Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
街の記録 ~江別 その1~
d0140869_22244077.jpg

江別キツネ

実は今週末から道東へ鶴とか(w)撮影旅行しに行きます。ひとりで。
去年もこの時期に行ってきたので毎年恒例な感じになっておりますが、
旅立つ前に新機種での練習しなきゃと鳥撮りに江別来たのね。


d0140869_22312773.jpg

江別にはアオサギのコロニー(生殖地)があるんですわ。これが↑コロニー。
アオサギをずっと撮りたかったんで練習がてらに・・と思ったけど。。。いない(笑)
はよう立ち去れと言わんばかりに雪も降ってきたし、とりあえず鳥類練習は諦めて江別街撮りに変更☆

以上 撮影機材:FinePix S6000fd (300mm望遠)

ここから先はフイルムカメラNikonFM10での写真。

d0140869_22402462.jpg

サギコロニーの時くもり空から、青空に変わった。
江別は煉瓦で栄えた街で、昔からある建物の煙突はだいたいレンガで出来てます。
明治24年(1891)今から118年前に、輸送が便利な立地、煉瓦の原料となる「野幌粘土」が豊富などの理由で煉瓦製造が始まった。
老朽化で煉瓦作りの建物はどんどん減ってはいるけれど、江別の人達はレンガの建物を守ろうと動いてくれてます。
そのお陰もあって、江別のれんがは北海道遺産にも認定されました。
そして明治30年代、北海道炭鉱鉄道株式会社が野幌に煉瓦工場を作って生産を開始。
鉄道資材の生産も行なわれるようになった。SLは煙突から火の粉混じりの煙を吐いてガレージ入りするので、
火災防止のため江別煉瓦を使った機関車庫が作られたわけです。
みんなの大好きな鉄道(笑)は、江別との所縁も大いにあったのですね。



d0140869_2335014.jpg

中央銀座商店街。江別のアーケード
今年の元旦日の出撮る為にたまたまここを通って、そのノスタルジーな世界に一瞬酔いしれた(笑)



d0140869_2384744.jpg

昔ながらの商店がまだ少し残っています。





d0140869_2394499.jpg

がんばれ中央銀座商店街!





d0140869_23111620.jpg


1970年代のキティとパティ&ジミー。富士カラーがキャラクターで使ってたなんて。
富士カラーのフイルムで撮ってあげるからね(^ω^)



d0140869_23154632.jpg






d0140869_23244574.jpg

この趣のある家は、「やきもの」を通じて色々な角度から地域活性化を目指そうという
NPO法人やきもの21という集まりに活用されてるそうです。
右隣には北海道文化資源の旧岡田倉庫を利用した、アートスペース外輪船という施設があってイベントなどが開催されてるとか。
貴重な歴史的建築物を再利用して町興しをするというのは、小樽や函館だけじゃなく江別も頑張ってるんだね。



d0140869_23241294.jpg






d0140869_23301639.jpg






d0140869_23393116.jpg






d0140869_0373638.jpg

昭和5年、夕張本町から江別は1本の線路で繋がれていました。それが夕張鉄道です。
煉瓦を釜で焼くための燃料として使われていた石炭を輸送するためにも利用。
その名残が江別市内にも残されてました。夕張鉄道の腕木式信号機。
昭和39年に東野幌町にあった北海鋼機前駅で使用されていたもの。
腕木式信号機の下には、夕張鉄道線についての説明書きもちゃんと残されていて嬉しい限り。



d0140869_23451170.jpg

夕張鉄道は所有していた鉄道を廃止し、今はバスのみの事業をしている。
江別に夕鉄バスのターミナルがあるのは、その昔に夕張の人々が江別へお買い物しに来てた歴史的背景からなるのでした☆
たまに札幌駅周辺で夕鉄バス見かけるけど、いつもハッとする(笑)



d0140869_0391156.jpg

夕張と縁の深い江別。この街も好きになれそうです。




d0140869_0453490.jpg

江別の銘菓 煉化もち。明治34(1901)年創業という108年の歴史ここにあり!
北炭の野幌煉瓦工場を経営していた久保兵太郎が、江別のれんがをモチーフにした。
レンガの瓦は食べられぬが、『瓦』が化けて煉『化』になれば食べられるだろうという発想で。箱の絵がレトロで可愛い!
ん~こんな銘菓が江別にあるなんて全く知らなかった!江別行けばすぐ見つかるだろうと何も調べずに行ったら全然なくて、
江別駅横の交番に聞きにいったらおまーりさん不在(;´д`)、キヨスクでも冷凍で売ってたので、
キヨスクのおばさんに場所聞き出して本店に行って冷凍じゃない煉化もち買えた~
お店は12号線沿いに面してあって、レンガの建物なのですぐわかるよ。私はいつも通るのに全然気づかなかったけどw

煉化もち本舗
■住所 北海道江別市野幌町8-4
■電話  011-385-9689
■営業時間 9:00~18:00
■定休日 月曜日 ※月曜日が祝祭日は営業  
10個入り600円、20個入り1200円。



d0140869_13484.jpg

道内産もち米を100%使用、添加物一切使用しておらず、お餅は求肥のようなモチモチ感。
十勝産あずきのこしあんは甘さ控えめで、非常~~に素朴な味。甘い物が苦手な私でパクパクいけた(゚∀゚)
これね、1日で食べきっちゃわないと猫の素早さで固くなるの。
4個ほど残して朝見たっけ端っこが固くなってたんでレンジでチンしたら、めっちゃ美味くなった(笑)温めてもウンマイとは。
食べ切れなかったら、固くなる前に冷凍したら大丈夫みたい。

以上、江別でした。雪あると街撮りは難儀だね~江別またくるよ。4月にアオサギリベンジ(・゛ω"・)
[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2009-01-22 01:14 | 街の記録
<< 道東の旅4泊5日行ってきます! | ページトップ | 街の記録 ~札幌その2~ >>