Top

beniです。 フイルムカメラ(Nikon F3)で、北海道の昭和レトロな街を撮り歩いてます。twitterは@beni49、Facebookは本名でやってます
by beni
最新の記事
NEW YEAR 2014
at 2014-01-12 01:16
石巻慕情
at 2013-03-08 22:59
札幌クラブハイツ
at 2013-03-03 23:43
胆振夜景
at 2013-02-27 22:47
厳かなる夜に ~小樽雪あかり..
at 2013-02-11 21:27
タグ
(81)
(43)
(33)
(32)
(32)
(30)
(24)
(21)
(19)
(18)
(16)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
リンク
カテゴリ
全体
小樽
夕張
空知

カート

万字
街の記録
道東
男なら
*お花*

札幌
フイルム一本勝負
昨日の写真
写真展
鉄塔
大夕張
日記
石狩
LIVE
しあわせ
夜景
東北
鳥の詩
未分類
以前の記事
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
空知縦断の旅 vol.8 ~最終地・夕張~
空知の旅2泊3日の旅の最後を締めくくるのは夕張。
芦別でガタタンを堪能し、20時過ぎ石炭の歴史村ファミリーキャンプ場へ到着。
雨は止みそうもなくテント建てれる状態じゃないので、キャンプ駐車場にて車内泊。


d0140869_20522474.jpg

翌日。車内泊は慣れているので気持ちよく爆睡できました。
8時から天然温泉レースイの湯が開くので、のんびりと朝風呂入ったあとレストランおーやまで朝食。
10時に開店するもんだと思い込んで店に入ったら11時開店で(;´Д`)
でも、おーやまさん優しいので「いいよいいよ」とか言いながら10時から食べさせてくれました!・゚・(つД`)・゚・
夕張名産の長いもを使った、ハンバーグや長いもピラフが絶品です私はいつも長いもピラフ。食感がいい!

ご飯食べてから相方に夕張猫を見せたくて本町へ戻ると、


d0140869_2134390.jpg

猫が窓渡りの曲芸中! (小樽鉄路写真展2009 出展作品)




動画↑こんな場面滅多に見られない。
一昨年の2008年にも実はこの窓渡りに遭遇してて撮ったものを鉄路写真展で使ったんだけど→こちら
また撮れて、しかもまた鉄路展で出すとは思わなかった。
確か部屋は奥まで筒抜けなので、わざわざ危険な思いしてまで窓つたうことないのだけど・・夕張猫の謎。



d0140869_19581790.jpg

実はこの日は雨になるのを数日前から想定していたので、室内でも楽しめる場所をと思い
夕張石炭の歴史村に最終日行くことを決めてました。午後からは傘を差しながら園内散策。
この写真の炭鉱夫の方々、いい笑顔しててステキだよね。これはパネルになってて、頭には本物の電球がついてる。
(小樽鉄路写真展2009 出展作品)


d0140869_2130434.jpg

SL館の前に置いてあるトロッコ



d0140869_21302596.jpg





d0140869_21304153.jpg

(小樽鉄路写真展2009 出展作品)



d0140869_2213237.jpg

石炭博物館へ。夕張炭鉱の歴史ある写真や文章、使われた物などがいっぱい展示してあり
自分の知らない歴史を物凄く知れた。設置してある映像も全部見て、全て理解してから地下に行かないと
なんだかとても簡単に足を踏み入れちゃいけない気がして・・・
10年以上前にも、そして5年くらい前にもここに来たことはあった。けれど、私はその時若すぎて理解できず、
真っ暗なトンネルをキャーキャー言いながら歩いて楽しんで帰ってきただけだった。
でも今はその時の自分とは違った。感動と悲しみと、そしてありがたい気持ちでいっぱいになり
目からいっぱい涙が溢れている自分がいた。




立抗ゲージで地下へ!



d0140869_21485459.jpg

1人では怖くて行けなかった石炭博物館内で体感できるまっくら探検。ここはまだ明るい場所。
ヘルメットをかぶって、本物の史蹟夕張鉱トンネルを歩きます。物凄く湿気があって、途中から物凄く暗い。
メットについてる明かりだけが頼りで、トンネル内に書いてある説明もその灯りで照らして見るのね。
出口まではそこそこ距離もあって、暗闇の中を彷徨い歩いてると蝋人形もいっぱいあるんでドッキリする。


d0140869_22255111.jpg

この先写真は撮ってません。あとは行って体験してみてください。
実際使われていた抗道の中を見て触れるということは本当に凄いことで、貴重な体験出来ます。
ここも水とか出てきて管理していくのはとても大変らしいけれど、
こういう遺跡は皆の手でずっと残して、後世に伝えていくべき施設だと思うよね。


d0140869_2234032.jpg

3千円で色んな施設見れるぐるっとパスでは、「幸福の黄色いハンカチ」想い出ひろばにも入れます。



d0140869_2246352.jpg

(小樽鉄路写真展2009 出展作品)




d0140869_2246193.jpg

(小樽鉄路写真展2009 出展作品)




d0140869_22463132.jpg

もう少しゆっくりしたかったのだけど、石炭の歴史村だけで4時間以上滞在してしまい
ぐるっとパスの魅力を余す所なく使えず。今度は1日かけて歴史村にいたいと思います(笑

なんだか飛び飛びでお送りしましたが、2泊3日空知の旅はこれにて終了。
相方は空知方面あまり来たことなかったらしいけど、楽しかったのでまた来たいと言ってました。
魅力ある場所、空知を今年もよろしくお願いします。

撮影2009年8月28日
camera:Nikon FE2 lens :Nikon Ai Nikkor 28mm F3.5、Nikon Nikkor 50mm 1:1.4 FILM:FUJICOLOR 100


[PR]
Top▲ | by benyanco-ltd | 2010-01-06 22:52 | 空知
<< しずかに時ながれる場所 | ページトップ | お正月の過ごし方 >>