてるトタンがさんまの蒲焼で出来てるから(笑)
当時さんま蒲焼の工場で廃材になったものを再利用したとのこと。私はこの小屋をポロエプイ小屋(別名:さんま御殿)と名づけました。



d0140869_1352139.jpg

まずは小屋を暖めて部屋の温度を上げ、屋根の雪が落ちやすいようにする。
さきほど白樺から剥いできた樺皮を使うとすぐに火がついた。



d0140869_13544366.jpg





d0140869_13553243.jpg

到着したところで仕事はこれからなので、まずは腹ごしらえするために男の料理。



d0140869_13585773.jpg

本格的な蟹汁!




d0140869_1414071.jpg

ウドが良い風味を出してて、銀杏草という北海道内で春先だけ採れる高級海草が、ツルツルコリコリしてて美味しいこと!
銀杏草の採取が始まりました。キロ○○円で・・というニュースを見て、やけに高い海草があるもんだと思ってた矢先だったので
これを食べるだけに山登ったカイがあったもんです。


d0140869_14274440.jpg

PM14:20 作業開始。この日以外にも1度来てて、半分下ろしてはあるみたいなんだけど、それでもこの量。
今年は雪が少ないとはいえ、山の中では例年と変わらぬ天候みたいです。
何トンもの重さの雪に、よく何十年も耐えているよね。こうやって雪降ろしに来てなかったら、とっくに潰れてるんだろうけど・・


d0140869_14314177.jpg





d0140869_14324028.jpg





d0140869_14331214.jpg





d0140869_14333091.jpg






d0140869_14302214.jpg

固く重い。サラサラフワ~~とはいかないもんで苦戦。



d0140869_14365176.jpg





d0140869_14373718.jpg

父が建てた小屋を子が受け継ぎ守ってゆく。
お父さんは登山家で。なのでその血を受け継ぐピロも登山をずっとしているそう。
二人はとても仲がよく似ているらしい。


d0140869_14411536.jpg





d0140869_14423244.jpg






d0140869_1441558.jpg





d0140869_14421550.jpg





d0140869_144324100.jpg





d0140869_14443361.jpg





d0140869_14555391.jpg





d0140869_14474277.jpg

PM15:49 雪降ろしも終わりに近づいてきた・・
子「風来たな」
父「西だ」

風は前線が通り過ぎようとしている兆候で、良くも悪くも天気の変わり目である。
西から吹くと多くの場合北に廻って最悪な風向きになるので、早めに下山しなければ。
積丹岳は岬の先端に飛び出ているので西風も北風もまともに受けてしまうらしい。

d0140869_1583048.jpg

ポロエプイ小屋雪下ろし完了!お疲れさまでした。
男だね~かっこいいねぇ。やはり何かに一生懸命になってる人ってとても輝いてていい。
家にいて食べたり呑んだりゴロゴロしてる男性になんて魅力ないもの。若かろうが歳いってようが、何かに打ち込んでいなきゃね。



d0140869_15122446.jpg

この雪降ろしを終えてから1ヵ月半が過ぎ、この地にも春がやってこようとしている。
沢山の登山家が積丹岳やポロエプイ小屋に訪れれるのは、
こういう方達の努力の下にあるということを忘れないようにしなきゃいけないなと思った。



d0140869_0272133.jpg

ところで私は今年に入ってから、写真以外の事で
自分を高めたい衝動が盛り上がっているのですわ。
そして人知れずして色んなアクティブな事に挑戦しております。
第二弾は雪山登山に挑戦するというもの。

その前の月の2月4日に挑戦シリーズ第一弾として
ロッククライミングに挑戦。
高所恐怖症克服のためと、1回登るとウェストが
2センチ縮まるという噂に踊らされて(笑)
でもこれで分かったのは、
自分は大して高所恐怖症ではないということだったw


d0140869_0311566.jpg




4月3日、挑戦シリーズ第3弾は、
北広島駅から東札幌までの片道18、6キロ、
往復37.2キロを自転車で走破するというもの。
26インチ自転車にどんどん抜かれてく
20インチの折りたたみ自転車での登りは困難を極め、
3キロほど走ってUターン。
第3弾はビックリするほど簡単に挫折(爆)

まあ、色々挫けたり夢失ったりすることなんて
生きていれば山ほどあるわけで。
それでもせっかく生きているのだから
生きてて良かったと思えるような楽しい事に出会いたい。
そんなことを思いながら色々トライしてみてます。
小さなことからコツコツと(笑)

自分の人生の終わりが来たなどと思うのは早いね
まだまだ人生の半分も生きてないのだから。



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-04-15 00:56 | 男なら
| ページトップ |