Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
有限会社ふせ食品店
そういえば、あのお店どうなっただろう・・・

ふと思い出して、札幌市南区滝野へ車を走らせました。


d0140869_257540.jpg

あ!



d0140869_3274476.jpg

まだあった!!懐かしい~昔のままだよー。
20年くらい前、彼氏とその友達とで滝野へドライブしたり、林道走るのが週末の楽しみだった。
そんな時にいつもこの店の前を通っていて、夜な夜な遊びにくる若者がお菓子やジュース買いに寄ってたっけ。
当時はオロナミンCのホーロー看板などもぶら下がってて、十代の頃からレトロ物が好きだった私は
あれ欲しいなー!って思いながら、いつも見ていたものである。



d0140869_35983.jpg

オロナミンCの看板は、それから数年して消えていた。残念でならなかった。
あれからかなりの年月が経つけれど、その看板以外は健在なのが凄い!
滝野へは何度も来てたけれど、モアイ見たさで滝野霊園の中を通って行き来してたから店の前を通る機会無くなって。
今まで忘れていたけれど、思い出して良かった・・



d0140869_345595.jpg

ガタガタと木の戸を開けると、店内も昔のままで。
共進のピーナツせんべい(小樽長橋で作られてる)、プリッツ、大賞飴(夕張栗沢で作られてる)などを購入。
写真撮ってたねぇ~と、店のおばさんが話かけてきたので、20年前によくここに来ていたことなどを話してみたり。
おばちゃん「オロナミンCの看板はあったけど、どうしたんだろ~錆びたから外したのかもしれない。」
誰かに持っていかれたり、悪質なリサイクルショップが買い付けに来たのではなくて良かった。。
お店は40年くらい経営されてるそうな。札幌でこれだけ風情ある建物は文化財になってもいいくらいだよね。



d0140869_2593050.jpg

明治11年、ケブロン企画によりアメリカから製材機械を取り寄せ、明治12年水車的動力(82馬力水車元車)による運転、
伐木夫・製材夫・緒人夫等数百名による加工木材は、現在の時計台・豊平館・鉄道工事等に使用された。
当時この地に多くの商人が往来するようになった明治40年頃、柴原茂十郎さんが豆腐屋さんとして商売を始めました。
その後、厚別器械場教育所(小学校・現滝野自然学園)ができると開拓者も増加し、
日用雑貨・酒・タバコ・塩・米・切手類を販売、大正時代から昭和後期まで電報配達も行った。
昭和11年には昭和天皇が行幸、昭和23年に現在地に店を建て替え、現在に至る。
昭和26年、滝野に水力式発電機による電燈施設ができました。
昭和31年電話が開通し公衆電話の取次ぎも行っていた。
昭和23年頃、従来の器械場という地名が「滝野」に改称され、昭和35年頃定期バスが入るようになる。
この頃製材業が盛んになり、多くの人々が入植し、また観光アシリベツの滝・鱒見の滝は
開放され多くの観光客が来るようになりました。
店の社名も変え現在は「(有)ふせ食品」として従来と同じ物品を販売しています。
夏季は道路沿いにテントで新鮮な野菜などを販売しています。
芸森ネットコミュニケーションより


d0140869_3233442.jpg

場所 札幌市南区滝野7番地
電話 011-591-7930
定休日 年始(1月1日~3日)


時代はどんどん進んでいるけれど、ここだけはあの日のまま。
私の遠い記憶と思い出に、新しい思い出が重なってゆく。
また来よう。色んな時期に来よう。いつでも来れる。すごく近所だし!


camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-22 03:39 | 札幌
<< あゝ 岩見沢の夜は更けて 1 | ページトップ | 小樽へ ~張碓~ >>