Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
マンサードⅠ 撮影2010年9月26日
d0140869_043280.jpg

夕張市清水沢清栄町に、石炭を掘る鉱員の家族のために今から66年前に建造された炭鉱住宅が残されていた。
しかし先月10月1日惜しまれる声があがる中、解体されてしまいました。
炭鉱の歴史的建造物として非常に貴重な建物だったけれど、夕張にはこの建物を維持できる予算がないということで。。
非常に残念でしたが、解体される前にこの炭鉱住宅の内部を一般公開するということで
自分の写真展が夕張で開催されてる中、1時間だけ抜け出してきました。

この炭住、私が夕張を撮り始めだした2008年から毎年撮ってはいたんです。
6月初夏を迎えると、この『コ68』という炭住の屋根に藤の花が咲くの(藤の写真はこちら2008年)
それがとても好きで、通る度に咲くタイミングをいつも気にしてて。。
もうあの藤の花が咲くのが見れないんだな・・と思うと切なくなった。


d0140869_22403878.jpg

ここで暮らしていた人達の思い出、私がここで藤の花を毎年楽しみにしていた思い出・・
切ない気持ちでいっぱいだけど失うことは止められないから、色鮮やかにいつでも思い出せるよう記録しました。


d0140869_2305875.jpg

腰折型鉱夫住宅という名称は、北海道でよく見られる屋根の形状(マンサード型)を使ったことで名づけられ
マンサードにしたのは、夕張での豪雪を屋根の下段面を急勾配にすることにより落としやすくするため。
牧場の納屋とかにもよく見るよねマンサード。草原にポツンとあると可愛かったりする。
17世紀のフランスの建築家フランソワ・マンサールが考案した屋根だからマンサードというらしい。


d0140869_0483670.jpg






d0140869_23301512.jpg

この、止 二.〇とか、止一.二 って表記は何を意味するのかしら。ずっと気になってる。




d0140869_23223720.jpg

26年前。犬飼ってたんだね。




d0140869_23361336.jpg

今は作る人がもういない模様入りのガラスと、戸を蝶番でなく木でつっかえるのとか何か懐かしいよね。
ガラスも割れたらテープで留めるのが普通だった。まだ私が幼稚園にも上がらない頃、苫小牧で長屋に住んでた時があって
その時の記憶が残ってるんだよね。ドブに落ちた時に、お風呂ついてないからって台所の湯沸かし器で洗われたのとか(笑
かつおぶしの中にかつおぶし虫がウジャウジャいたとか・・どうでもいい思い出がとても鮮明なんだw
だから炭住とか見ると、やけに懐かしさを感じるのだと思うんです。


d0140869_23421231.jpg

今回取り壊しになったのは、こういった人が住まれてない炭住のみ。
現在も住居してるところは立ち退きもないというのをその場で聞いて、ちょっと安心・・・
ただ、市の財政再生計画に基づく市営住宅への集約で、いずれは立ち退かねばならない日がくるかもしれないという話もしてました


d0140869_045137.jpg





d0140869_054429.jpg

まだ住まれているところは補修などとても手入れが行き届いていて、
住民の方は、住めるうちは住んでいたい。と、炭住にとても愛着があるそうです。



d0140869_093774.jpg






d0140869_1232053.jpg

ここのお宅では今でも薪で火を起こし、石炭で暖を取っています。石炭は暖かさが違うんだって。
石炭を使う人は少なくなってしまったけれど、昔のものの良さを知ってる人はいまでも使用しつづけてるんだね。
おじいちゃんちに石炭ストーブあったけど、幼少すぎて石炭の暖かさ。。覚えてないなあ・・



d0140869_039325.jpg

三笠にある炭住なんかは、若い方の住居希望者が後を絶たないらしい。
東京の谷中にあるモルタル木造住宅なんかも、そういう歴史刻んだ建物に住みたいと今の世代の人達でいつも満室だとか。
夕張もいつかそういう形で、あるものを再利用して魅力ある街づくり出来たらいいのになあ~とか思ってみたりしてます。
夕張に住んでから思えって感じですが(笑)、やりたい仕事があればいつでも住みたいな。
現在、夕張駅の補修やバリー屋台の建設、炭住を改装して移住者募集するなどで活動されている
小樽のトベックスという建築会社さんが、そういうことでは先駆者になって素晴らしいお仕事されてますね。



d0140869_0503996.jpg

大活躍する日が来るのは、あともうちょっと




d0140869_103582.jpg

1棟1室だけ内部公開していた室内へ入ってみます

camera:Nikomat FT3
lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4
FILM:FUJICOLOR 400

マンサードⅡへ つづく。



[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-10-18 01:03 | 夕張
<< 萩原義弘写真展「SNOWY」 | ページトップ | 送電線を駆け抜けろ >>